ハロウィンジャンボの換金方法、いつからいつまでに持ち込めば

この記事は約 10 分で読めますよ。

ハロウィンジャンボ宝くじが当選した場合、どこで換金すればいいか気になりますよね。

当選した宝くじをどこに持ち込むのがいいのか、いつからいつまでなら換金できるのか、こちらを詳しく解説します。



ハロウィンジャンボの換金方法って?

ハロウィンジャンボ宝くじに限った話ではないのですが、宝くじに当選した場合の換金場所は以下の3つですね。

宝くじを換金してくれる場所
  • 宝くじ売り場
  • みずほ銀行
  • その他

もし、ハロウィンジャンボ宝くじが当選したら、まずは宝くじ売り場かみずほ銀行のどちらかに持ち込みます。

この2つの違いは換金に対応できる額で、宝くじ売り場は当選金額が一定以上の場合は受けつけてくれないんですよね。

5万円マークがある宝くじ売り場なら5万円以下、このマークがないなら1万円以下の当選金額を受け取れます。

一応、10万円マークなるものがある宝くじ売り場が存在するなんて話は聞いたことがあるのですけど、これは真偽不明ですね(かなり怪しいと思います)

ただ、5万円マークって宝くじ売り場にデカデカと貼り出されているわけではなく、申し訳程度なので見つけにくいんですよ。

インターネットの力を借りても、5万円マークがある宝くじ売り場の一覧は見つけられないので、宝くじ売り場の店員さんに「何円まで換金できます?」と尋ねるのが手っ取り早いですね。

もしくは、最初から宝くじ売り場ではなく、当選金額の制限がないみずほ銀行に持ち込むのもありですよ。

5万円以上が当選した場合、宝くじ売り場では対応してもらえないのでみずほ銀行に持ち込むしかありません(宝くじ売り場に持って行っても、対応できないと言われるだけです)

「全国の受託銀行の窓口」みたいなフレーズで換金場所を紹介している場合もあり、みずほ銀行以外でも換金できるようなイメージを受けますが、実際にはみずほ銀行だけ1)みずほ銀行の誕生時の合併などの関係で、みずほ銀行以外の銀行で宝くじの換金ができた時期がありました。と考えてOKです。

上で出てきたその他については最後の段落で紹介しますので、少しお待ちいただきたいと思います(そう引っ張るものではないのですけどね)

こちらの記事ではハロウィンジャンボ宝くじ、ハロウィンジャンボミニの当選金額についてまとめていますが、ハロウィンジャンボ宝くじなら3等以上、ハロウィンジャンボミニなら2等以上はみずほ銀行でないと換金できません(あくまで2017年の当選金額の場合ですが)

ジャンボ宝くじの話ではないのであれですけど、以前にナンバーズで5万円程度が当選した時はみずほ銀行に持ち込み、特に本人確認もなしにお金をもらえましたよ。

ただし、ハロウィンジャンボ宝くじで高額当選したなら本人確認が求められるので、運転免許証など写真付きの身分証明書を持っていきましょう(写真付きの身分証明書がないなら、公共料金の領収書など他の書類も合わせて求められます)

具体的には50万円以上で本人確認が求められるようになり、100万円以上ばら本人確認に加えて印鑑も必要です。

印鑑が求められる100万円以上の当選の場合はその場でお金をもらえるわけではなく、手続きがあるので実際にお金を受け取れるのは1週間以上も先なんですね。

まずないとは思いますが、ハロウィンジャンボ宝くじで期限が迫っている借金返済を狙い当選したのに、この手続き期間のせいで間に合わないなんてことがあるかもしれません。

そういうレアケースはさておき、すぐにお金をもらえるわけではないのは覚えておきたいですね。

一応、このような手続きが必要なケースでは現金でも受け取れますが、基本は振込2)みずほ銀行に限らず他行宛てでも大丈夫ですですよ。

どうしても現金で欲しいなら、みずほ銀行に宝くじを持ち込んだ時点で現金での受け取りを希望しましょう。

1000万円超えみたいな高額当選だと、銀行振込では税務署に目を付けられてお金の動きをチェックされる恐れは十分にありますので、現金でもらうメリットもないわけではないですね。

ただ、持ち運びの問題とか盗まれるんじゃないかみたいな不安に押しつぶされるとか考えられますから、基本は振込にしておいた方がいい気がします。

ハロウィンジャンボの換金はいつから?

ハロウィンジャンボ宝くじに当選したらいつから換金できるかですが、答えは抽選日から数日後ですね。

実際に2017年のハロウィンジャンボ宝くじを振り返ると、それぞれの日付はこんな感じでした。

2017年のハロウィンジャンボ宝くじの日程
  • 発売期間 2017年10月11日~2017年10月31日
  • 抽選日 2017年11月9日
  • 支払開始日 2017年11月14日

この支払開始日がいつになるかは、それぞれの宝くじによって違うので何とも言えないんですよね。

ただ、抽選日から数日以内(長くても1週間程度)で支払開始日がやって来るので、すぐに換金したいなら宝くじに記載されている支払期間をチェックしてください。

換金の期間は十分に長く取られているので、すぐに換金する必要がないなら焦らないでも大丈夫ですよ。

スポンサーリンク

この焦らなくても大丈夫というのは事実なんですけど、それでもあんまりにものんびりするのは問題があります。

それこそ天国から地獄に真っ逆さまなんて恐れもあるので、絶対に注意しなければいけません。

ハロウィンジャンボはいつまで換金できる?

どの宝くじにも支払期限が存在していて、決まっている支払期限をオーバーしたらその当選は無効になります。

ハロウィンジャンボ宝くじに限らず、宝くじの支払期限は支払開始日からちょうど1年なので、1年以内には換金しないといけません。

実際に「宝くじの換金忘れが全部で何億円」とか「期限が迫っているので換金して」的なニュースって、時々メディアに出るんですよね。

紛失したならどうしようもありませんけど、現物があるのに交換のし忘れでお金がもらえないなんてシャレにならないので、個人的には支払開始日から1ヶ月以内に交換しにいく方がいいと思いますよ。

時間が経てば経つほどに段々と面倒になってくるものですし、1ヶ月で交換しないとダメくらいの気持ちを持つのがおすすめです。



あと、最初の段落で紹介した換金場所のその他ですが、これはインターネットから宝くじを購入したケースですね。

以前にハロウィンジャンボ宝くじの買い方の記事でも紹介したように、みずほ銀行のサービスを利用すればインターネットから購入できますが、こちらのサービスを利用して当選した場合は自動で指定の口座に振り込まれます。

だから、その他と書きましたが、換金場所があるわけではなく勝手に処理してくれるってわけです。

こちらの記事でも触れたように、運気的なものを重視して宝くじ売り場を選ぶケースは多いのですが、換金忘れを防ぐ意味ではインターネットを通して購入するのもありですよ。

最後に、こちらの記事では(ジャンボ宝くじに限らず)宝くじを購入後の注意点について書いているので、宝くじの大当たり後に転落なんてことのないようぜひチェックしてもらいたいと思います。


まとめ

ハロウィンジャンボ宝くじの換金は少額なら宝くじ売り場、それ以外はみずほ銀行って感じですね。

支払期限が存在するので、高額当選した時ほど早めに換金することを心がけるのがポイントですよ。

この記事のポイント
  • ハロウィンジャンボ宝くじの換金場所は宝くじ売り場かみずほ銀行、違いは換金可能額。
  • ハロウィンジャンボ宝くじは、抽選日の数日以内に換金が可能になる。
  • ハロウィンジャンボ宝くじの支払期限は、支払開始日から1年。
おすすめ記事(広告含む)

注釈   [ + ]

1. みずほ銀行の誕生時の合併などの関係で、みずほ銀行以外の銀行で宝くじの換金ができた時期がありました。
2. みずほ銀行に限らず他行宛てでも大丈夫です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする