血圧を下げる食生活や食材、運動と注意したい点を体験談の形で

この記事は約 9 分で読めますよ。

血圧を病院で計ってもらったところ上が100、下が60しかありませんでした。
元々そんなに高い方ではなかったのですが、どうやってこの数値にしたのかを経験を元にして説明していきます。



血圧を下げる食生活って具体的には?

この血圧は体質にもよるので「これをすれば下がる」みたいな明確な正解はありませんが、私の場合は食生活がポイントかなと思いますね。
子供の頃からそうなのですが、私はあんまり濃い味付けが好きではなくて、調味料とかソースとかドレッシングが全体的に苦手でした。

普通にキャベツの千切りを何も付けずにそのまま食べていたのですが、それをやると「何やってんだこいつ」みたいな目で見られていたような記憶があります。
ただし例外もあって、私はスナック菓子とかアイスクリームとかそういうものは濃い味付けでも好きなんですよね。

こちらの記事でも書きましたが、数年前から太った原因の1つはおやつ類の食べ過ぎなので、最近はだいぶ減らしています。

ただし、太る心配とお金の心配がないなら毎日のようにハーゲンダッツや明治スーパーカップを食べたいと思っているくらいですから、将来的には気を付けないといけないでしょうね。
ちょっと話が逸れましたが、ここ最近はさらに薄味志向が強まっていて、刺身とかお寿司も(自宅なら)醤油を付けずに食べています。

「醤油を付けたら美味しい、醤油を付けないと食べられない」ものって、それは醤油が美味しいだけじゃないのかなってずっと疑問に思っていたんですね。
そんなわけで、最近は(消毒的な意味で)わさびを乗せるだけで、普通にそのまま刺身やお寿司を食べています。

お寿司屋さんではさすがにちょっとやりづらいですけど、これってそんなに悪い食べ方ではないと思うんですよね。
トンカツとか焼き肉も、普通に何も付けずに食べることが増えてきたので、こういう調味料やソースなんかを摂取していないことが血圧にいい影響を与えたんじゃないかなと思います。

血圧を下げる食材ってある?

この辺りの調味料は(血圧を下げるためではないのですが)割と意識していますけど、食材自体はあんまり意識はしていませんね。
強いて言うなら、こちらの白米のメリットとデメリットの記事でも書いたように白米を意識的に減らしているくらいでしょうか(これも血圧のためではないですが)

たまにはアイスクリームなんかも食べていますし、遠出する場合にはポカリスエットを欠かしませんから、この手の食品自体がダメってわけではないと思います。
普段から調味料やソースに気を付けるだけでも、割と改善されるんじゃないかなとは感じますが、これは割と難しいのかもしれません。

スポンサーリンク

私は子供の頃から(お菓子類とか清涼飲料水を除いて)割と薄味が好きだったので全く苦にならないですけど、調味料とかソースに慣れていると、やめようとしても禁断症状が出てくるなんてことがあるかもしれませんね。
ストレスの仕組みはこちらの記事で詳しく書きましたが、薄味でストレスが溜まってより血圧が上がるなんて悪循環も十分に可能性はありそうですし。

私の場合、習慣として朝食後にバナナを食べるってのがあって、これも血圧にはいいとされていますよ。

バナナに多く含まれているミネラルのカリウムは、体内の塩分を排出する働きがあって、これが血圧にいいとされる理由です。

ただし、カリウムには注意点もいくつかあって、こちらの父の日の記事でも触れたようにバナナはシュウ酸が多めなので、バナナを多く食べていると結石ができやすいんですよね。

私の場合は朝に1本だけと決めているからか、今のところは結石の症状はありませんが、とにかく多く食べればいいってものではありません。
あと、カリウムをサプリメントで摂取するのはあまりおすすめできず、その理由はこちらの飲む日焼け止めの記事でも書きました(カリウムといよりサプリメント自体の問題ですね)

さらに、腎臓が弱っているとカリウムがうまく排出できずに命にかかわるので、腎臓病とか糖尿病の患者さんはカリウムは控えないといけません。

血圧を下げるための運動って?

最後に食生活以外の生活習慣ですけど、何気に運動で体重を減らしたのもよかったのだと思います。
体重はピーク時と比べて20kg以上も落ちていますけど、未だに1日置きに30分程度は歩くようにしていますね。

冬は寒くてちょっとサボってしまうことがありますが、それでも最低でも週に2回はしっかり歩きました。
今は会社勤めもしていないので、こういうところで運動を心がけないとまた太りそうですしね。

太っていると、血液を全身に届けるためにより強い力が必要なので、血圧が上がりやすいわけです。
そういう意味では、太っているならいきなり調味料とかソースを抜くのではなくて、まずは食べる量を少し減らしつつ運動してダイエットする方が効果的かもしれませんね。

激しい運動はする必要はなくて、ウォーキングやジョギングのような有酸素運動を時間をかけてするだけでも十分に効果はあります。
運動と軽い食事制限でダイエットをするのが基本で、○○ダイエット的な特定のものしか食べない、飲まない的なやつは体に悪いだけですよ。

この辺りを意識すれば血圧には効果的だとは思いますが、血圧って未だに決定的な答えが出ていない分野なんですよね。
「減塩は効果がない」とか「血圧が高くても問題ない」とか、そういう専門家の意見もあるので、実践したら「もしかしたら効果が出るかもしれない」程度の期待感で試してみてください。


まとめ

私の生活習慣を真似したら血圧が下がるってわけではありませんが、薄味を意識したり運動を始めるのはおすすめですよ。
薄味に慣れないようなら、バナナのようにカリウムを多く含んでいる食材を取り入れるのもいいですね。

この記事のポイント
  • 調味料やソースをなるべく使わず薄味を意識するのがよかったのかもしれない。
  • バナナに含まれているカリウムは血圧を下げる働きがあるが、注意点もそれなりに多い。
  • 運動や軽い食事制限でダイエットするのも重要なポイント。

おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする