傘で日傘の代用はできるか、違いや兼用のものについての情報

この記事は約 8 分で読めますよ。

できれば日傘で紫外線をカットしたいけれど、日傘じゃなく雨傘しかない、こんな状況では雨傘を使っていいものか悩むところですよね。
雨傘は紫外線をカットする効果があるのか、代用品として使えるのかを詳しく見ていきましょう。



傘で日傘の代用ってできるの?

結論から書くなら、雨傘の中には紫外線対策として一定の効果があるものもあれば、まるで期待できないものもあります。
最終的には雨傘によるとしか言いようがないのですが、中にはちゃんと紫外線をカットしてくれるものもあるんですよ。

普通の雨傘に紫外線カット効果なんてなさそうに感じられるかもしれませんが、基本的には紫外線のことを考えては作られてはいません。
それなのに一部の雨傘に紫外線カット効果があるのはどうしてか、これは色が持っている力のお陰ですね。

夏は黒い服を着ていると熱を吸収するとよく言いますけど、色って予想外の効果を色々と持っています。
集中力に作用する色とか不安にさせる色とかがありますが、紫外線に大きく関係している色は白と黒ですね。

白い雨傘はそんなに見かけない気もしますが、実は白は紫外線を反射する効果があるんですよ。
そして、熱を吸収して熱くなりやすいことで知られている黒ですが、実は黒は紫外線カットには欠かせません。

色の中で最も紫外線を吸収する効果が高いのが黒なので、黒い雨傘は紫外線を防ぐ上では有効な色です。
白や黒が目立っていますけど、他の色でもそれなりに紫外線対策としては使えるので、日傘を持っていないなら雨傘で代用するのもありなんですよ。

ただし、ビニール傘は色が何であれ紫外線対策としては使えず、コンビニとかドラッグストアで売られている透明なビニール傘は紫外線対策として見るならささない場合とほとんど変わりありません。
透明だと色による紫外線対策の効果もありませんから、日傘がない場合に安い透明なビニール傘を購入して使う、なんてのはダメなわけですね(色付きなビニール傘ならほんの少しはましですが、本当にほんの少しです)

日傘と傘の違いって何?

次は日傘と、ビニール傘を除いた雨傘との違いについてですが、違いとまとめると以下のような感じです。

日傘と雨傘の違い

素材
デザイン
目的(に伴う性能の差)

雨傘で使われている素材はナイロン、ビニール、ポリエステルなどのいかにもな人工的な素材が主ですね(それが悪いってことではありません)
それに対して日傘の素材は綿や絹などの天然素材も使われていますが、ポリエステルなど人工的な素材が使われるものも多くあります。

デザインは言わずもがなで、日傘は主に女性が使うものなのでデザイン性を重視しているものが多いですね。
男性向けの日傘もあるのですけど、やっぱり日傘全体の中では勢力的にマイナーな存在ですし。

雨傘がデザイン性を無視しているわけではないですけど、女性向けの日傘の方がより気を使っている傾向がありますね。
そして、最も重要なのは使用目的で、実は素材の違いって性能の決定的な差ではないんですよ。

もちろん、天然素材が人工的な素材かで細かいところは違っていますが、何を目的にしているかで最終的な違いが出てきます。
雨傘は雨、それに一定の強さの風を防いで体を守るためのもので、素材には撥水加工や防水加工が施されているわけです。

撥水と防水ついてはこちらの靴の記事でも出てきましたが、水を弾く(内側に通さない)ための加工ですね。

日傘の場合は紫外線をカットすることが最優先の目的なので素材にはUV対策が施されていて、そんなに頑丈ではありません。
雨傘とは違って雨風が強い状況での使用を想定しておらず、晴れの日に紫外線をカットすることを優先した作りです。

スポンサーリンク

この差が上の段落で書いたこととどう関係してくるかですが、実は撥水加工って紫外線カットの効果も兼ねているんですよね。
だから、特別にUV対策とかされていない雨傘でも、黒など色の濃いものなら日傘と同等、下手したら日傘より上の紫外線カット効果が得られます。

日傘の色や素材についての詳しい話は、こちらの記事でも触れているのでぜひ確認してください。

傘と日傘の兼用ってやっていいの?

じゃあ日傘の意味って何なのって感じるかもしれませんが、日傘は夏場に過ごしやすくするための傘ですね。
雨傘は一年中いつでも使う可能性があるので特に気温とかその辺りは意識されていませんが、主に夏場に使われている日傘は通気性がよく快適に過ごせます。

あと、雨傘は紫外線をカットする効果はかなり高いですが、内側の素材まで気を使っていないものも多いんですね。
紫外線は上から来るだけじゃなくて、地面に当たって跳ね返って人体まで届きますから、日傘はその辺りの照り返しの対策もされているのが普通です(その辺りの対策がされていない日傘もありますが)

内側が白色だと、地面から跳ね返ってきた紫外線が反射されるので、二重張りで内側に白色は使わないみたいな感じです。
あとは上の段落でも書いたように見た目的には日傘の方が気を使われているので、やっぱり基本は日傘でいいと思いますよ。

何らかの事情で日傘が使えないなら雨傘でもある程度は代用はできますが、通気性や見た目などの問題もありますし、本当にどうしようもない時だけにするのがいいですよ。
ただ、最近は雨傘だけど紫外線対策もされているもの(雨晴兼用傘)や、日傘だけど雨の時にも使えるもの(晴雨兼用傘)などもあってだいぶ境目が曖昧な状態なので、そこまで気にしなくてもいいかもしれませんね。



まとめ

雨傘でも紫外線対策に効果のあるものは多いので、日傘の代用として雨傘を使うのは十分に可能です。
ただ、日傘って雨傘より周囲からの視線を意識して使うものですから、その辺りをどう判断するかですね。

この記事のポイント
ビニール傘以外の、白や黒の雨傘は紫外線対策の効果もそれなりに高い。
雨傘の撥水加工自体に、紫外線カットの効果がある。
日傘は夏の晴れの日に使いやすいよう作られているので、使い分けに意味はある。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする