台風対策は一軒家には欠かせず、庭や車やカーポートも注意が必要

この記事は約 8 分で読めますよ。

夏から秋にかけて注意しないといけないのが、日本に甚大な被害をもたらす恐れがある台風です。

マンションでも台風は怖いものですが、一軒家に住んでいると台風が近づいてくるというニュースは非常に恐ろしく感じるものですよね。



台風の対策で家の中でできること

集合住宅でも物件によっては安全というわけではありませんが、一軒家は台風などの自然災害の際には悪影響を受けやすいので特に注意しなければいけません。

まず、台風が近づいてきた場合に家のどこから手をつけるかですが、まずは家の外にあるものを家の中に入れるのが重要ですね。

コントみたいな話に感じるかもしれませんが、物干し竿や植木鉢が風で飛ばされることもあるので、放置しておくのは危険です。

下手をしたら近くを歩いている通行人にそれらが当たるかもしれませんので、ベランダがある家は特に注意しておいた方がよいでしょう。

猛烈な台風の場合は風で思いもよらないものが飛ぶので、危険だなと少しでも感じたのなら、安全のために家の中に入れる方が無難ですね。

台風の時に頼りになるのが雨戸で、これがあるとないでは被害状況にも大きな差が生まれるのですが、実は最近は雨戸がない家も多いのです。

景観的にはあまりよくないと雨戸なしで一軒家を建てる場合もありますが、台風が来る場合は相当に危険ですね。

風の影響で窓が割れると極めて危険なので、雨戸がないならすぐに窓の補強をしましょう。

テープを貼ればだいぶ窓が補強されるものの、使うテープによっては剥がしにくかったり、粘着物の跡が残ります。

今は地震や台風による窓の破損を防ぐための防災用テープも販売されており、これは剥がしやすく跡も残りにくのが魅力です。

防犯フィルムは窓の全体的に貼りつけられるので台風対策としても有用ですが、防災用テープや防犯フィルムは台風が間近に迫ってからでは用意できないかもしれません。

そのような場合は多少は強度が落ちるものの剥がしやすい養生テープ、剥がしにくく跡が残りやすいものの強度面で優れている布ガムテープがオススメです。

テープで窓の補強をする場合は内側から米印のように、斜めと縦と横に貼って交差させるのが重要です。

強度の面では内側からテープやフィルムを貼るしかありませんが、雨が入ってこないようにサッシには新聞紙やタオルを詰めておく、仮に窓ガラスが割れた際に飛散を防いでくれるようカーテンを閉めるなども有効な対策です。

ご自身が窓の近くで寝ている、あるいは家族が窓の近くで寝ている、これは台風時は危険な状態なので、夜に台風が通過する見込みなら念のために別の場所で横になるのがよいでしょう。

台風対策は庭にも必要

庭付きの家の場合は庭の対策も必須で、まずは先のベランダの対策と同じで飛びそうなものを家や物置の中に片付けてください。

ご自身か家族の趣味がガーデニングならジョウロは必ずありますし、ガーデニングの趣味がなくても掃除のための箒やバケツなどが置かれていると思います。

もし、どうしても家や物置にスペースがなくて置けないようなら、軒下のように風の影響をほとんど受けないスペースに置くのが有効です。

スポンサーリンク

この時、バラバラに置いておくのではなくて、紐でくくっておけばより安全性が高まります。

すぐにでも片付けられるものならよいのですが、中には片付けられないものがある家も珍しくはありません。

庭木に関しては台風の雨風に耐えてくれることを祈るしかありませんが、剪定や枝すきをしておくことで対策はできます。

枝が多く茂っている庭木ほど風の影響を受けやすく折れやすいので、あらかじめ剪定や枝すきをしておくのが有効です。

花が咲いていたり実がついているようなら、台風が来る前にあらかじめ収穫しておくのもよいですね。

庭で注意したいのは排水溝で、こちらが詰まっていると水が溢れて地下室などが被害を受ける場合があります。

こちらの記事でまとめているように秋の台風は雨による被害が出やすいですが、夏の台風でも雨台風は多いので時期を問わず油断はできません。

土、落ち葉などが原因で排水溝が詰まるケースは多いので、台風が近づいてくるようなら必ずチェックしておきましょう。

台風対策の難しい車関係

ガレージのような雨風を防げる設備があるのならよいのですが、カーポートを設置して簡易的な駐車場にしている家も多いですよね。

カーポートは比較的簡単に設置できるのが魅力ですが、一方で台風の時には屋根材が飛んで行くリスクがあります。

多くのカーポートは風速38メートルくらいが限界なので、それ以上の風が吹くと危険なんです。

実のところ、カーポートの屋根材については飛ばないように対策するのが難しく、対処に困るポイントです。

カーポートは屋根材が飛ぶことで抵抗を減らし、本体ごと飛ばないように作られているのですね。

もちろん、屋根材が飛ぶのも問題なのですが、屋根材は飛ばされるものだと割り切ってネットで覆い、周囲に被害を出さないように工夫する方がいいですよ。

当然ながら車もそのままでは危険なので、屋内に停めるスペースがないなら立体駐車場に停めにいって守るのが効果的です。

実際、沖縄など台風が多い地域では車を避難させるのは定番の防災テクニックなので、台風が近づいてくるようならぜひ取り入れてくださいね。

こちらの記事でくわしく書きましたが、台風により頭痛が起こるなんてケースもあるので、ぜひ合わせてチェックして欲しいと思います。

まとめ

台風による雨風、特に風の脅威は相当なので、窓を中心に事前に対策しておかなければいけません。

この記事では避難しない前提で対策を書きましたが、近くに川があったり、斜面があって土砂崩れの恐れがあるようなら避難場所や道のりの情報を家族間で共有しておきたいところです。


この記事のポイント
・物干し竿や植木鉢など風で飛びそうなものは片付け、テープで窓を補強するのが重要。
・庭の片付け、庭木や排水溝のチェックも欠かせない。
・カーポートの被害はある程度は割り切り、車は立体駐車場など安全な場所に避難を。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする