ハロウィンコスプレは半袖でいいか、寒さ対策やインナーについても

この記事は約 10 分で読めますよ。

ハロウィンと言えばコスプレ、仮装ですけど、半袖でも大丈夫かは気になるところですよね。

半袖では当日につらいと感じるのか、どのように寒さ対策をすればいいのかなどくわしく解説します。



ハロウィンコスプレで半袖ってどうなの?

その年の気候とか、どこでコスプレをするとか、そういう条件によって左右されるので断定はできませんが、ハロウィンのコスプレで半袖はかなり無謀なんですよね。

ハロウィンは10月末に行われる1)本来のハロウィンは、10月31日に行われます。イベントですが、10月末はかなり寒くなっているのが普通です。

特に夕方以降はかなり冷えますが、分かりやすく10月31日の東京の気温をチェックしてみましょう。

最高気温は20度を超えている年も割と見られますが、最低気温は10度から12度くらいが多いですね。

もちろん、最低気温は普通は深夜に記録するものなのでイベント中にこのくらい寒くなるわけではないですが、それでも油断はできない寒さですよ。

仮に暖かめで15度くらいはあったとしても、半袖ではかなり厳しいことが分かると思います。

ハロウィンのコスプレは割と露出が多めなものもよく見られ、男性だと上半身はほぼ裸みたいなものもありますね。

特にコスプレや仮装の種類に制限がない場合、どんなコスプレをしようと(公序良俗に違反しない限りは)自由なのですけど、やっぱり肌の露出が多いものはおすすめはしません。

翌日に風邪をひくなんてことも十分にありえますし、コスプレや仮装で半袖のものを選ぶのはなるべく避けたいですね。

ハロウィンコスプレの寒さ対策って何を用意すれば?

長袖の衣装なら大丈夫ってものでもなくて、長袖であっても内側に着るものによってはやっぱり寒く感じます。

どういう風に寒さ対策をするかがポイントなのですが、頼りになるのは使い捨てカイロですね。

使い捨てカイロは肌に貼りつけてはいけないので、下に何を着ているかによって貼れる場所が変わってきます。

必ず貼れるとは限りませんが、以下のような場所にカイロを貼ると寒さ対策として期待が持てますよ。

使い捨てカイロを貼りたい場所
  • お腹(へその下あたり)
  • 太もも

お腹……というより腸を温めるのは寒さ対策としては定番で、丹田(たんでん)と呼ばれる気が集まるとされている場所はカイロで温めたいポイントです。

丹田とか気は、こちらの記事で書いたような東洋医学的な考えなので今ひとつ受けいれづらいものがあるかもしれませんが、腸を温めると考えてぜひ試してくださいね。

丹田はへそから指4本分くらい下にあるとされていますが、腸を温めるなら大体でも大丈夫です。

一応、妊婦さんはここをカイロで温めない方がいいとされているので、そこは注意してくださいね。

次は腰ですが、ここはへそのほぼ裏側にあるツボ、命門(めいもん)にカイロを貼るくらいのイメージです。

正確には、両腕をだらんとぶら下げた場合の、両肘のちょうど真ん中あたりにある背骨の上の場所ですね。

さらに、命門から指2本分くらいの両隣には腎兪(じんゆ)というツボもあり、カイロを横向きに貼ればこれらをまとめて刺激できるのがいいところですよ。

体を温める効果も期待できますし、さらに気力とか生命力にも関わっているツボなので、ぜひとも押さえておきたい場所です。

あと、上に書いたように素肌に当ててはいけないという都合上、カイロを貼れる場所は限られていますけど、もし貼れるようなら太ももを押さえておきたいですね。

かなり範囲が広いですけど、その中でも大きな血管が通っている太ももの付け根にカイロを貼るのがおすすめです。

スポンサーリンク

こちらの記事ではカイロを貼ると効果的な場所についてくわしく書いたので、ぜひ合わせてチェックしてほしいと思います。

ハロウィンコスプレ向きのインナーって?

あとは衣装選びも重要で、寒さを感じやすいならマントのように羽織れるものがあるといいですね。

ハロウィンとドラキュラって直接的な関係はないはずですけど定番ですし、ドラキュラは自然にマントを着用できるので寒さ対策としていい感じなコスプレですよ。

こちらの記事では定番のハロウィンコスプレについて書きましたが、この記事で取りあげた中だと魔女もマントを着用できるのでおすすめです。

そして、コスプレ衣装だけでなくインナーの方で寒さ対策をするのもポイントで、ヒートテックを始めとして暖かいインナーは色々ありますから用意するといいですよ。

個人的にはヒートテックよりも、グンゼの手がけているホットマジックの方が暖かいと感じました(あくまで比較したらの話なので、ヒートテックがダメってわけではないです)

ホットマジックは男性用、女性用ともにラインナップが豊富なのもいいところで、上の段落で書いたカイロを貼る場所に合わせて選ぶのがいいですよ。

ただ、ホットマジックもヒートテックも思いっきり化学繊維を使っているので、肌触りで不満を感じるかもしれません。

天然素材オンリーではありませんが、天然素材をメインにしているベルメゾンのホットコットという選択肢もありますよ。

昔はヒートテック一択みたいな感じがありましたけど、今は色々と選択肢があるので素材をチェックした上で購入してはどうでしょうか。

ハロウィン限定じゃなくて秋から冬にかけてずっと頼りになるので、持っていて損はありませんよ。

こちらの記事ではハロウィンで使える軽い感じの仮装について書きましたが、マスクだけとかそういうやり方なら服装での寒さ対策もしやすいので、ぜひチェックしてほしいと思います。

ハロウィンの衣装をどこで購入するかについても、以前にくわしく書きましたのでチェックしてくださいね。

仮装の内容によってはかつらやウィッグが必要な場合もありますが、どこでかつらやウィッグを購入すればいいかはこちらの記事でくわしく書きましたので、合わせてどうぞ。


まとめ

ハロウインのコスプレ衣装で、そう露出が多くないものでも寒さ対策は欠かせないですよ。

半袖でコスプレイベントに参加するのはかなり無謀なので、露出を抑えた上でしっかり寒さ対策をしておきたいですね。

この記事のポイント
  • 10月末はかなり寒いので、半袖のコスプレは相当に厳しい。
  • へその下、腰、太ももの付け根はカイロで温めたいポイント。
  • 暖かいインナーをコスプレ時に着用したい。
おすすめ記事(広告含む)

注釈   [ + ]

1. 本来のハロウィンは、10月31日に行われます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする