夏バテ解消に栄養ドリンクは効果ありか、飲み物でおすすめは

この記事は約 8 分で読めますよ。

栄養ドリンクって、よく分からないけど何となく元気がない時には効果がありそうなイメージがありますよね。
果たして、栄養ドリンクは夏バテで体力が低下しているような時に効果的な飲み物なのでしょうか。



夏バテ解消に栄養ドリンクはいいんじゃないの?

まず夏バテに関しては置いておくとして、そもそも栄養ドリンクに効果はあるのかって話です。
結論から書くなら、栄養ドリンクが疲労回復に効果的であるという客観的なデータってないんですよね。

タウリン1000mgのフレーズでお馴染みな某栄養ドリンクもありますが、タウリンの疲労回復効果は明確な根拠がありません。
こちらのダイヤモンド・オンラインの記事でも、タウリンには疲労回復効果がない的なことが書かれていますね。

カフェインの大量摂取で疲労をごまかしている、これが栄養ドリンクで効果が出たような気になる理由です。
危ない薬ではありませんが、カフェインの大量摂取で一時的に脳は覚醒しますから、まるで疲れがなくなるように感じられます。

栄養ドリンクで効果を実感したことがあるなら、これは効くという思い込み(プラシーボ効果)で次からも効果が感じられるなんてケースも多いはずです。
実際には特別に疲労回復効果が優れているってわけではないので、飲んだ翌日くらいには余計に疲れを感じるわけですね。

さて、その上で改めて夏バテについて見ていきますが、栄養ドリンクの疲労回復効果が期待できないように、特別に夏バテに効果があるなんてデータはありません。
むしろ、カフェインの摂取は夏バテの原因である自律神経を狂わせる可能性の方が遥かに高いんですよね。

夏バテの原因についてはこちらの記事でも書いたので、ぜひチェックして欲しいと思います。

夏バテには栄養ドリンクは効果がないってこと?

カフェインは、自律神経のうちストレスとか緊張に関わっている交感神経を刺激するんですよね。
だからこそ、眠気を解消する効果が見込めるのですが、多く摂取すると交感神経優位になりかねません。

リラックスに関わっている副交感神経の方も頑張ってもらわないといけないのに、交感神経が優位だと色々と悪影響が出るわけです。
このバランスが崩れて全身に悪影響が出るのが自律神経失調症ですが、夏バテは軽度の自律神経失調症みたいなものですね。

そういう意味では、普段から栄養ドリンクを多用するのは夏バテを予防するどころか逆に夏バテを引き起こしかねません。
ただでさえストレス社会だと交感神経優位になりやすいのに、夏場は冷たい食べ物や飲み物、エアコンなどで自律神経を乱す要素が多いですから。

すでに夏バテが起こっている時に飲んでも特に効果はないので、個人的には栄養ドリンクは飲まない方がいいと思いますよ。
栄養ドリンクとかエナジードリンクは飲み過ぎによる健康被害も海外などで出ていますし、飲むのは本当に寝てはいけない場合に限った方が無難です。

スポンサーリンク

じゃあ栄養ドリンクが頼りないなら何を飲めばいいかですが、その辺りはこちらの夏バテの予防に効果的な飲み物でも詳しく紹介しましたので、ぜひチェックしてくださいね。

夏バテ解消にいい飲み物ってないの?

この記事は栄養ドリンクに関する記事なので、効果が期待できないから飲まないようにで終わるのもどうかと思います。
そこで、あえて栄養ドリンクで夏バテ対策をするならというテーマで紹介していきましょう。

上の段落までではだいぶ栄養ドリンクをディスるに対して批判的でしたが、これは主にコマーシャルでよく見かけるような商品のことですね。
タウリン1000mgのやつなんかが代表的ですが、あれは薬ではなく医薬部外品として扱われています。

医薬部外品についてはこちらの記事でも詳しく書きましたが、薬と比べると効果が緩やかなんですね。

それに対して、栄養ドリンクで医薬品扱いのものもあり、これらは薬なので販売できるお店が限られています。
タウリン1000mgのあれは医薬部外品なので割と色々なお店でも購入できますが、リポビタンゴールドエースとかリポビタンゴールドXなんかは医薬品なので店頭ではあまり見かけません。

一応、医薬品に指定されているものの方が効果については厳しく審査されているので、ある程度は疲労回復にも期待が持てるはずです。
個人的に、夏バテの時にどれか選ぶとするならコマーシャルでもお馴染みの養命酒かなと思いますよ。

それって栄養ドリンクじゃないだろ的なツッコミが来そうな気もしますが、養命酒は栄養ドリンク扱いでいいんじゃないですかね(第二類医薬品です)
アルコールが入っているので昼間には使いづらいですが、自宅に帰ってきて寝るだけなら特に問題はありませんから。

医薬品の栄養ドリンクであっても、基本カフェインが多く含まれているのは変わらないので、それなら養命酒の方がいい気はしますよ。
私も、数年前に体調が優れなかった時期に試してみたことはありますが、お世辞にも美味しくはありません。

そういう意味では飲みやすい栄養ドリンクの方がいい気がしますが、体の末端の冷えは少し改善されたので、体を整えてくれる効果は期待できると思います(ただし、短期的には効果が出ないので、毎日じっくり飲む必要はありますね)
養命酒はちょっと……って感じるなら、上に書いたような医薬品のリポビタンシリーズとか、同じく医薬品でプラセンタを含んだプラセントップ液辺りを試してみるといいですね。



まとめ

基本、医薬部外品の栄養ドリンクは夏バテに関わらずあんまり飲まない方がいいと思います。
医薬品でもカフェインは多く含まれているのが普通ですから、ここぞって場面に使うようにしたいですね。

この記事のポイント
  • 栄養ドリンクは夏バテには効果が期待できない。
  • 多く含まれているカフェインにより、自律神経が乱れる可能性が高いのが難点。
  • 栄養ドリンクを飲むなら養命酒など、医薬品を選んだ方がいい。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする