夏の結婚式は迷惑か、暑さ対策や安い以外の建前の重要性なども

この記事は約 7 分で読めますよ。

夏に結婚式を挙げたいと考えても、周囲の反対などがありなかなかうまくはいかないものです。
どうして夏の結婚式が反対されるのか、本当に夏の結婚式がダメなのかを見ていきましょう。



夏の結婚式って迷惑なの?

私自身は結婚式を挙げたことがありませんが、夏の結婚式に出席したことならありますね。
さすがに夏の結婚式に出席したのは1回だけですが、やっぱりちょっとつらかった記憶があります。

真夏、それこそ酷暑と言われることもある中、黒の礼服を着ていくのってやっぱり嫌なものですね。
当然ながら会場の方では冷房がきいていますが、今度は冷房で寒く感じるなんてこともありますし。

ある程度の人数が集まれば暑さの感じ方もそれぞれなので、暑さか寒さで不満が出てくるのは仕方ありません。
夏と言えば7月か8月が思い浮かぶものですが、8月に結婚式を挙げること自体がダメって言われることもあります。

この辺りはどちらかと言えばイメージの問題ですが、8月と言えばお盆がありますからね。
誰かが亡くなっての初盆ならともかく、そうでないなら別にいいんじゃないのと個人的には思うのですが、この辺りは信仰心とかそういう問題も絡んできますから難しいところです。

あとは、普通にお盆は休みの時期ですから「せっかくの貴重な休みに何をしてくれてるんだ」と思われる可能性は十分にあります。
お盆の結婚式はよくないと反対されるケースも、実質的には「休みたいから結婚式なんてやめろ」って意味なんじゃないかと疑っています、はい。

その辺りの本音はともかくとして、お盆は周囲からかなりの反対が出ると思われますから、夏ならできれば7月、もしくは9月上旬に日程を確保したいですね。
反対の声を気にしないなら別に8月でも、それこそお盆でも問題はないのですが、こればっかりは実際に話をしてみないと分かりませんから。

もし、夏の結婚式をかなり強めに反対されるようなら、とりあえずは考え直す方が無難だと思いますよ。

最低限の身内と本当の意味での親友だけを招くなら海外で結婚式を挙げるって選択肢もあるのですが、やっぱりなかなかこの選択肢は選びづらいですしね。

夏の結婚式って何か対策が必要?

とりあえず夏の挙式で話を進める場合、まずは上の段落でも書いたように暑さ対策が欠かせません。
結婚式場も色々とありますが、最寄り駅から離れているようなところは避けた方が無難ではありますね。

自動車で式場まで向かえるならともかく、最近は自家用車なしの家庭も珍しくはありませんから。
中には、バスでのアクセスも今ひとつな交通の便が悪い結婚式場もあるので、そういうところで式を挙げるのはきついです。

サービスなどの問題でどうしてもそういう交通の便が悪い式場に決めたいなら、必ず行き帰りの交通については手配しておく必要がありますね。
マイクロバスで送迎をしたり、タクシーを手配するなどして、厳しい暑さの中で招待客の皆さんを歩かせることのないように注意してください。

スポンサーリンク

いくら結婚式が素晴らしいものであっても、暑い中を歩いて会場に向かったらやっぱりそっちの悪い印象の方が残りやすいですしね。
基本的には、駅のすぐ近くにある結婚式場がよくて、ホテルで式を挙げられるところをまずチェックしたいところですよ。

結婚式を挙げられるほど規模の大きいホテルは立地条件の面で優れているところも多く、まずは駅近くのホテルから調べてみるといいと思います。
上の段落でも書いた暑さ寒さの問題については明確な対策はありませんので、その辺りは式場の方とあらかじめ話し合っておくしかありません。

夏の結婚式では冷房が何度くらいに設定されているのか、それを変更できるのかなどを尋ねた上で、あらかじめ伝えておく方が無難ではあります。
あと、ホテルでもガーデンウェディングができるところがありますが、これは夏場は避けた方がいいですよ。

単純に暑くて出席する側としてはお祝いの気分にはなかなかならないものですし、その後に冷房がきいているところに移動したら体調の方にも悪影響が出やすいですから(こちらの記事でも触れた典型的な夏バテの原因ですね)

どうしても夏場のガーデンウェディングがしたいなら、避暑地に行くしかないと思いますよ。

夏の結婚式は安いんでしょ?

こんなに色々と気を付けることがある夏の結婚式ですが、シンプルに安いのが魅力ですね。
やっぱり夏場の結婚式は嫌がられるものなので、ジューンブライドとか秋の時期に比べると安く結婚式を挙げられますよ。

経済的に厳しいけれど結婚式を挙げたい場合にはぜひとも狙いたい時期なのですが、安いとかその辺りのことは絶対に口にしてはいけません。
そういうのは式場のスタッフさん相手に言うならともかく、親戚とか知り合いの前では言ってはいけないワードですね。

安いって聞いた側は「安いからこんな暑い時期に呼ばれたんだ」って思いかねないので、できれば建前を何か用意した方がいいと思います。
個人的には安いから夏に結婚式を挙げるってありだと思うんですけど、やっぱり受け入れられにくいでしょうからね。

たとえば、2人の記念日が夏だからどうしても夏に式を挙げたかったとか、秋で30歳になるからその前に式を挙げたかったとか、何かしら理由を用意したいところです。
あと、しっかり理由を用意しても暑さなどの影響で不満を感じやすいのは確かなので、招待する皆さんに対しては低姿勢で接するくらいが無難かなと思いますね。



まとめ

夏場の結婚式は、出席する側からすればあんまり歓迎できないのは間違いないと思いますよ。
安いという大きなメリットがある一方で、制限や気を付けるべきことも増えてきますから、その辺りも考えた上で時期を決めたいですね。

この記事のポイント
  • 基本的に夏場の結婚式は嫌がられ、特にお盆は厳しい。
  • 夏場はできれば駅近くの結婚式の方がよく、冷房については事前に把握したい。
  • 夏場の結婚式は安いが、夏場に結婚式を挙げる理由は何か別に用意しておきたい。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする