さつまいもの保存は冷蔵庫か常温か、場所は具体的にどこがいいか

この記事は約 8 分で読めますよ。

さつまいもをもらった、収穫した、買いすぎたなどの理由で保存したい時、冷蔵庫に入れていいものか迷いますよね。

冷蔵庫か常温か、具体的にさつまいもをどこに保管するのがいいかなどをくわしく解説していきます。



さつまいもを保存するなら冷蔵庫じゃないの?

まず、さつまいもを冷蔵庫に入れるのはダメで、これはさつまいもが熱帯地方原産の植物だからですね。

あんまり状態がよくない土地でもしっかりと育ってくれるのですけど、寒さには強くはありません。

だから、寒い北海道とか標高の高いところではさつまいもはあまり栽培されていない1)北海道産のベニアズマがあるように、全く栽培されていないわけではありません。んですよね。

もし、さつまいもを冷やすとどうなるかですが、かなりあっさりと腐りはじめてしまいます。

そのため、さつまいもを冷蔵庫で冷やすってのは最もやってはいけないことで、基本は常温保存ですよ。

しかし、すでに調理済みのさつまいもであれば冷やしても大丈夫で、これがアウトなら冷凍のさつまいもスティックなどは商品自体が成りたちませんからね。

あと、補足的な情報ですけどさつまいもは水にも弱いので、土が付いていても洗うのはNGなんですよ。

だから、スーパーで売られているキレイなさつまいもは、保存方法を工夫してもそんなに長持ちはしません(水で洗っているため)

さつまいもの保存は常温ならどこでもいいの?

上の段落で書いたようにさつまいもは寒さに強くはないので常温保存が基本ですけど、かなり温度の好みにうるさいんですよね。

さつまいもを保存するのに適している温度は12度から15度で、これを下回るのも上回るのもよくありません。

10度くらいならギリギリ大丈夫ですけど、9度を下回るようだと腐りはじめる恐れがあるんですね。

逆に、熱帯性の植物だからといって暖かい環境に置くのもよくなくて、18度を超えると今度は芽が出てきます。

芽が出てくると蓄えられた栄養分がそちらに奪われるので、これはこれでかなり問題なんですよね。

さつまいもを植えるなら芽に成長してもらわないとダメですけど、食べるためのさつまいもに芽が出ていると本当にしわしわになっちゃいます。

割と栄養分を吸いとる力が強いので、あんまり暖かくするのも保存方法としてはNGなんですよね。

じゃがいもの芽を食べてはいけないのは有名ですが、さつまいもの芽は毒とかはありません。

だから、茎とか葉っぱとかも食べられるのですが、肝心の芋がしわしわで食べられないのでは本末転倒ですからね。

そのため、さつまいもを保存するならできれば12度から15度、なるべく温度変化がないような場所がベストです。

農家さんはさつまいもを土の中に保管することもありますが、これは温度変化が少ないからですね。

地表付近は気温に左右されやすいですが、深いところなら温度変化も少なくて雨の影響もあまりありませんから。

ただ、一般家庭ではなかなか土中保存はできませんから、家庭内で温度変化が少ないところを見つけないといけません。

まずはさつまいもを天日干しにするのがポイントで、これはさつまいもの水分を飛ばすためですね。

日陰で1日ほど天日干しをするだけでもだいぶ甘さが変わってきますが、1週間くらい天日干しするのもありですよ。

天日干しは甘さが増すだけでなく、その後の保存もやりやすくなるのでまずは天日干しで水分を飛ばしましょう。

最初の段落で書いたように土が付いているなら洗うのは避けた方がいいですが、土は洗わなくても手で払えば大部分は落ちます。

そこまで完璧に落とす必要はありませんから、軽く土が残っている状態で日陰での天日干しをするのがおすすめですよ。

ベランダのあまり日が当たらない場所に新聞紙を敷き、その上で天日干しをしてから場所を移すって感じで保存するのがいいですね。

長く天日干しをしてもいいのですが、手短に済ませる場合も1日くらいは天日干しするのがおすすめです。

スーパーなどで購入してきたさつまいもの場合、この天日干しの過程は飛ばして下の段落で書く保存方法を試してください。

さつまいもを保存する場所って?

さて、天日干しが終わってからどこにさつまいもを置いておくかですけど、床下に収納できるならそこがベストですね。

床下が無理なら、太陽光が当たらない(温度変化が少ない)場所を自宅内で探してください。

玄関近くの廊下あたりが無難なところですが、箱詰めにしたさつまいもをその場所に置きましょう。

スポンサーリンク

箱は保温効果に優れている発泡スチロールが理想ですけど、なければダンボールでも大丈夫です。

空気の入れかえができない状態はさつまいもにとってよくないので、発泡スチロールのふたには穴を開けてくださいね。

入れる箱を用意すれば、あとは天日干ししたさつまいもをそれぞれ新聞紙で包んで、中に入れておきます。

あとは時々、様子見を兼ねてふたを開けて空気の入れかえをするくらいなので、手はかかりません。

うまくいけば秋から春くらいまでは保存できますけど、そんなに長く保存するのではなく早めに食べる方がいいですよ。

万全なところであっても傷が付いていればいたむのも早いですし、積極的にさつまいもを使って料理をしてくださいね。

さつまいもを食べる時には「太るんじゃないか」みたいな不安があるかもしれませんが、こちらの記事ではさつまいもの太りやすさについてくわしく書きました。

こちらの記事では、さつまいもを朝食として食べる場合について書いたので、ぜひ合わせてどうぞ。


まとめ

痩せた土地でも収穫できるさつまいもは頼りになる存在ですけど、収穫後は意外と面倒なところがあるんですよね。

保存場所の条件は色々とあるので大変かもしれませんが、ぜひ天日干しをしてから保存してもらいたいと思います。

この記事のポイント
  • さつまいもは寒さに弱いので、調理済みでない限り冷蔵庫に入れてはダメ。
  • さつまいもは、まず日陰で天日干しして水分を飛ばしたい。
  • 発泡スチロール箱などにさつまいもを詰め、日陰で気温変化が少ないところに置きたい。

おすすめ記事(広告含む)

注釈   [ + ]

1. 北海道産のベニアズマがあるように、全く栽培されていないわけではありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする