クリスマスプレゼントの準備はいつから、選び方や予算の平均は

この記事は約 11 分で読めますよ。

バレンタインデーなども盛りあがりはすごいですけど、やっぱり日本中でカップルがそわそわするのは年末にかけてだと思います。

そう、ハロウィンが終われば街中もクリスマス仕様に変わりますし、段々と気分も高まってくるものです。

クリスマスに欠かせないのがプレゼントですが、恋人へのクリスマスプレゼントをいつから準備するかは気になるところですよね。

今回の記事では以下の3つのポイントを中心に、クリスマスプレゼントの準備について取りあげます。

今回の記事で取りあげるポイント
  1. クリスマスプレゼントの準備はいつから始めれば?
  2. どんなプレゼントを選ぶのがいいの?
  3. 用意する予算はどれくらい?

クリスマスプレゼントの準備っていつから始めるのがいいの?

さて、結論から書くなら、クリスマスプレゼントは本番の1ヶ月~1ヶ月半くらい前から準備するケースが多いですね。

プレゼントの内容によって話は変わり、彼氏のために初めて編み物をするとかなら手間取るかもしれませんから、もう少し長めに見つもっておいた方がいいですよ。

何かを購入するなら1ヶ月~1ヶ月半くらいで十分に間に合いますけど、その時に流行しているものはちょっと注意したいところです。

流行ものは、少し時間が経過してブームが去ると「何だよこれ……」みたいに冷めやすいとかそういう心配もあるのですけど、単純に手に入らない可能性が高いのも難点ですね。

どこかで手に入るだろうと思っていたら手に入らなくてギリギリになって焦るなんてこともありえますから、人気が高いものをプレゼントにするなら早めに行動したいところです。

本番まで1ヶ月くらいの余裕があればまず大丈夫ですけど、ブームが起こっているなら早め早めに注文するくらいがベストですよ。

そういう流行ものに限らず、インターネット通販ではクリスマス当日に間に合わないなんて恐れもありますから、受けとれる日をしっかりと確認してから注文したいですね。

インターネット通販にしろ実店舗で購入するにしろ、できれば12月の頭くらいには注文をしておきたいですから、遅くても11月下旬までには2つか3つくらいまでしぼっておくのがベストです。

何をプレゼントしたら喜んでくれるかは会話の中にヒントが隠されているものですから、10月くらいからはコミュニケーションにも力を入れたいところですよ。

もし、付きあって間もないならお互いに知らない部分も多いでしょうから、一緒に何かを購入しにいくのもありですね。

そうでないなら、10月くらいから相手の好みとか欲しそうなものにアンテナを張りつつ、遅くても12月の頭には注文を終えるのがおすすめです。

商品によってはメーカーの在庫がなくなる可能性も割とあるので、これでいいって決めたのなら早めに注文をしましょう。

ちょっと注文を後回しにしたばっかりに、在庫切れで手に入らないなんて恐れもありますから。

クリスマスプレゼントの選び方って?

準備の時期については上の段落で書いた通りですけど、クリスマスプレゼントが成功するかどうかの8割くらいはプレゼント選びにかかっています(個人的体感に基づく)

当日の雰囲気だとか渡すタイミングとかは残り2割なので、喜んでもらうためには何を選ぶかが重要なんですね。

どうすればいい感じのクリスマスプレゼントを選べるか分からない、そんな場合にはいい方法があります。

「クリスマスプレゼントは何がいい?」って、シンプルかつストレートに聞いてみるのが最も確実です。

「いやいや、何を渡すか事前に知られるのはダメでしょ」って意見もあると思いますけど、下手なプレゼントを用意して自爆するよりは何倍もましですよ。

割とあるのが、相手を喜ばせるプレゼントを選ぶはずがいつの間にか自分のセンスを見せつけるみたいにシフトして、相手に何とも言えない表情をされるってパターンです。

プレゼントを渡した時には笑顔なんだけど、その笑顔があんまり続かないみたいなことになると心がやられますから、分からない場合は素直に何が欲しいか聞いてみるのをおすすめします。

聞くのは嫌だけどいい感じのプレゼントを選びたいなら、候補の中に香水を入れておくといいですね。

彼女へのクリスマスプレゼントとして香水はどうかって記事で書いたように、安易に香水を贈るのはちょっとおすすめできないのですが、それでもクリスマスプレゼントとして使える消え物は貴重ですから。

贈る相手が香水自体を好きじゃないとか、普段から使っている香水とまるで違うタイプを購入するとかはNGですけど、うまく選べば喜ばれますよ。

クリスマスプレゼントと言えば、まずアクセサリー類とか身につけるものが思いうかぶでしょうけど、これらって好みに合わずちょっと複雑そうな顔をされるってことが割とあるんですね。

お互いに好みを知りつくしているならともかく、そうでないなら香水は男女を問わず候補に入れておきたいアイテムです。

スポンサーリンク

かなりとがった感じの香水を選ぶのではなく、使いやすくて無難なものの方がいいですね。

今回の記事は「これがいいですよ、あれがいいですよ」って感じではないので簡単な紹介にしておきますが、男性に贈るならブルガリの「プールオム オードトワレ」が、女性に贈るならシャネルのチャンスが無難なところです。

プレゼントは控えめな代わりにクリスマスケーキに力を入れるなんて手もあり、お互いに相談していいクリスマスケーキを用意するのもありですよ。

こちらの記事では、クリスマスケーキはいつからいつまで予約できるのかをくわしく書きましたので、ぜひチェックしてくださいね。

クリスマスプレゼントの予算の平均ってどれくらい?

上の段落の提案はあくまで個人的な意見なので、自分なりに考えてプレゼントを贈るのももちろんありですよ。

自分が選んだもので喜んでくれるなら、贈る側も満足すること間違いなしなのでじっくり準備してほしいと思います。

クリスマスプレゼントで何気に重要なのが金額で、なるべくそこそこのものを贈るようにしてください。

相手の気を引こうとしてちょっと値が張るプレゼントを選ぶなんてこともあるかと思いますけど、高過ぎるものってあんまりよくないんですよね。

特に、お互いにプレゼントを贈る場合に明らかに値段が違うなら、やっぱりちょっと嫌な空気になりますよ。

よっぽどのお金持ちなら話が違うのでしょうが、高くても1万5千円から2万円くらいの範囲に収めるのが基本ですね。

上の段落で紹介した香水のうちチャンスは高めですけど、それでも1万5千円あれば購入できます1)お店によってはもっと安い場合もあります。し、1万円前後が目安かなと思いますよ。

楽天インサイトによれば、2017年のクリスマスプレゼントの予算の平均は男性で10,344円、女性で7,652円とのことです。

何を贈ればいいかまだ決まっていないなら、上で紹介した目安を参考に何か選んでくださいね。

当日には、クリスマスケーキの由来について話題に出すのもありなので、クリスマスケーキの由来について書いたこちらの記事もぜひチェックしてください。

由来つながりで、クリスマスツリーの星についての記事も書きましたので、ぜひ合わせてどうぞ。

おすすめ記事

まとめ

クリスマスプレゼントは、できれば本番1ヶ月前くらいには注文しておきたいんですよね。

何を贈るかを考える時間を含めるなら、10月の頭くらいから色々と動きだすのがおすすめです。

この記事のポイント
  • 10月頃からリサーチに力を入れ、11月下旬くらいにはプレゼントを注文しておきたい。
  • 何が欲しいか分からない場合、相手に何が欲しいかを聞くのがおすすめ。
  • 基本的にクリスマスプレゼントは1万円前後、高くても2万円以内に収めたい。


注釈   [ + ]

1. お店によってはもっと安い場合もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする