ハロウィンジャンボの買い方で初めての初心者におすすめなのは

この記事は約 11 分で読めますよ。

ハロウィンジャンボ宝くじを購入したいけど初めてなので購入方法がよく分からない、これは困りますよね。

どのように購入するのか、買い方で注意したい点はあるのかなど詳しく解説していきます。

ハロウィンジャンボの買い方は初めてならどうすれば?

まず、ハロウィンジャンボ宝くじを購入する方法は、大きく分けて以下の2つがありますよ。

ハロウィンジャンボ宝くじの購入方法
  • 宝くじ売り場で購入
  • インターネットで購入

インターネットで購入といっても、宝くじを通販サイトで購入できるとかそういうことではありません。

宝くじの業務を一手に引き受けているみずほ銀行に限って、インターネットからの購入を受け付けているんですね。

誰でも利用できるわけではなく、みずほ銀行の「みずほダイレクト」か「宝くじラッキーライン」に申し込まないといけません。

インターネットから気軽に購入できるのは魅力ですが、事前の手続きがちょっと面倒ですね。

すでにみずほ銀行の口座を持っているなら、このインターネットからの購入を検討するのもいいと思いますよ。

個人的には宝くじ売り場での購入がおすすめで、宝くじ売り場って地方でも割とありますからね。

本当に近場に宝くじ売り場がないなら上で書いたみずほ銀行のサービスを利用する方が効率的ですが、近くに宝くじ売り場があるならそちらで購入するといいですよ。

どうやって購入するかですが、宝くじ売り場の窓口に行って店員さんに「宝くじの種類」と「枚数(何円分)」と「連番かバラ」を伝えるだけですね。

こちらの記事で紹介したナンバーズ3やナンバーズ4だとマークシートの形で記入するって形ですが、宝くじ1)正確に言うなら、普通くじと呼ばれる組と番号が印刷されたくじを購入する形のギャンブルのことです。はどれも店員さんに欲しいものを伝える形です。

宝くじの種類ですが、ハロウィンジャンボ宝くじ以外にハロウィンジャンボミニも発売されているので、ハロウィンジャンボミニを購入するならしっかりと「ミニ」を伝えましょう。

あと、宝くじ売り場ではハロウィンジャンボ宝くじ以外に全国共通で販売されている通常宝くじとか、エリア限定の宝くじなんてのも販売されています。

ハロウィンジャンボ宝くじと重なっているかは実際にその時期になってみないと分かりませんが、しっかりと購入したい宝くじを伝えてくださいね。

ハロウィンジャンボの買い方で初心者は何と言えば?

価格はハロウィンジャンボ宝くじもハロウィンジャンボミニも1枚300円で、1枚から購入可能です。

ただ、宝くじは10枚セットで購入するのが基本で、すでに袋詰めにされた10枚セットが宝くじ売り場では用意されているんですね。

1枚から購入はできますが、私は今までセット以外で購入したことはなく、1枚単位での購入を見かけたこともありません。

宝くじを購入するのが初めてなら、とりあえず10枚単位で購入するといいと覚えておくといいですよ。

最後に連番とバラですが、どちらを選ぶかによって袋詰めにされている10枚セットの中身が全く異なってきます。

連番は以下のような感じで、10枚の組は全て共通、番号の下1桁だけが違うって形ですね。

宝くじの連番のイメージ
  • 39組 187370
  • 39組 187371
  • 39組 187372
  • 39組 187373
  • 39組 187374
  • 39組 187375
  • 39組 187376
  • 39組 187377
  • 39組 187378
  • 39組 187379

バラは組、番号ともにバラバラの10枚の詰め合わせですが、下1桁は必ず0から9までの10種類が揃うようになっているんですね。

当選番号が下1桁の等級が宝くじには必ずあるので、10枚セットで購入すると連番でもバラでも必ず300円は当選するわけです。

ここまでの情報をまとめると、初めてハロウィンジャンボ宝くじを購入するなら、宝くじ売り場で「ハロウィンジャンボ宝くじを10枚バラで」みたいに伝えればOKですよ。

「ハロウィンジャンボミニの連番3,000円分」なんてのもありで、種類と枚数と買い方の3点を伝えてくださいね。

それ以外で特に店員さんと会話をする必要はないので、ぜひ宝くじ売り場に足を向けてみてはどうでしょう。

スポンサーリンク

ハロウィンジャンボの買い方でおすすめなのは?

宝くじの買い方でおすすめは何か、これは明確な答えがないだけになかなか難しい問題ですが、まずはこちらの記事でハロウィンジャンボ宝くじの当選確率と当選金額をチェックしてくださいね。

さらに、ハロウィンジャンボミニの確率、当選金額についてもこちらの記事でまとめているのでどうぞ。

ハロウィンジャンボ宝くじとハロウィンジャンボミニの比較記事もあるので、仕上げとしてぜひ読んでいただきたいと思います。

ハロウィンジャンボ宝くじとハロウィンジャンボミニのどちらを選ぶかですが、当選金額を重視してハロウィンジャンボ宝くじを購入するか、当選確率を重視してハロウィンジャンボミニを購入するかってところですね(ハロウィンジャンボミニも確率は極めて低いのですが)

金額については上にリンクを貼ったハロウィンジャンボミニの記事でも説明しましたが、個人的には9,000円(3セット)以内に抑えるのがいいと思いますよ。

1万円以内のような控えめな金額で高額当選を果たしている例が多いので、無理をしないという意味でも1セットから3セットの間で楽しむのがおすすめです。

バラと連番については上のハロウィンジャンボ宝くじとハロウィンジャンボミニの比較記事でも触れましたが、あえて別な意見も出してみたいと思います。

初めで宝くじを購入するなら、当選番号を確認する楽しみのためにバラの方を購入するのも悪くないですよ。

1等2等など上位の等級は番号じゃなくて組も一致していないとダメなので、連番は組が外れてたら「全滅だ……」ってすぐ分かっちゃうんですよ。

連番は1等だけでなく前後賞2)ジャンボ宝くじでは、1等の当選番号の前後の番号が前後賞に設定されることがあります。を狙えますが、まずはバラで運試ししてはどうでしょうか。



確率的に高額当選は厳しいのが実情ですが、運気みたいなものを重視するならこちらで書いた記事を参考にして購入日を選ぶのもいいと思いますよ。

さらに、こちらの記事ではハロウィンジャンボの実績が豊富な宝くじ売り場をまとめているので、ぜひ参考にしてください。

おすすめ記事

まとめ

宝くじの購入って分かりにくいかもしれませんが、やっていることはかなりシンプルなんですよね。

30秒程度もあれば支払いを終えて宝くじをもらえるので、ハロウィンジャンボ宝くじで宝くじデビューするのもいいと思いますよ。

この記事のポイント
  • 購入する宝くじ、枚数、連番かバラかを宝くじ売り場で伝えればいい。
  • 宝くじは10枚セットでの購入が基本、連番とバラは数字の並びが大きく違う。
  • 3セット以内の購入がおすすめで、連番よりバラの方が当選発表時に楽しめる。

注釈   [ + ]

1. 正確に言うなら、普通くじと呼ばれる組と番号が印刷されたくじを購入する形のギャンブルのことです。
2. ジャンボ宝くじでは、1等の当選番号の前後の番号が前後賞に設定されることがあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする