pcの熱対策は冷やすのか逃がすのか、お手軽にできる方法は

この記事は約 8 分で読めますよ。

インターネットは圧倒的にスマホからの利用が多くなりましたが、まだまだパソコンの出番も多いですよね。
夏場などにパソコンが熱くなる場合、一体どのように対処をするのが正解なのでしょうか。



pcの熱対策ってどうすれば?

スマホが熱くなるのがよくないってのは何となくイメージできると思いますが、パソコンも熱には弱いんですよね。
もっとも、少々の熱でどうにかなるほど弱くはありませんが、毎日のように使うならやっぱり影響は出てきます。

(特にノートパソコンでその傾向がある気がしますが)暑くない時期でもパソコンはかなりの熱を持つので、暑い時期は相当に危険です。
暑さ対策がパソコンを長く使うためのポイントですが、色々と暑さ対策のグッズは存在します。

貼り付けるタイプの冷却パッドとか、パソコンを冷やすためのファン辺りが定番グッズですね。
しかし、まずはグッズでどうにかするのではなく、パソコンを置いてある部屋をどうにかするのが先決ですよ。

働かせているとパソコンが熱くなるのは仕方がないことですが、そこに部屋の暑さも加わるともう大変です。
私たち人間も体調を崩すように、パソコンだって暑さが続けば体調の方に悪影響が出てきます。

だから、デスクトップにせよノートにせよ、パソコンはエアコンでしっかり温度調節した部屋で使うのが理想なんですね。
極端な話、細かい暑さ対策なんてしなくても涼しい部屋で使い続けていれば割と頑張ってくれます。

こちらの記事でも書いたようにエアコンの付けっぱなしは電気代的にはそこまで負担がかかりませんが、それでもエアコンを付けっぱなしにするって何か不安もありますよね。

私の場合は夜にパソコンを立ち上げて記事を作成しているので、夏はエアコンと合わせて使っています。
昼間はエアコンなしで頑張っている分、夜6時くらいから明け方にかけては基本的にはエアコンを付けていますね。

1日ずっとパソコンと向かい合う必要があるなら、それこそエアコンの付けっぱなしも視野に入ってきますが、基本エアコンが働いている空間でパソコンも働かせてあげるのがいいですよ。

pcに熱があるなら冷やすのがいいんじゃ?

さて、残るは部屋の温度以外での対策ですが、上の段落でも少し出てきたパソコンを冷やすためのグッズって今ひとつ信頼性に欠けるところがあるんですよね。
かなり前のものではありますが、GIGAZINEさんでノートパソコン用の冷却台についての記事があるので、そちらから引用してみましょう。

CPUはアイドル状態で45度が44度に、CPU全力使用状態で90度が87度に。GPUはアイドル状態で55度が54度に、GPU全力使用状態で60度が58度に下がるという結果になっています。

要するに、1度~3度ぐらいは下げる効果があるようですので、効果としてはアルミ製冷却台「すのこタン。」より少し上というレベルっぽいです。

引用元:http://gigazine.net/news/20090828_xwing/

細かいグラフ入りの解説はリンク先を見ていただきたいと思いますが、劇的な効果は見られなかったって感じですね。
2009年の記事ではありますけど、当時でうまく冷やせないのであれば、パソコンの内部までしっかりと冷やす仕組みを作るのは難しいんじゃないかなってのが個人的な意見です。

スポンサーリンク

この手の冷却グッズを購入するなら、素直に過ごしやすい部屋でパソコンを使えるような状態に持っていく方が遥かに有意義な気はします。
冷却グッズはそれなりの値段がしますので、そこまでお金を出す価値があるとは個人的には思えないんですよね。

逆効果になることは恐らくないとは思いますが、無理に冷却グッズで対策をしない方がいい気はします。

pcの熱を逃がすってどういうこと?

個人的におすすめで私も実践しているのが、ノートパソコンを浮かせた状態にするやり方ですね。
ノートパソコンを浮かせることと熱さ対策に何の関係があるのかって思うかもしれませんが、空気の流れは何気に重要ですよ。

特にノートパソコンは熱がこもりやすいので空気中に熱を逃がすのがいいのですが、ノートパソコンを普通に置くと下が塞がっているのでそちらからの放熱ができないんですよね。

キーボードの下側がノートパソコンの本体部分なので、ここで発生している熱を逃がしにくい状態はやっぱり問題です。
だから、下手に冷やすためのグッズを購入するくらいなら、ノートパソコンを浮かせるためのグッズを購入する方がいいと思いますよ。

「冷却スタンド」みたいな名前で発売されているので、これを使って浮かせて使うのがおすすめです。
一応、わざわざ何か購入しなくても工夫次第で浮かせることはできますけど、ただ浮かせればいいってものではないですからね。

私はノートパソコンにキーボード、マウス、モニターを接続して使っているので関係ないのですが、ノートパソコンのキーボードとか手で触れるタイプのマウスパッド(タッチパッド)とかを使うなら滑らないようにしないといけません。
この辺りのバランスが悪いと間違いなく使い勝手も悪くイライラしますし、基本的には専用のスタンドを購入するのがいいですよ。

中にはファンがついたスタンドもありますけど、これは上の段落で書いたようにそこまで効果が見込めない気がするので、普通に浮かせるだけで大丈夫です。

熱い空気を逃がすための通り道を作るのも重要なポイントですが、最優先はやっぱり部屋の温度ですかね。



まとめ

エアコンと合わせて使用する、ノートパソコンなら浮かせて使う、この2つを意識するだけでもだいぶ違いますよ。
パソコンが熱くなっているので不安、そう感じるならこの記事を参考にして熱さ対策をしてくださいね。

この記事のポイント
  • まずはエアコンを付けて部屋を冷やすことが重要。
  • 直接的に冷やすタイプの冷却グッズはあまり当てにならない。
  • ノートパソコンなら、浮かせるだけでもだいぶ違う。

おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする