夏の飲み物は常温がいいか、温度によるリスクとおすすめのもの

この記事は約 8 分で読めますよ。

最近は、常温の飲み物が人気を集めていますよね。
夏場でも常温の飲み物をよく見かけますが、冷たい飲み物と常温の飲み物ならどちらが体にいいのでしょうか。

夏の飲み物って常温がいいの?

どんな状況でも常温の方がいいとまでは言いませんけど、基本的には冷たい飲み物と常温の飲み物なら常温の方がいいんですよね。
こちらの夏バテの記事でも取り上げたように、体の冷えは夏バテを引き起こしかねません。

夏場の異常なほどに蒸し暑い時期はどうしても冷たいものを欲しくなるのですが、健康面のことを考えるなら常温の方がいいんですよ。
ただ、冷たい飲み物の方が優れている場面もあって、それは明らかに喉が渇いている時ですね。

上の文章だと冷たい飲み物にメリットはないように感じられるかもしれませんが、実はメリットは存在します。
冷たい水と常温の水で比較した場合、冷たい水の方が体によく浸透するので、本当に水分が必要な場合は冷たい飲み物が役立つわけですね。

ただ、いくら浸透しやすくても、体の冷えに繋がるという大きなデメリットはあるので、メリットよりもデメリットの方が目立つのです。
水分をすぐにでも浸透させたいような場面と言えば熱中症のような緊急時ですけど、この場合はすぐに救急車を呼んで指示をもらった方がいい気がします(本当に命に関わるので)

こちらでは夏場の運動について記事にしましたが、夏場に激しい運動をして喉が渇いたとかそんなケースは冷たい飲み物でも大丈夫ですかね。
運動直後も理想を言うなら常温の飲み物の方がいい気はしますけど、運動でかなり汗をかいているのに冷たいものは飲むなってのはなかなか酷ですから。

そんなわけで、冷たい飲み物も役立つ場面はあるのですが……場面自体はそんなに多くはないって感じです。

夏の飲み物って温度が高くても大丈夫?

私自身も、夏場に限らずなるべく冷たい飲み物は避けるようにしており、夏バテを起こさないことと関係はあるかなと思います。
ただ、常温の飲み物を夏場に飲むなら、注意したいのは温度による雑菌などのリスクですね。

冬なら安心ってわけではないのですけど、菌が繁殖しやすいのは気温が高い夏場の方です。
だから、常温は扱いを間違えると食中毒みたいな症状を起こすことがあり、これがデメリットですね。

何度からがアウトで何度ならセーフとかそういうことではなくて、夏場の場合は時間経過の方が重要です。
夏場にしては涼しくても、30度くらい気温があるなら雑菌の繁殖はかなり速いペースで進みますから、常温のペットボトルは特に注意しないといけません(冷えているペットボトルでも同じですが)

スポンサーリンク

こちらの「Doctors Me」の記事でもペットボトルの雑菌に関する問題が取り上げられているので、ぜひチェックしてください。

口を付けてから3時間が経過したものは処分した方がいいと書かれていますが、3時間が経過したから必ず食中毒の被害が出るってわけではありません。
いくら何でもそれくらいで絶対に食中毒になるようなら、もっと問題が多発しているはずですよ。

ただ、健康面でのリスクがあるのは間違いないので、わざわざ危険なものに近づく必要はないかなとは思います。
夏場にペットボトルを購入して飲む場合、口を付けて飲むならできれば1時間以内に飲み切って、無理なら捨てるってのも手ですね。

飲み切るのが無理っぽい場合は捨てることを前提にするか、もしくはコップに移し替えて飲むかです。

夏の飲み物でおすすめって何?

普通のペットボトルなら冷蔵庫で冷やしつつ欲しい時に取り出せばいいのですが、常温のペットボトルだとそういうわけにはいきませんよね。
冷やすのが嫌だから常温のペットボトルを購入しているのに、冷蔵庫で冷やすって本末転倒です。

ただ、冷やした方が安全面は確保されるので、常温のペットボトルを持て余している場合は冷蔵庫で冷やすのも手ではあります。
しかし、理想を言うなら常温のペットボトルは短期間で飲み切った方がよくて、冷蔵庫に入れるのは仕方がない場面だけにしたいですね。

コップに移し替えても長時間の放置はやめた方がよくて、たとえ口を付けていなくても夏場の暑さだと菌の繁殖が進みやすいからです。
あと、そのまま放置するとホコリが飲み物に入る恐れがあり、ラップするなどの対策も必要なのでやや面倒ですね。

ペットボトルからコップに移し替えて飲む場合も、できれば早めに飲む方がいいと思います。
最後に常温の飲み物でおすすめのものを紹介しますが、まずはシンプルイズベストな水ですね。

常温の飲み物って何となく飲み心地が悪いって感じることがありますけど、水ならその辺りの違和感はありませんから。
逆にあんまりおすすめはできないのが麦茶で、こちらの記事でも取り上げたように麦茶って傷みやすいんですよね。

ただでさえ傷みやすいのですから、冷やした麦茶を常温になるまで待ってから飲むってちょっと怖いかなって気がします(いくら足が早くてもすぐには影響は出ないはずですが)

麦茶は喉越しも重要なポイントなので、体が冷えるリスクはあっても冷たいものを飲みたいっていうのが個人的な意見ですね。

おすすめ記事

まとめ

常温の飲み物は体にはいい影響を与えるんですけど、保存の面ではちょっとリスクがあるんですよね。
基本はすぐに飲み切ることなので、コンビニなどで見かける常温のペットボトルは短時間で処理してしまうのがベストですよ。

この記事のポイント
  • 浸透しやすさでは負けているが、基本的に常温の飲み物の方が体にはいい。
  • 常温のペットボトルは雑菌の繁殖に注意したい。
  • おすすめな常温の飲み物は水、特に気を付けたいのは麦茶。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする