エアコンの除湿と冷房の違い、どっちを選ぶか、使い分けの基準は

この記事は約 8 分で読めますよ。

梅雨から夏にかけて大活躍するのがエアコンですが、エアコンには冷房機能と除湿機能が付いていますよね。
この冷房と除湿は何が違うのか分かりづらいですが、果たしてどちらを使うのがいいのでしょうか。



エアコンの除湿と冷房の違いって?

結論から書くと、エアコンの冷房機能も除湿機能も基本的な仕組みは同じなので、違いが分かりにくいのも当然です。
まず、冷房機能は部屋の空気を回収して、それを冷やして部屋の中に送り返すって仕組みですね。

部屋の空気を室外機の方に送るのですが、パイプの中で冷媒によって空気が冷やされて、この冷たくなった空気が部屋の中に戻ってきます。
設定された目標に到達するまで空気の循環を繰り返す、これが基本的な冷房機能の仕組みです。

次は除湿機能の仕組みですが、部屋の空気を回収して、それを冷やして部屋の中に送り返しているんですね。
すぐ上の文章と同じだなって気付かれたかもしれませんが、本当に他のことを書きようがないくらいに同じです。

湿気がある状態は空気中に水分が多く存在すると言い換えられるので、この空気中の水分をどうにかして追い出さないといけません。
追い出すためにどうするかと言えば、部屋の空気を一時的に外に追いやって、冷やします。
冷たいジュースを入れたコップに水滴は付き物ですけど、あの水滴は空気が冷やされてできるんですね。

気温が低いほど空気が持てる水分量は減り、逆に気温が高いほど空気が持てる水分量は増えます。
夏場は気温が高いので空気が確保できる水分量も多く、結果的にすごい湿気になるわけです。

この湿気をどうにかするなら、空気を冷やして持てる水分量を減らしてやるのが一番です。
部屋の中にいた空気が冷やされると今まで持てていた水分が持てなくなり、この水分が室外機から外に出ていくという仕組みですね。

改めてエアコンの冷房機能と除湿機能の違いに戻りますけど、やっていることはどちらも同じです。
違いは目標で、冷房機能は設定された温度に到達するまで頑張って空気を冷やしますし、除湿機能は設定された湿度に到達するまで空気を冷やします。

やってることは同じなので効果は重なっているところもありますが、温度を下げることを優先するのが冷房機能、湿度を下げることを優先するのが除湿機能って感じですね。

エアコンは冷房と除湿のどっちを使えば?

今回は大雑把に除湿機能について説明しましたが、実は除湿機能には以下の3つの種類があります。

除湿機能の種類
  • 弱冷房除湿
  • 再熱除湿
  • ハイブリッド除湿

基本的には上で書いたような仕組みですけど、水分を追いやったあとの空気をどうするかに違いがあるんですね。
再熱除湿とハイブリッド除湿は部屋の温度に近づけて送り返してくるので冷房効果がなく、逆に弱冷房除湿は冷えた空気を何もせずに送ってくるのでほぼ冷房機能のようなものです。

除湿機能しか使っていないのにすごく寒く感じる、こういう場合は弱冷房除湿が原因だと思いますよ(実質、冷房機能を使っているのと同じってわけですね)
これらの情報を踏まえた上で冷房機能と除湿機能のどちらを選べばいいかですが、基本は冷房機能だけでいいと思います。

冷房機能なら空気を冷やす過程で除湿もこなしてくれますし、夏場の暑い時期には冷房機能だけでOKですよ。
暑いけれども除湿で何とか乗り切りたい、そんな風に考えることがあるかもしれませんが、電気代はそんなに変わりませんしね(下の段落で説明しますが差は一応あります)

やっていることが似ている以上、電気代にも大きな差は付きませんから、電気代の面でも冷房機能でいい気がします。

エアコンの除湿と冷房の使い分けはどうすれば?

使い分けを考えるなら、まずエアコンの除湿機能が再熱除湿かハイブリッド除湿であることが前提条件ですね。
今は再熱除湿もハイブリッド除湿もないエアコンなんてまずないと思いますが、これらの除湿機能は室内を冷やしたくない場合に使える機能です。

スポンサーリンク

こちらの記事では冷房による冷えについて書きましたけど、エアコンのせいで冷えてつらいって感じるケースって多いですからね。

冷房機能でちょっと高めに温度設定していても冷えを感じるなら、再熱除湿やハイブリッド除湿で対処するのが基本ですよ。

あと、そこまで気温が高くないけれど妙にムシムシするって場合は、再熱除湿やハイブリッド除湿だけでも十分です。
梅雨明けから秋くらいまではずっと気温も高いので、除湿機能だけではちょっと厳しいところがありますけど、梅雨の時期など気温はさほどでもない場合は除湿機能だけでも効果は期待できますね。

むしろ、気温が高くないのに冷房機能を使うと冷えから逆に体調を崩す恐れもありますから、再熱除湿やハイブリッド除湿を頼りたいところです。
このような冷えを感じやすい場合や、気温自体はそんなに高くない場合は再熱除湿やハイブリッド除湿の力を借りるのがいいですね。

再熱除湿はエアコンの冷房機能、除湿機能の中で最も電気代がかかる1)冷やした空気を暖めてから部屋に戻すので。のが難点ではありますが。
電気代は厳密にはエアコンによって違いますけど弱冷房除湿が最も安く、冷房機能とハイブリッド除湿が真ん中、そして再熱除湿が最も高いって感じですね。

それでも、劇的に違うってほどではないですから、そこまで電気代を気にする必要はないと個人的には思います。



まとめ

そこまで劇的な差はありませんが、エアコンで寒く感じやすいなら冷房と除湿の違いは重要です。
差を知っておけば状況に応じた使い分けもできるので、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

この記事のポイント
  • 冷房機能も除湿機能も基本的な仕組みは同じ。
  • 気温が高い場合は冷房機能を使うのが基本。
  • 冷房機能で寒く感じる場合や気温が高くない場合は、再熱除湿やハイブリッド除湿で。
おすすめ記事(広告含む)

注釈   [ + ]

1. 冷やした空気を暖めてから部屋に戻すので。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする