ヨモギの花粉症で草餅を食べるのは問題か、目鼻の症状の対策は

この記事は約 9 分で読めますよ。

ヨモギを使った草餅を食べたいけど、ヨモギの花粉症なので食べていいのか分からない、これは困りますよね。
すでにヨモギの花粉症を発症しているならヨモギを使った草餅を食べられないのか、詳しく解説します。



ヨモギの花粉症なのに草餅を口にするのはどうなの?

まず、当たり前の話ですけどヨモギの花粉症とはヨモギの花粉に過剰に反応する症状のことですね。
日本全国で見られる花粉症で、8月から10月にかけて花粉が飛びますが、問題はヨモギを使った草餅に花粉が入っているかです。

基本的に、草餅に関してはヨモギのアレルギーは出にくいとされていて、その理由はヨモギの葉っぱに花粉はまず付着していないからですね。
仮に花粉が付着していたとしても、ヨモギの葉っぱを洗うなどの過程で花粉は消えるのが普通です。

だから、ヨモギの花粉症に悩まされていても草餅を食べられるケースは多いのですが、それでも絶対ではありません。
草餅を口の中に入れるとかゆみなどが起こることもないとは断定できませんから、違和感があるようならすぐに食べるのを中止してくださいね。

できれば、かかりつけの先生にヨモギを使った草餅を食べてもいいか尋ねた方がいいですよ。
正確には、ヨモギを使った草餅に限らず、他に危険な食べ物はないかしっかりと説明してもらうことをおすすめします。

花粉症は花粉により目、鼻、それに喉などにアレルギー反応が起きる症状なのですけど、食事との関連性もあるんですよね。

ヨモギの花粉症で食べるのがダメなものってある?

もはや国民病ってくらいに患者数が多いのがスギ花粉が原因の花粉症、次いでヒノキ花粉の花粉症ですが、これらのアレルギーがあるとトマトを食べた時にアレルギー症状が出るケースがあります。
アレルギーの原因物質はアレルゲンと呼ばれますが、このアレルゲンと似ている成分を持っている食べ物を口に入れた時にアレルギーが出ることがあるんですよ。

この症状は口腔アレルギー症候群と呼ばれていて、花粉症の症状があるなら併発しやすいんですね。
花粉症以外のゴムアレルギーなどで口腔アレルギー症候群が引き起こされるケースもあるので、花粉症とものすごく関係性が深いかと言われると少し困るところなのですが。

さて、ヨモギの花粉症を持っている場合も口腔アレルギー症候群が引き起こされる可能性はあり、以下のような食材で反応を起こすことがあります。

ヨモギ花粉と関係の深い口腔アレルギー症候群の原因
  • セロリ
  • パセリ
  • 人参
  • レタス
  • キウイ
  • トマト
  • ピーナッツ
  • マンゴー

他にも原因の食材はあるのですが、何気にヨモギの花粉は口腔アレルギー症候群を引き起こす食べ物が多いんですよね。
スギ花粉やヒノキ花粉なら口腔アレルギー症候群を併発する確率ってそう高くはないのですけど、こちらの耳鼻咽喉科さんによるとヨモギの花粉の場合は確率が高いとのことです。

身近な食材も多いですが、もしヨモギの花粉症を抱えていて食事中に口の中に違和感があるなら、無理に食べてはいけませんよ。
口のかゆみなどが主な症状ですけど、アナフィラキシーショックという命に関わる症状が出る可能性もゼロではありませんので。

だからこそ、ヨモギの花粉症を抱えているならヨモギの草餅を含めて、かかりつけの先生に避けた方がいい食べ物がないか詳しく聞くのが重要なのです。
草餅の話に戻しますが、上の段落で書いたようにヨモギの草餅はそこまで危険性が高いというわけではありません。

それでも、ちょっと不安に感じるところがあるなら他の草を使って草餅を作るというのも手ですよ。
残念ながら市販の草餅はほぼヨモギが使われているので、ヨモギ以外を使うなら自作するのが近道です。

スポンサーリンク

ヨモギの代用品として最も使われているのは鍋の具材としておなじみの春菊で、クックパッドにはレシピも色々とありますよ。

Cpicon 草餅(春菊) by アイリスオーヤマ

草餅にこだわりがあるなら、春菊とあんこを使って草餅を自作してみるのもいいと思います。

ヨモギの花粉症の症状や対策って?

食べ物にも気を付けたいのですが、やっぱり日常的な目のかゆみや鼻水などの症状の方がきつく感じますよね。
こちらではブタクサによる花粉症について取り上げましたが、ヨモギ花粉はブタクサ花粉ではなくスギ花粉やヒノキ花粉に似た症状が出ます。

ヨモギもブタクサも同じキク科の植物なのですけど、ブタクサは花粉が小さいことから体の奥に入りやすく咳の症状が出るケースも多いんですね(ブタクサは喘息草とも呼ばれています)
一方で、ヨモギはスギ花粉やヒノキ花粉と似ていて、目のかゆみや鼻水、くしゃみなどが主な症状です。

8月の花粉だとマスクをして出歩くってのは現実的ではないですが、少し涼しくなっているならマスクをうまく使いたいですね。
あと、目に関してはこちらのJINSが販売しているような花粉対策メガネもあるので、メガネをかけているなら試してみるのも手ですよ。

こちらの記事でも書いたように花粉症は薬で症状を抑える対症療法が基本で、眠気が少ない薬をなるべく選びたいところです。
主にスギ花粉を対象としていますが、花粉症の薬に関する記事は色々と書いてきましたので、ぜひ合わせてチェックしてくださいね。

花粉症の薬ってどう選べば?



まとめ

草餅の香りとあんこの組み合わせっていいものですけど、ヨモギの花粉症だと手を出しにくく感じるものです。
他にも口腔アレルギー症候群など食べ物の注意点は色々とあるので、このあたりはかかりつけの先生と相談してくださいね。

この記事のポイント
  • 草餅はヨモギの花粉症があっても食べられる可能性は高いが、絶対ではない。
  • 草餅以外にも食べるとアレルギーが出る食材があるので、違和感があれば無理はしない。
  • ヨモギ花粉のアレルギーは、スギ花粉やヒノキ花粉と同じく目鼻に症状が出る。

おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする