蚊の対策で簡単なおすすめは、部屋や屋外で何に気を付ければ

この記事は約 7 分で読めますよ。

気温が高くなっていくと、段々と蚊の被害が出てきますよね。
かゆいだけでなく病気を持ってくることもある蚊は厄介な存在ですが、簡単に対策できないものでしょうか。



蚊の対策で簡単なものってある?

本格的に対策するなら、こちらの記事で紹介したような蚊帳や蚊取り線香などを使った対策がありますよ。

しかし、必ずしもこれらのアイテムがあるとは限らないので、今回は特別な道具なしでできる対策です。
効果に関しては、やっぱり本格的な対策グッズを使った方が安心ではあるのですけど、覚えておいて損はないテクニックもありますよ。

私は子供の頃から妙に蚊に刺されやすくて、小学生の時には十何箇所も刺されて発狂寸前だったこともありました。

何かのテレビ(昔懐かしい『特命リサーチ200X』だった気がしますが)で、血液型がO型だと蚊に刺されやすいなんて説が紹介されていましたけど、これって今ではあんまり信じられていないんですよね。
はっきりしたことは未だに分かっていないものの、血液型と蚊の刺されやすさに関係はないってのが現代の主流意見です。

じゃあどうしてO型の私が蚊に刺されまくったのかですが、すでにある程度の裏付けが取れている説の中で有力なのが「汗」ですね。
蚊は人間の汗に反応する傾向があるので、体質的に汗かきだとかなり蚊が寄ってきやすいのです。

そう言えば、私は昔から暑いと割と汗がダラダラ出る方なので、そういう意味ではかなり蚊に好かれていたのかもしれません。
ただ、夏に汗をかくなってのは無理な話なわけで、できることと言えばこまめに汗を拭き取るくらいです。

子供の頃は汗をかいても手で拭うくらいで放置していたところがありましたが、大人になってからはハンカチを使っているからか昔ほどは刺されてはいません。
他には、こちらで紹介した冷えピタを使ったテクニックで、暑さ対策をしておくのもいいですね。

あと、体質で言うなら体温が低めの場合より高めの方が蚊に好かれる傾向があるので、平熱が高くて汗っかきだとかなり危険なんですね。
ただ、平熱が低いと色々と病気の危険性が高まるので、ある意味でこの辺りはバランスが取れているのかもしれません。

スポンサーリンク

運動直後は当然ながら体温も上がり汗もかくので、夏場の運動時はできれば虫除けスプレーを持って歩きたいですね。

これは頑張って避けられるものではありませんから、河川敷のような蚊が多いのが分かりきっているところで運動する場合は、絶対に必要です。

蚊の対策でおすすめなのは?

汗とか体温は蚊を引き付けるポイントなのですが、何気に服装も重要なポイントなんですよね。
蚊は黒い服に反応するので、上下を黒で統一した状態で出歩くとかなりの確率で蚊が寄ってきます。

どうして蚊が黒に反応するかですが、蚊は視覚がそんなに発達していないので、モノクロに見えているんですよ。
蚊の世界には白と黒の2色しかなく、白と黒なら黒の方を好む傾向があるので、黒い服を着ていると蚊は積極的に近寄ってきます。

正確なところははっきりしていませんが、蚊は白系の明るい色を避ける傾向があるので、黒が好きなのではなくて明るい色が嫌いなだけかもしれません。
そんなわけですから、夏場の服装に黒を取り入れるのはあんまりよくなくて、できれば白系の明るい色を中心にコーディネートしたいですね。

黒色は夏場だと重たく感じられ、ファッション的にも活かすのが難しい色ですから、特に理由がない限りは避けた方が無難ではあります。
あえて黒色を取り入れるにしても、アクセサリーとか小物とかワンポイントで使用する感じがいいですね。

部屋での蚊の対策方法はある?

自宅でも使えるテクニックとしては、テレビを付けて蚊の気を逸らせるってのが有効です。
最初の段落で書いたように、体温が高いと蚊に狙われやすいのですが、実はこれって人間に限った話ではありません。

とりあえず温度が高いものの方に付いていく習性があるので、テレビとかパソコンのモニターに反応しやすいんですよ。
あくまで傾向なのでテレビとかパソコンを付けていれば刺されないってわけではなく、映像の方が明るければプラスとマイナスが打ち消し合うなんてことも十分にあり得ます。

ただ、私がいつも使っているパソコンのモニターの方に蚊が寄ってきたことは今までかなりあったので、一応は知っておいて損はありませんよ。
寝ている時の蚊は本当に迷惑なことこの上ないのですが、ここでは明かりを付けるのが有効ですね。

一気に明るくなると蚊はパニック状態に陥るので、壁に寄りかかって固まることが多いんです。
「当たらなければどうということはない」と避けまくる赤い彗星さんのようにはいかないので、しっかりと仕留めるチャンスです。

扇風機の風は蚊の人間を感知するセンサーを乱すなんて話も聞きましたが、これは個人的にはあまり効果がなかったですね。
パソコンの横には扇風機を置いているのですが、扇風機を使っていても割と平気で寄ってくる気がします。

もっとも、ちょっと小型なので威力が足りなかったのかもしれませんから、まずは実際に試してみてはどうでしょうか。



まとめ

根本的な対策ではないかもしれませんが、ちょっとした心がけ次第でだいぶ蚊に噛まれる確率は減らせます。
状況にもよりますけど余裕があるなら蚊の嫌がること、好むことをしっかりと意識してくださいね。

この記事のポイント
  • 汗、体温の高さは蚊に好かれやすい要因なので、汗はこまめに拭きたい。
  • 蚊は黒色に近づく傾向があるので、夏場のファッションは黒色を少なめにしたい。
  • 家の中ではテレビを付ける、寝ている時に明かりを付けるなどの対策がある。

おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする