夏風邪を防ぐ子供によい対策と食べ物や、ひきはじめの注意

この記事は約 7 分で読めますよ。

夏風邪は治りにくい、これはよく言われるフレーズです。
子供がいる家庭では夏風邪にかからないか心配でしょうが、どのように対策をすればよいのか迷いますよね。



夏風邪にならないための子供への対策

私が子供の頃から夏風邪は治りにくいなどという言葉がありましたけど、そもそも風邪と夏風邪の違いはウイルスにあります。
風邪に対する特効薬はないというのはよく知られていますが、風邪のウイルスは200種類を超えているのです。

その中でも一般的なものとそうでないものがありますが、冬の風邪を引き起こす代表的なウイルスがライノウイルスやコロナウイルスです。
それに対して夏風邪を引き起こす代表的なウイルスはエンテロウイルス、アデノウイルス、コクサッキーウイルスなどですね。

夏風邪は正式な病名ではなく、エンテロウイルスなどの夏場に猛威を振るうウイスルが原因の風邪のことです。
ウイルスが違えば症状の方も変わり、夏風邪では熱や喉の炎症、それに腹痛や下痢など消化器系の症状も多いですね。

インフルエンザもウイルス性の病気なのですが、こちらは例外的に特効薬が完成しているので病院で処方されます。
しかし、先に書いたように風邪のウイルスに対する特効薬は存在しないので、夏風邪をひいてからでは治るのを待つしかありません。

喉が痛いなら炎症を抑える薬などが処方されるものの、対処療法的な症状を抑えたり和らげたりする薬を使うのが普通です。
そのため、夏風邪に対してはどう予防するかが非常に重要で、免疫力を高める生活習慣が欠かせません。

熱中症に対してエアコンは必須ですが、一方でエアコンが利きすぎたところにいると、外との気温差から体調を崩しやすいのです。
体温に関係している自律神経が乱れ、その影響で免疫力も下がるので風邪をひくわけですね。

もちろん、命にかかわる熱中症を避けるためにエアコンや扇風機は必要ですが、風があたる場所に長く留まらない、設定温度は低くても26度くらいにするのがよいでしょう。
テレビで、インフルエンザの予防にうがいは効果がないみたいな取り上げ方がされることもありますが、これは非常に判断に困るポイントですね。

2002年から2003年にかけて京都大学で行われた実験によると、何もしないよりうがいをした方が風邪の発症率は下がったというデータがあります。
ただ、ヨウ素系のうがい薬を使ったグループは、何もしないグループよりは発症率が低下したものの、水でうがいをしたグループと比べると低下の度合いがだいぶ劣っていました。

この時の実験で、水でうがいをしたグループに関しては40%も風邪の発症率が下がったので、それを見習って水うがいをするのがよいですね。
ただ、うがいの前には当然ながら手洗いでウイルスを落とす必要があり、手が汚れていたり、使用するコップが汚れていると逆効果です。

スポンサーリンク

インフルエンザにうがいが効かないと言われているのは、ウイルスが体に入り込むスピードが異様に早いのが主な原因なので、正しいやり方なら風邪に対しては効果が見込めますよ。

夏風邪の対策に適した食べ物

食生活は病気と密接に関わっており、免疫力を高めて夏風邪の予防に繋がる食べ物もあります。
一方、夏場は夏バテで食欲がなくなる時期なので、食べられないものが多いと夏風邪をひきやすいのです。

まず免疫力を高める効果が期待できるのはビタミンA、ビタミンC、ビタミンEで、ビタミンAは血管や気管支の粘膜を強化する働きがあります。
カボチャ、にんじんなど緑黄色野菜に多く含まれているのですが、私も昔は苦手だったので子供にとってはつらいかもしれません。

野菜以外だとレバー、うなぎ、卵に多く含まれていますが、うなぎはビタミンB群によりエネルギーを補給して夏バテを防ぐ効果も期待できるので、好き嫌いがないなら効果的ですよ。
ビタミンCも免疫力アップの効果があり、リンゴやみかん、レモン、キャベツに赤ピーマンなど野菜や果物に多く含まれています。

ビタミンEは血行をよくする働き、酸化を防ぐ働きがあるものの、うなぎやししゃも、植物油、アーモンドなどちょっと重たい感じの食べ物に多く含まれているのが難しいところです。
野菜だとカボチャやモロヘイヤなど緑黄色野菜に多く含まれているので、夏場は野菜から摂取する方が胃には優しいですね。

夏風邪のひきはじめの対策

夏風邪の原因のウイルスは、多くがお腹の中で増殖する特徴があるので回復までに時間がかかります。
そのため、夏風邪にかからないように予防するのが一番ですが、もし夏風邪の症状が見られるならひきはじめにどう対処するかがポイントです。

風邪の対策として汗をかくのがよいというイメージがあるかもしれませんが、汗をかくのは熱の原因が弱まってきた時に体温を調整するために自然に出てくるものですから、まだ熱がある時に無理に汗をかくのは逆効果です。
夏場だと逆に熱中症や脱水症状の恐れも出てくるので、水分はよく補給して安静にするのが基本ですね。

私にも経験がありますが、風邪をひいて休んだ時には親の目を盗んでゲームをしたりする子供も多いのではないでしょうか。
テレビを見るくらいならともかく、ゲームはどうしても夢中になるので疲労に繋がります。

ベッドなり布団なりに横になって、水分と塩分を補給する意味でポカリスエットやアクエリアスを用意しておくのが最もよいですね。
症状によって適切な食べ物は異なり、胃腸の方の症状が出ているならうどん、おかゆなど胃腸に優しく冷やさない食べ物がベストです。

お腹に優しいだけでなく栄養素が高い白身魚、豆腐、それにリンゴは出番が多くなるでしょう。
これらは熱がある時にも役立つ食べ物ですが、胃腸の症状が出ていないならゼリーやプリンなどを食べさせてあげるのも効果的です。


まとめ

夏風邪をひいてしまうと、あとは安静して治るのを待つのが基本ですので、どうにか水際で食い止めたいですね。
子供の時にはやりたいと思ったことをそのまましちゃうものですし、予防とかその辺りを説明するのもなかなか難しいので、食べ物であったり、うがいだったりは親御さんの方で気を配ってあげてください。

おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする