クレジットカードを初めて作る場合の審査での注意点と選び方

この記事は約 7 分で読めますよ。

社会人やアルバイトを始めた大学生が初めてのクレジットカードを持つ、これはよくある話ですね。
クレジットカードは便利ですが、便利だからこその落とし穴も多いので注意する必要があります。



クレジットカードを初めて作る際の審査

すでにクレジットカードを作ろうと審査を申し込んだのならちょっと遅いかもしれませんが、そうでないならまずは審査について知ることが重要です。
特に審査の仕組みと信用情報、信用情報機関の話を知らないと、後々に響いてくる場合もあります。

今は銀行以外にもジャックスなど信販系の会社、ヨドバシカメラのような家電量販店、それに百貨店、航空会社など多くの会社がクレジットカードを発行していますよね。
それぞれ審査については差があるのでこうすれば通るという明確な方法はありませんが、初めてのカードの場合に重要なのはマイナスポイントがないかです。

かなり給料がよい会社で働き始めたのでクレジットカードを簡単に入手できるかと思いきや、審査ではねられる例は多くあります。
もちろん、給料だとかどこに勤めているかも重要なのは間違いありませんが、信用情報にマイナスの情報があると高確率で審査ではねられるのです。

信用情報とは信用情報機関に掲載されている個人情報のことで、クレジットカードやローンを契約する際に必ずチェックされます。
すでにクレジットカードだったりローンを利用している人の場合、借り入れはどれくらいか、期日にきちんと支払いはしたのかといった情報が掲載されるわけです。

延滞が酷い場合や、自己破産などの借金を踏み倒す行為をした場合は事故情報が信用情報機関に登録され、この事故情報は一般的にはブラックリストと呼ばれています。
当然ながら、ブラックリスト入りしたらクレジットカードの契約はほぼ不可能ですが、そもそも契約前にブラックリスト入りするはずないと思う人もいるかもしれませんね。

クレジットカードを初めて作る際の注意点とは

スマートフォンは本体が高いので、携帯電話料金と合わせて分割払いするのが一般的ですが、この分割払いも信用情報に含まれるのです。
そのため、月々の携帯電話料金を延滞するとブラックリスト入りする場合があり、クレジットカードの契約が厳しくなります。

どのくらいの延滞でブラックリスト入りするかは利用者には分かりませんが、2ヶ月も延滞していたらかなり危険ですね。
また、アルバイトの人だと給料などブラックリスト以外が原因で審査ではねられる場合もありますが、この審査の失敗も問題です。

クレジットカードの審査を申し込んだ時点でその事実が信用情報に掲載されるので、審査に落ちて別のクレジットカードを申し込んでも、カード会社からすればすぐ分かるのです。
審査に落ちたのにすぐに別のクレジットカードの申し込みをすると、それだけお金に困っていると判断されてますます審査ではねられるわけです。

スポンサーリンク

落ちる前から複数のクレジットカードに申し込むのは大問題で、信用情報にどんどん傷がつくだけですね。
クレジットカードの申し込みの事実は、信用情報機関では6ヶ月で情報が消去されるものの、カード会社にはずっと残るわけです。

そのため、このクレジットカードを持ちたいという理想のものがあるなら、1回の審査で通るように自分自身の評価を高めるのが重要です。
もっとも、まだどこにも申し込んでおらず、携帯電話の件で問題がないなら信用情報はまっさらな状態とかんがえられるので、あまり身構える必要はありません。

安定した収入があって、申し込みの際に事実と異なることを書いたりしなければ審査は期待できます。
クレジットカードが発行されてから使いすぎない、リボ払いやキャッシングを安易に使わないなどの注意点もありますが、まずはクレジットカードを手に入れるという最初のハードルを通過しましょう。

クレジットカードを初めて作る際の選び方

1つ目のクレジットカードを作るのはそれほど難しくはありませんが、2つ目はかなりハードルが上がります。
適当に1つ目のクレジットカードを作ると、後々に困る場合があるので、なるべく吟味して選んだ方がよいですね。

選び方の基準ですが、まず国際ブランドは使いやすいVISAかMasterCardにするのが基本です。
VISAやMasterCardやJCBなどの国際ブランドは決済のシステムを手がけていて、実際にクレジットカードを発行している会社はそのシステムを利用している立場なんですね。

JCBのように自らがクレジットカードを発行している国際ブランドもありますが、VISAやMasterCardの場合は別の会社がクレジットカードを発行しています。
店によって使えないクレジットカードがありますが、国際ブランドに対応していないなら決済もできないわけです。

VISAやMasterCardは国内でクレジットカードに対応しているお店はまず間違いなく使えますし、海外でも多くの店で使えます。
海外だと特定の国際ブランドにしか対応していないお店も多いので絶対ではありませんが、とりあえずはVISAかMasterCardを選ぶのがよいですね。

具体的なクレジットカード会社選びですが、三井住友カードや三菱UFJニコスなどの銀行系、それにJCBカードは定番でありながらブランドの価値もあります。
JCBカードは国際ブランドがJCBなので少し使いづらいかなとも思いますが、国際ブランド自らが発行しているクレジットカードはプロパーカードと呼ばれブランド価値は最上級です。

ブランド価値があるクレジットカードは対応なども期待できますが、その辺りをあまり気にせず実用性を重視するならポイント還元率をチェックするのがよいですね。
特定の店舗でよく買い物をするなら、そのお店が発行しているクレジットカードも効果的です。

ブランド価値が高いクレジットカードは年会費が有料のものが多く、逆に信販系や家電量販店のような流通系のクレジットカードは年会費が無料なものが主流なので、この辺りも判断基準ですね。


まとめ

初めてのクレジットカード選びで重要なのは、多くの申し込みをして評価を下げない点です。
どのクレジットカードを狙うかをよく比較検討してから、申し込みをするのがよいでしょう。

おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする