汗は拭くか拭かないかどっち、肌に対して悪いイメージは本当か

この記事は約 8 分で読めますよ。

汗は拭いた方がいいのか、拭かない方がいいのか、これは意外と難しい問題なんですよね。
普通に考えると拭いた方がいいような気がするかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょうか。

汗って拭くか拭かないか迷うんだけど?

汗を拭かないことによるデメリットとかそういうことはとりあえず置いておくとして、汗が気持ち悪いってのがつらいですよね。
夏場の暑い時期に汗を放置するなんてなかなかできませんが、実は汗を放置することに意味はあります。

こちらの記事でも触れましたけど、汗をかく理由は体温を下げる必要があると判断したからなんですよね。

正確には、汗をかいた時点で体温が下がるのではなく、汗が蒸発した時に熱が奪われるわけです。
汗をかいたからといってすぐに拭いたら汗は蒸発するところまでいかないので、熱が下がらないわけですね。

熱が下がらないなら体は新たに汗をかくように命令するので、その後も汗をかき続ける恐れもあります。
そういう意味では、ある程度は汗は放置した方がいいのですけど、問題はバランスですね。

汗を放置しすぎると今度は汗が蒸発して体温が下がり、寒気を感じたり風邪をひく恐れも出てきます。
冬場には特に汗による体温低下に注意したいですが、夏場だって汗をかいた状態でエアコンにあたると同様に体温が下がりすぎるなんてことも十分にあり得ますからね。

じゃあどうすればいいのかですが、基本は汗を拭き取る場所と拭き取らない場所を選ぶことですよ。
夏場に太陽の影響をもろに受けるのが顔ですけど、顔の汗を拭き取らないなんて現実的ではありませんからね。

変な目で見られるとかメイクが崩れるとかリスクだらけなので、顔の汗はなるべく拭き取る方がいいですよ。
あとは衛生的な問題がある脇の下も拭いた方がいいのですが、ただタオルで拭けばいいってものでもありません。

乾いているタオルで拭いたらそれで終わりなので、上で書いたように体温を下げる効果が見込めないんですよね。
濡れタオルなら冷たく感じられるだけでなくて、水分も肌に残るので蒸発により体温を下げる効果が見込めますよ。

顔ならメイクを崩さないように優しく押さえる程度にする必要がありますが、ぜひ試してみてくださいね。
意外かもしれませんが、みっともないように見えるおしぼりで顔を洗うのは汗対策としてはなかなか効果的なんです(やりたいかと言われるとやりたくないと答えますが)

顔とか脇の下とかその辺りはなるべく濡れタオルの力を借りたいですが、それ以外の部位は放置しておくといいでしょう。
あくまでこれは基本なので、あまりにも汗の量が多いなら拭き取るみたいに対応してください。

そもそも、汗の量が多いなら流れ落ちて肌で蒸発してくれませんから、放置しておく意味もないですしね。
さらに言うなら、そこまで汗が出るなら異常なほど暑いなどの理由が考えられますし、汗をどうこうするより水分と塩分を補給したり冷房がきいているところに行って休むなどした方がいいですよ。

汗を拭かないと肌によくないんじゃ?

汗なんか放置していたら肌に悪影響が出るんじゃないの、そう不安に感じるのも当然ですよね。
これも上の段落と似ていますが、あくまで適度であれば汗も肌に対していい影響があります。

スポンサーリンク

肌表面の皮脂膜は「天然の保湿クリーム」なんて呼び方もされますが、この皮脂膜は皮脂と汗によってできているんですね。
クリームの役割をしてくれる皮脂膜が減ると肌にダイレクトにダメージがいくので、肌荒れなどのトラブルに繋がりやすいんですよ。

そういう意味で汗は重要なのですが、汗の量が多すぎると拭き取る時に肌に負担がかかったり、水分が増えて肌がふやけて悪影響が出るといったケースが見られます。

汗の量が多いなら上の段落で書いたように冷えているところに行くなどの対処をした方がいいですが、さらに汗の質も重要なんですよね。
よくいい汗、悪い汗みたいな表現がされますけど、悪い汗だと肌への悪影響もありますし、汗のメリットもあまり得られません。

汗の中でも特に肌に悪いものがあるの?

いい汗、悪い汗とは何だという話ですが、まずはこちらの記事をチェックしていただきたいと思います。

この記事で書いたのは暑さに慣れるとはどういう意味かってことですが、これはそのままいい汗と悪い汗に繋がります。
暑熱順化と呼ばれている汗腺が活発に働いている状態だといい汗が、汗腺の働きが衰えている状態だと悪い汗が出てくるんですね。

悪い汗はベタつきがあって不快なだけでなく、いい汗と比べても炎症を起こしやすいというおまけ付きです。
さらに、悪い汗は蒸発しにくいっていう難点もあって、汗のメリットである体温低下の働きすら悪いというまさに踏んだり蹴ったりな状態ですね。

汗を拭くか拭かないかも重要なポイントですけど、それと同じくらいに汗の状態も重要ですよ。
ちょっと汗がベタベタしていると感じるなら体が暑さに慣れておらず、汗腺がうまく働いていないので、まずは上の記事を参考にしてそちらの対処をしてはどうでしょう。

汗をかかないと汗腺の働きは活発にならないので、濡れタオルで肌に刺激を与えないよう顔の汗を優しく拭き取りつつ、体が暑さに慣れるのを待ってくださいね。

いい汗をかいていても優しく拭き取るのは重要で、タオルでごしごしとやると肌が傷つくだけですから、濡れタオルは肌に負担をかけないように優しさを意識するといいですよ。


おすすめ記事

まとめ

汗は拭いた方がすっきりはしますけど、体温を下げるためには汗は放置するのがいいんですよね。
どちらもメリットとデメリットがある感じなので難しいですが、拭く場所と拭かない場所、それに拭き方を意識してくださいね。

この記事のポイント
  • 汗は顔や脇など拭いた方がいい場所と、そうでない場所がある。
  • 汗は肌に対していい影響もあるが、量が多いとデメリットが目立つ。
  • いい汗か悪い汗かも重要で、悪い汗だとメリットはなくデメリットだらけ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする