サマージャンボとサマージャンボミニの違いや確率、どっちがいいのか

この記事は約 9 分で読めますよ。

サマージャンボ宝くじとサマージャンボミニの同時発売が当たり前になった現在、どちらを購入するかは悩むところですよね。
この2つにはどのような違いがあるのか、どちらを購入するのがいいかを詳しく見ていきましょう。



サマージャンボとサマージャンボミニの違いって?

サマージャンボ宝くじとサマージャンボミニ以外にサマージャンボプチもあるのですが、このサマージャンボプチはこちらで解説したのでチェックしてください。

さて、サマージャンボ宝くじとサマージャンボミニはどちらも1枚300円なので、金銭面での負担は同じですね。
もちろん、組と番号を当てるという仕組みも同じなので、違いは等級の種類(当選金額)と当選確率だけですよ。

ジャンボ宝くじの当選金額は割と変わりやすいので今後も同じとは限りませんが、2017年のサマージャンボ宝くじの各等級の当選金額はこんな感じでした。

サマージャンボ宝くじの当選金額
  • 1等 5億円
  • 1等の前後賞 1億円
  • 1等の組違い賞 10万円
  • 2等 1千万円
  • 3等 3,000円
  • 4等 300円
  • 夏祭り賞 5万円

1等と前後賞を合わせて7億円とまさに一発逆転の可能性がある一方で、2等が1千万円なのに3等は3,000円とガクッと下がるんですよね。
そして、サマージャンボミニについては当選金額と当選確率をすでに記事にしているのでぜひ確認してください。

当選金額だけを見ると「当たったら何に使おう」と考えてしまうものですけど、重要なのは当選確率です。

サマージャンボとサマージャンボミニの確率ってどんな感じ?

まずは、サマージャンボ宝くじの当選金額に当選確率を加えて改めて以下にまとめてみました。

サマージャンボ宝くじの当選金額と当選確率
  • 1等 5億円 1/1000万(0.00001%)
  • 1等の前後賞 1億円 2/1000万(0.00002%)
  • 1等の組違い賞 10万円 99/1000万(0.00099%)
  • 2等 1千万円 3/1000万(0.00003%)
  • 3等 3,000円 10万/1000万(1%)
  • 4等 300円 100万/1000万(10%)
  • 夏祭り賞 5万円 2000/1000万(0.02%)

サマージャンボ宝くじに限らず、ジャンボ宝くじの1等なんか理解できないレベルに確率は低いですが、1等の前後賞と2等もなかなか酷いですね。
1等の前後賞はまだ「惜しい!」ってことで分かるのですが、2等は確率が1等や1等の前後賞とほとんど変わらないので、確率から考えるならせめて5千万円は欲しい気がします。

スポンサーリンク

私がいくらここで言ったところでしょうがないのですが、続いてはサマージャンボミニですね。
上の段落のサマージャンボミニの記事でも確率は書いたので開いて見比べてもらってもいいのですが、比較記事なので改めて以下に載せておきます。

サマージャンボミニの当選金額と当選確率
  • 1等 1億円 5/1000万(0.00005%)
  • 2等 1千万円 30/1000万(0.0006%)
  • 3等 10万円 1000/1000万(0.01%)
  • 4等 5,000円 4万/1000万(0.4%)
  • 5等 300円 100万/1000万(10%)

上のサマージャンボ宝くじと比較してみると、1等の当選金額はだいぶ差が見られますよね。
やっぱり1等5億円の破壊力はなかなかすごいですが、サマージャンボミニは1等でも1億円です。

ただし、確率を比較するとサマージャンボ宝くじの1等よりサマージャンボミニの1等の方が5倍も当たりやすいんですよ。
これはあくまで言葉のマジックで、元々の確率があまりにも低いから5倍にしてもあまりにも低いというオチはありますが。

あと、私もこうして見比べて気づいたのですが、サマージャンボ宝くじの1等前後賞1億円と、サマージャンボミニの1等1億円って確率が違うんですね。

同じように、サマージャンボ宝くじの1千万円と、サマージャンボミニの1千万円も確率はだいぶ違います。
こちらは何とサマージャンボミニの方が10倍も確率が高いので、これは実際に購入する時にだいぶ決め手になる気がしますね。

サマージャンボとサマージャンボミニのどっちを狙うのがいい?

サマージャンボ宝くじとサマージャンボミニの当選金額、当選確率をチェックしたら、最後はどっちを購入するかです。
個人的にはサマージャンボ宝くじを購入しようかと思っていましたが、ちょっと決意が揺らいでいるところですね。

どうしてサマージャンボ宝くじかってのはシンプルで、1等前後賞7億円をもらいたいじゃないですか。
ビットコインにつぎ込んでさらに倍……なんて冗談はさておき、やっぱり大金が欲しいんですよね。

サマージャンボミニの1等も確率的には相当に酷いので、どうせ当たる確率が極めて低いんだったらそんなに確率は気にしなくていいかなと思っています。
ただ、こうして確率を比較してみると、1億円の当選確率と1千万円の当選確率からサマージャンボミニの方もいいかなと感じ始めているんですよね。

こんな風に運気系の記事を書かざるを得ないくらい、宝くじの高額当選が難しいのは分かっていますから。

今までにもみずほ銀行の方にだいぶお金を流してしまいましたし、1億円や1千万円狙いでサマージャンボミニって選択肢もいい気がします。
最終的にはサマージャンボ宝くじのコマーシャルが流れ始めてから考えようとは思っていますが、基本的には目標の金額を設定するのがいいと思いますよ。



7億円を当てられるのはサマージャンボ宝くじの方なので、サマージャンボ宝くじにしようみたいな感じですね。
5億円とか7億円とかそういうのは無理だと諦めているけど1億円はちょっと期待する、そんな場合はサマージャンボミニの方がいい気がします。

そう簡単に決められるものではないかもしれませんので、じっくり当選金額と当選確率を比較して決めてくださいね。
こちらではサマージャンボ宝くじの買い方、売り場に関する情報をまとめているので、ぜひ合わせてチェックしてください。

サマージャンボ宝くじの買い方は?

まとめ

サマージャンボとサマージャンボミニは仕組みが一緒でも、コンセプトはだいぶ異なっています。
確率的には極めて厳しい数字ですけど夢があるのはどちらも一緒なので、一攫千金を狙ってみるのも悪くはないと思いますよ。

この記事のポイント
  • サマージャンボ宝くじとサマージャンボミニは、当選金額と確率が違う。
  • 当選金額1億円や1千万円だと、サマージャンボミニの方が確率はほんの少し高い。
  • どれくらいのお金を欲しいかでサマージャンボ宝くじとサマージャンボミニを選びたい。

おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする