コーヒーと和菓子の相性、よく合うものやお茶との組み合わせを検証

この記事は約 8 分で読めますよ。

コーヒーと和菓子の相性って、あんまりよくなさそうに感じますよね。
本当にコーヒーと和菓子の相性はよくないのか、実際に味わってみた感想を交えて解説していきます。

コーヒーと和菓子の相性っていいの?

まず、コーヒーと和菓子の相性はいいとされていて、ウォーカープラスさんの記事に詳しいところが書かれていますよ。

さらにAISSY株式会社味博士のサポートのもと、AGF煎「淡麗薄口珈琲」と「香醇濃口珈琲」の2種類の市販コーヒーを使用し味覚テストを行なった。使用した和菓子は「かしわ餅」「まんじゅう」「どら焼き」「ようかん」「かぶき打ち」「練り切り」の6種類。

結果は、すべての和菓子に関しての平均ポイントが「93.5Pt」となり、和菓子とコーヒーの相性は非常に高いということがわかった(85Pt以上が相性のいい組み合わせと分類されている)。ちなみに、白ワインと牛肉は69.9Pt、牛乳とご飯は73.0Pt。90Pt以上になったこの結果は、かなり相性がいいということが分かる。

引用元:https://news.walkerplus.com/article/78003/

ちゃんと20代から60代までの様々な年代にテストしてもらった結果、相性がいいというデータが導き出されているんですよね。
ワインと牛肉よりも相性がいいとされているようですが、ではここから私が実際に試してみた結果です。

上の記事で出てきたお菓子とはちょっとラインナップが違いますが、実際に和菓子とコーヒー(ブラック)を合わせた評価が以下の通りです。

個人的に感じたコーヒーと和菓子の相性
  • まんじゅう(こしあん) ○
  • どら焼き ◎
  • 羊羹 △
  • 煎餅 △
  • 金平糖 ○
  • かりんとう ◎
  • カステラ ○

当然ですが味覚はそれぞれ違うのでこれが絶対に正しいなんてとても言えませんが、個人的には羊羹と煎餅はコーヒーとの相性は今ひとつな気がしましたね。
羊羹は上の記事でもテストに使われていて、相性がいいという結果が出ているようですが、個人的には羊羹はお茶と合わせるのがいいかなって感じました。

煎餅も同じくコーヒーとは相性がよくない気がしましたけど、どら焼きとコーヒーは相性がいいですね。
これからどら焼きにはコーヒーを合わたいと思うくらい、コーヒーの苦味との相性がよかったですよ。

まんじゅうもコーヒーとの相性はかなりよくて、つぶあんや白あんでも恐らくいい感じに楽しめると思います。

コーヒーと和菓子で他に合うものって?

あとは金平糖とコーヒーの相性もかなりよかったですが、コーヒーに砂糖を入れて美味しく飲めるように甘いものとの相性はいいのかもしれませんね。
羊羹は……味ではなく食感の問題かもしれませんが、コーヒーと甘い和菓子は基本的に相性はいいと考えて大丈夫ですよ。

今回はブラックで試しましたが、ミルクや砂糖入りだとまた結果が少し変わってくるかもしれません。
何なら、金平糖を砂糖の代わりとしてコーヒーに入れて飲むって方法もいいと思いますよ(砂糖と比べて下に溜まりやすいのがあれですが)

まだ試していませんが、ほぼ砂糖でできている落雁(らくがん)はコーヒーとの相性もよさそうな気がします。
そして、個人的にコーヒーとの相性が特にいいと感じたのがかりんとうで、これはぜひおすすめしたいですね。

スポンサーリンク

コーヒーかりんとうなんて商品も発売されている……ことは最近になって知ったのですが、それくらい相性がいいってことなのだと思いますよ。

栄養素的な食べ合わせは残念ながらあまりよくなくて、コーヒに含まれているタンニンはかりんとうの鉄分の吸収を邪魔するんですよね。
鉄分補給の意味でかりんとうを食べるならタンニンが含まれているコーヒーや緑茶は避けた方がいいですが、味のことだけを考えるなら今回の組み合わせで最も気に入りました。

あとカステラとコーヒーもなかなか相性がいいので、こちらもぜひ試して欲しいと思います。

和菓子に合うのはやっぱりお茶なんじゃ?

さて、このように実際に行われたテスト、それに私が実際に試した結果を紹介していきましたが、お茶とコーヒーとを比較してどうかってところも気になりますよね。
いくらコーヒーと和菓子の相性がよくても、同じくらいお茶との相性がいいならお茶の方を選んじゃうと思います。

何だかんだで「和菓子と言えばお茶」という意識が日本人には刷り込まれているものですから、お茶との相性も見ていかないといけません。
引き続いて主観的な感想ですが、最初の段落で試してみた和菓子と合わせるならコーヒーがいいか、お茶がいいかをまとめたのが以下ですね。

コーヒーとお茶のどっちが合うか
  • まんじゅう(こしあん) お茶
  • どら焼き コーヒー
  • 羊羹 お茶
  • 煎餅 お茶
  • 金平糖 コーヒー
  • かりんとう コーヒー
  • カステラ コーヒー

この中で迷ったのがまんじゅうとカステラで、正直に言うと結果が逆転していてもおかしくはありませんでした。
かなりドローに近い結果ですが、それ以外については割とはっきりとお茶とコーヒーを選べましたね。

個人的にはどら焼きとかりんとうと金平糖はコーヒーの方が、羊羹と煎餅はお茶の方がいいと感じました。
これはあくまで私の味覚によるものなので、ぜひ実際にコーヒーとの相性を確かめて欲しいと思います。

1人で楽しむなら好きにして大丈夫ですが、お客様に和菓子を出すなら……いくら相性がいいとされていてもコーヒーはまずいですよね。
対等な立場ですでに和菓子とコーヒーを布教済みならともかく、そうでないならお茶と合わせましょう。

和菓子をお客様に出す時のやり方についてはこちらの記事で書いているので、ぜひ参考にしてくださいね。

さらに、和菓子は太りやすいのか、和菓子と洋菓子との比較などはこちらの記事でまとめていますよ。


おすすめ記事

まとめ

和菓子と言えばお茶ってイメージがありますが、コーヒーとの相性がいいお菓子もいくつもあるんですよ。
最初はちょっとためらうかもしれませんが、和菓子を購入してきたら試しにコーヒーと合わせてみてくださいね。

この記事のポイント
  • コーヒーと和菓子の相性はいいと、すでにデータが出ている。
  • かりんとうや金平糖などはコーヒーとよく合うと感じた。
  • どら焼きやかりんとうなど、お茶よりコーヒーの方がいいと感じる和菓子もあった。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする