宝くじは税金がかかるかかからないか、当選したら対策は必要なのか

この記事は約 8 分で読めますよ。

ジャンボ宝くじの当選を夢見て購入を続ける、これは私もやっている習慣ですね。
本当にジャンボ宝くじなどでとんでもない大金が入ってきた場合、果たして税金は払わなければいけないのでしょうか。



宝くじに税金ってかかるの?

この宝くじの税金については、こちらのサマージャンボプチにについて解説した記事でもすでに軽く触れています(消費税の話題ですが)

今回は改めて税金面にスポットを当てて取り上げてみますが、結論から書くと宝くじで税金を払う必要はありません。
上の記事でも触れましたが、宝くじって購入した時点ですでに税金を支払っている扱いなんですよね。

どの程度の信ぴょう性があるのかは分かりませんが、宝くじの売上は公共事業に回されている……らしいです、はい。
公文書が改竄されるような世の中ですし本当かどうかは知りませんが、とにかく税金は先に払っている扱いですよ。

それならどうして競馬の当選金に税金がかかるのかともかく、宝くじの当選金には一切税金はかからず、普通の宝くじであってもジャンボ宝くじであっても、ナンバーズもロト6もロト7も全て税金はかかりません。
サッカーくじのtotoやBIGも同様で、これらで何百万、何千万、何億ってお金が入ってきても税金を支払わなくていいんですよ。

会社から給与をもらっているなら、20万円以上の所得があると確定申告をしなければいけませんが、宝くじの当選金は所得には当たらないので確定申告はスルーしてOKってわけです(2つ以上のところから給与をもらってたり、他に20万円以上の所得があるなら話は別ですよ)

宝くじに税金がかからないなら好きなように使っていい?

宝くじでもらったお金に関しては直接的な税金はかかりませんが、当然ながら使い方によっては税金はかかってきます。
それこそ、チロルチョコを購入する場合でも消費税は支払うので当たり前の話ではありますが、宝くじの高額当選をするとどうしても高い買い物をしがちじゃないですか(私は高額当選の実績は皆無なのであれですが)

自動車とかマンションとかが代表的だと思いますが、安易にこういうのを購入するのはおすすめはしません。
自動車税とか固定資産税とかの負担が増えるので、安易にこれらを購入すると後々に困るわけですね。

スポンサーリンク

あくまで宝くじの当選金は一時的な収入なので、手取り年収が大きく上がるわけではないですから。
宝くじの高額当選者が不幸になるっていうのはこれらの税金面での負担を考えていないこと、手取り年収は変わっていないのに生活レベルを上げることが原因な気がします(高額当選していない人間のたわごとですが)

そんな感じで、とりあえずは生活レベルを上げたり税金面での負担が増える買い物をするのは避けた方がいいですが、宝くじのもう1つの落とし穴は贈与ですね。
お金をいっぱいあげたら税金がかかるのですけど、宝くじの高額当選のお金を家族など知り合いにあげるとやっぱり贈与税がかかります。

これはあげる方ではなくもらった方が払わなくてはいけない税金なので、本人がそのことを忘れてもらった1000万円を全て遊びに使ったら税金は払えないわけですね。
年間で110万円まではもらっても大丈夫1)基礎控除が110万円なので、110万円以内なら全額が控除されます。なのですが、それを超えると税金がかかります。

1000万円をもらった場合、基礎控除の110万円を差し引いた890万円が課税対象であり、贈与額600万円から1000万円までの税率が40%なので、何と890万円の4割の356万円が税金として持っていかれるわけですね。

家族であってもお金に関するトラブルは十分にあり得ますし、私としては家族にも隠しておく方を勧めたいです。
それが嫌なら、宝くじの当選金を受け取る時に1人占めするのではなく連名にしておくのがいいですよ。

グループで宝くじを購入した場合には連名で受け取れますが、連名の場合はそれぞれが当選金を受け取る形なので贈与税も発生しません。
実際に頼まれて購入したものじゃなくても、みずほ銀行だろうが税務署だろうが本当のところは分からないので、口裏を合わせれば連名という形で受け取れます。

みずほ銀行へは本人が受け取りに行く必要があるので、何らかの事情で誰かが行けない場合は委任状が必要です。
(別に悪いことをしているわけではないですけど)当選者が増えれば誰かが口を滑らせて高額当選の事実がバレる確率も高まるので、個人的には1人占めをおすすめしますが。

宝くじの税金がないなら当選した時に何をしておくべき?

1人で受け取るにせよ、何人かで受け取るにせよ、みずほ銀行では必ず当選証明書を発行してもらってください。
ないとは思いますが、もしみずほ銀行の方が何も言わないのなら必ず要求する必要があります。

私は税務署員ではないので実情は分かりませんが、銀行口座に振り込まれた段階でまず間違いなく目を付けられるはずですよ(もちろん、それだけでは何もないでしょうが)
現金で受け取った場合にどうなるかはちょっと不透明ですが、税務署は常に怪しいお金の流れを調査していますから、現金で受け取っていきなりマンションとか購入すると高確率で何かあると考えていいでしょう。

当選証明書は、宝くじの高額当選の事実を証明するもので、これがないとお金の出どころが証明できません。
そう言えば漫画の「怨み屋本舗」の中で、マンションを持っている理由が宝くじに当選したからだって警察に弁明する話がありましたけど、当選証明書があったから証明できたんでしたっけ(よく覚えていない)

ともかく、みずほ銀行でお金を受け取ったという事実が消えるわけではない2)本人確認があります。ので、調べてもらえば宝くじが当選したって事実は分かるはずですが、無駄なトラブルを避けるためにも当選証明書は必ずもらって帰ってくださいね。


まとめ

宝くじ自体の税金については心配しなくても大丈夫ですが、お金に関するトラブルが皆無ってわけではありません。
この辺りの困難を乗り切らないと、本当の意味でのお金持ちにはなれないってことかもしれませんね。

この記事のポイント
  • 宝くじの当選金自体には税金はかからない。
  • 高い買い物による税金、お金をあげた時に受け取った側が払う税金は存在する。
  • トラブルを避けるためにも当選証明書は必ずもらって帰る必要がある。

おすすめ記事(広告含む)

注釈   [ + ]

1. 基礎控除が110万円なので、110万円以内なら全額が控除されます。
2. 本人確認があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする