朝食のシリアルは良くないのか、デメリットやおすすめの商品について

この記事は約 10 分で読めますよ。

お手軽に食べられる朝食時の心強い味方がシリアル食品ですが、本当に朝食として優れているのかは気になるところですよね。

シリアル食品にデメリットはあるのか、一時期シリアル食品を食べていた私の主観を交えつつ解説していきます。

朝食にシリアルって良くないの?

まず、シリアル食品とくくるのが実は間違いで、個人的にはシリアル食品には2種類あると思っているんですよね。

シリアル食品の種類
  • オーガニックで体に優しいシリアル食品
  • お菓子に近いシリアル食品

シリアル食品は体にいいというイメージがあるかもしれませんけど、実は必ずしもそうではないんです。

スーパーとかドラッグストアで見かけるシリアル食品は大抵はお菓子に近くて、具体的にあるシリアル食品の栄養成分(1食分50g当たり)をチェックしてみましょう(具体的な名前は出すとまずそうなので、割愛します)

某シリアル食品(1食分)の栄養成分
  • エネルギー 220kcal
  • たんぱく質 3.9g
  • 脂質 7.7g
  • コレステロール 0mg
  • 炭水化物 36.1g
  • 糖質 31.6g
  • 食物繊維 4.5g
  • 食塩相当量 0.3g
  • カリウム 135mg
  • カルシウム 16mg
  • リン 83mg
  • 鉄 5.0mg
  • ビタミンA 257μg
  • ビタミンD 1.84μg
  • ビタミンB1 0.40mg
  • ナイアシン 4.4mg
  • ビタミンB6 0.44mg
  • ビタミンB12 0.80μg
  • 葉酸 80μg
  • パントテン酸 1.6mg

これは誰もが知っている日本の食品メーカーが発売している、フルーツ入りのシリアル食品の栄養成分ですね。

以前にこちらの記事で書いたように私は便秘で悩んでいた時期があるので、食物繊維が含まれているシリアル食品を朝食として食べていました。

上で成分を書いたシリアル食品も食べていたのですが、かなり甘いのでお菓子感覚で食べられるのはいいと当時は思っていました。

では、次にコンビニのローソンで売られている「ブランのホイップあんぱん」の栄養成分(1個当たり)を見てみましょう。

ブランのホイップあんぱん(1個)の栄養成分
  • 熱量 180kcal
  • たんぱく質 9.0g
  • 脂質 7.3g
  • 糖質 13.1g
  • 食物繊維 12.9g
  • ナトリウム 146mg

栄養素の内容はだいぶ違いますが、比較するとカリウムやカルシウムなど色々な栄養素を摂取できるのはシリアル食品のいいところですね。

一方で、糖質を見てみると上のシリアル食品の方が倍以上もあるので、あんぱんを2個食べてもまだ追いつきません。

何気に食物繊維の含有量もあんぱんの方が上なので、今にして思えばシリアル食品を朝食に食べるのはあんまりよくなかった気がします。

朝食にシリアルってどんなデメリットが?

栄養成分が全てではありませんし、シリアル食品に含まれている多くの栄養素のこともあるので一概に比較はできないのですが、シリアル食品はほぼお菓子だと考えていいと思いますよ。

別にほぼお菓子だからダメって言っているのではなくて、これはお菓子だって認識して食べるなら問題ありません。

何だかんだで甘くて食べやすいってそれだけで魅力ですし、個人的にもカロリーとかそのあたりの健康面を無視するなら毎日でも食べたいって思いますもの(甘いもの大好きなので)

ただ、健康にいいかと言われると非常に困るところで、お菓子を健康目的で食べることってあんまりありませんよね(たとえ健康にいい成分が含まれていても、あくまでおまけ感覚だと思います)

上の段落で紹介したシリアル食品だけでなく、よく見かけるシリアル食品はほぼお菓子だと考えてください。

主食ではなく、栄養素が色々と含まれているお菓子と思って食べるのがいいと思いますよ。

朝食のメインとして食べるならやっぱり気になるのは糖質の多さで、いくら食物繊維が多く含まれていてもちょっと厳しいかなって感じですね。

食物繊維と合わせれば血糖値の上昇は緩やかにはなりますが、毎日のように食べると太ったり血糖値が上がっていったりといったデメリットが出てもおかしくはありません。

同じ甘いものならお菓子に近いシリアル食品ではなく、こちらの記事で紹介したさつまいもを朝食に持ってくるやり方を試して欲しいと思います。

シリアルを朝食にするならおすすめは?

じゃあどうすればいいかですが、ここで最初の段落で出てきたオーガニックのシリアル食品をおすすめするってわけです。

オーガニックなら砂糖も食塩も加えられていなくて、自然な有機素材のみで作られていますよ。

スポンサーリンク

以前にコカ・コーラのゼロカロリーの記事でも書いたように、食品添加物が悪だみたいな意見には今ひとつ賛成はできませんけど、無駄に摂取する必要はないとも思っています。

これはあくまで私の意見ではありますが、食品添加物とかそのあたりを気にするならオーガニックのシリアル食品はおすすめですよ。

オーガニックのシリアル食品の難点は入手性で、実店舗で手に入れるのって割と難しいんですよね。

ただ、間違いなくオーガニックのシリアル食品が販売されているお店はあり、それは成城石井です。

最初の段落でお菓子系のシリアル食品を食べていたことを書きましたが、オーガニックのシリアル食品に切り替えたんですね。

たまたま成城石井で買い物をしていたら、オーガニックのシリアル食品が色々と販売されていたので、以降は買い溜めするようになりました。

最近は体重も落ちてきたこともあってシリアル食品にこだわっていませんが、一時期はよく食べていましたね。

特にバナナがメインのシリアル食品が好きだったのですが、成城石井の通販ラインナップでは見つかりませんでした(数年前の話ですからね)

成城石井自体がちょっと高めのスーパーなこともあって、オーガニックのシリアル食品は決して安くはありませんが、個人的には購入する価値はあると思っていますよ。

国産でオーガニックのシリアル食品もあるようですけど、成城石井で販売されていたオーガニックのシリアル食品は海外のやつでした。

海外の食べ物ってイメージがよくないかもしれませんが、オーガニックなら遺伝子組み換え作物も使われていませんし、個人的にはそこは気にしなくていいと思います。

味の方も自然な感じの甘みがあって、フルーツ入りのものは食べにくいってこともなく、むしろ好きな部類でしたよ。

成城石井の通販サイトでは簡単にオーガニックのシリアルが手に入りますし、こちらの国産のオーガニックシリアル食品を取り寄せるのも手ですね。

シリアル食品じゃなくて和食にするって方法もあるものの、こちらの記事で触れたように白米にもメリットとデメリットがあるので、オーガニックシリアル食品を調べるのと合わせてぜひチェックしてください。

おすすめ記事

まとめ

シリアル食品が体にいいのではなく、オーガニックのシリアル食品は体にいいってのがより正確なところです。

まだ試したことがないなら、通販なり成城石井に行くなりしてぜひオーガニックのシリアル食品を試してくださいね。

この記事のポイント
  • よく見かけるシリアル食品が体にいいというのは、あまり正しくない。
  • 市販のシリアル食品の多くはお菓子のようなもので、糖質の多さはデメリット。
  • 成城石井で販売されているような、オーガニックのシリアル食品はおすすめ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする