一人暮らしの孤独対策、ペットはありか、慣れるために必要なことは

この記事は約 9 分で読めますよ。

一人暮らしで孤独で寂しい、よくある話ですよね。
年齢を問わずに苦しいと感じるものですが、孤独な場合はどういう風に対策をするべきなのでしょうか。



一人暮らしの孤独対策って友達を作ることじゃ?

一人暮らしでつらいと感じるなら友達を作ればいい、そう言ってしまえば楽なのですが、今回はあえてこれはおすすめはしません。
何事にも原因と結果がありますが、一人暮らしで孤独を感じるというのはあくまで結果ですよね。

じゃあ、どうして孤独を感じるかですが、これは割と意見が分かれるところだと思います。
「そういうものだから」っていう答えもあるかと思いますが、個人的には「依存に慣れきっているから」じゃないかなと考えているんですね。

恋愛とかだと依存体質な女の子は小馬鹿にされたりしがちですけど、日本人は大抵が依存体質な気がします。
こちらの記事では専業主婦に対する警鐘(大げさ)的な内容を書きましたけど、依存体質だからこそ将来の夢が「お嫁さん」というのが一定数は存在するんじゃないでしょうか。

私は男ですけど、専業主夫としてお金を受け取って生きていくなんて絶対に耐えられないと思いますね。
じゃあ奥さんが働けなくなったらどうするんだって話で、ニート的な仕事をしない生活には憧れますが、自分自身の収入がない生活なんて絶対に無理です。

依存って言葉が正しいかはちょっと迷うのですが、日本では自分以外の誰かの方を優先したり、力を借りるような環境になりがちです。
お金の面はある程度は仕方がなくて、高校生や大学生がアルバイトだけで一人暮らしをするのって極めて難しいですからね。

私自身も仕送りをしてもらっていましたが、当時はそういう依存とか何も考えていませんでした。
お金に関してはとりあえず置いておくとしても他にも家事を任せっきりであったり、親に褒められるために勉強やスポーツをするとか、そういうのも依存だと個人的には思います。

家事に関しては確かに面倒ですし、私なんか今でも掃除とか苦手にしていますが、それでもそういうのを自分でやらないと依存体質がどんどん悪化するはずです。
そういう依存体質のまま一人暮らしを始めると、極めて高確率で孤独で寂しさを感じるわけですね。

だからこそ、一人暮らしで寂しく感じるなら依存体質をどうにかするのがいいと思います。

一人暮らしで孤独ならペットを飼うのは?

何で上の段落で友達を作ればいいってのをおすすめしなかったのか、それは対症療法だからですね。
(とりあえずこの記事内では)依存体質が寂しさの原因だと仮定しますが、それで友達を作って一緒の時間を過ごすのって、根本的な依存体質が何も解決していません。

だから、ちょっとしたきっかけて言い争いをして距離が遠ざかったら、また別の友達を作って依存するだけですよ。
友達を作るのがダメってわけではなくて、こちらの記事にもあるように本当の意味での孤独って問題です。

孤独でいることは喫煙や肥満と同じくらい体に悪い、的な相当に恐ろしい文章が見られます。
だからこそ、恋人であったり友人であったりと社会的な繋がりを持つのはいいのですが、依存体質が改善していない状態でそれをやっても意味はないと思うんですよね。

依存体質のままだと自分自身の成長にも繋がりませんし、とりあえず友達を作るのは先送りで大丈夫です。
知り合いは将来的な助けになることもあるので連絡もするなとかは言いませんけど、自分が会いたいから連絡するみたいな感じになっていないかは常に注意した方がいいですよ。

スポンサーリンク

大学生くらいだと難しいと思いますが、ペットを飼って癒やされるってのもやっぱり依存に繋がります。
誰とは言いませんけど、ペット中心の生活をしている芸能人なんかもいるらしいですし、あれってどうなのかなと思うんですよね。

ペットを飼うなら大事にするのは当たり前ですし、ワンちゃんなら散歩に連れて行く必要があるのも事実ですが、さらに自分の時間とかを犠牲にしてまで構うのは依存としか思えません。
結局、友達を作るにしてもペットを飼うにしても、依存体質をどうにかしてからでないと色々と問題が起きるだけだと思うんですよね。

依存体質をどうにかする方法ですが、これはシンプルで自分自身の優先度を上げる、これだけです。
最初の段落でも書いたように私たち日本人は依存の傾向が強いですが、自分自身を最優先にするのがいけない的な空気があります。

「ワガママは言うな」とか「恥をかかせないで」みたいな言葉って、典型的な抑圧の言葉ですよ。
もちろん、子供の頃の過剰なワガママがダメなのは間違いないと思いますが、一人暮らしするようになってもそれが続いているんじゃないかなって気がします。

集団生活だとやっぱりワガママなんか言える環境じゃないですから、どうしても自分自身の優先度が低いままなんですね。

一人暮らしの孤独に慣れるにはどうすれば?

どうやって自分自身の優先度を上げるかですが、徹底的に自分自身を褒める、これだけで十分です。
1日が終わって寝る前に、今日の行動内で自分自身を褒められると思ったことをリストアップしてください。

最低でも1個は何か思い浮かべたいですが、複数あるなら何個でもリストアップしちゃって大丈夫です。
そして、思い浮かべるのではなくて実際に口に出して「今日は料理に挑戦して偉かった」みたいに褒めてください。

周囲から褒められると、また褒めて欲しくて頑張るみたいになりがちですけど、これも残念ながら依存です。
こちらの記事ではアドラー心理学について取り上げましたが、アドラー心理学で褒めるのがダメとされているのはそういうことなんだと思います。

これだけだと誤解されるかもしれませんのでフォローをしておくと、アドラー心理学ではアイ・メッセージで感謝を伝えるのはいいこととされていますね。
世間では(悪意があるなしに関わらず)褒めてくる相手も多いですが、自分を褒めていいのは自分だけだと私は考えています。

ちょっと自己暗示的な面もありますが、毎日自分について褒めて自分の評価を高めていれば、割と孤独って楽になってくるものですよ。
うまくいかなくて精神的に不安定な時期もあったのですが、その辺りも落ち着いてきましたし、とにかく自分を褒めるのはおすすめです。

風邪で寝込んでいて本当に何も褒めるところがないって場合も、何かしら自分を褒めましょう。
無理やりでもいいので「風邪なのによく頑張った感動した!」みたいに、何か言葉にして自分を褒めてください。

「今日もありがとう」みたいに、自分自身に感謝の言葉を言うのもなかなかいいと思いますよ。
これを続けるだけでも1ヶ月後、2ヶ月後にだいぶ違ってきますから、毎日の終わりにはしっかり自分を労ってあげてください。



まとめ

孤独を感じるなら、小手先なことをせずにまずは自分自身の評価を変えてみるのがいいと思うんですよね。
そして、孤独に対してある程度の耐性ができてから、本当の意味での人付き合いが始まるわけです。

この記事のポイント
  • 一人暮らしで寂しいのは、依存体質が根本的な問題だと個人的には考えている。
  • 友達を作ったりペットを飼うのは依存体質をどうにかしてからでいい。
  • 1日の終わりに自分を褒めて、自分自身の評価を高めるのが重要。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする