お歳暮の健康志向なギフトは、食品や調味料などを詳しく解説 | 光のどけき今日の日に

お歳暮の健康志向なギフトは、食品や調味料などを詳しく解説

この記事は約 9 分で読めますよ。

お歳暮に健康志向のアイテムを贈るという方向性を決めたけど商品選びに苦労している、これは困りますよね。
どういう健康志向のアイテムがお歳暮向きなのか、ダメなアイテムはあるのか、詳しく解説します。


お歳暮に健康志向で行くなら何に注意したい?

健康志向のお歳暮って意外と商品選びが難しく、あんまりあからさまだと「あなた、不健康ですよね」的なメッセージとして伝わりかねませんから。
あと、贈る相手の持病とかそのあたりも気にする必要がありますが……これは、普通に食べ物を贈る場合も同じですね。

まずはNGとまではいかないものの、少し気を付けておいた方がいい贈り物で、健康志向に肉類とか魚介類ってちょっと相性がよくありません。
どちらかと言えば肉類よりも魚介類の方が厄介で、こちらの痛風の記事で書いたように魚の干物はプリン体がちょっと多めなんですよね。

魚の干物以外にも、カツオのたたきとかイクラやウニなど、魚介類は全体的にプリン体が多い傾向があります(上の記事でも書いたように、痛風の原因は食べ物のプリン体だけではないですけど)
そこそこの年齢の家長は尿酸値が高くなっていることも多いので、魚介類はまず外した方が無難です。

肉類もそこまで積極的におすすめはしませんが、最後の段落ではおすすめの肉類も紹介しますよ。
当然ながらビールなどアルコール類はNGで、あと何気に注意したいのが減塩に関するアイテムですね。

高血圧に関してはこんな感じに「高血圧は悪くない」説もあるので扱いが難しいって面もありますけど、それよりもあからさまな感じがするかなって気がします。

「血圧が高いんだから気を付けてくださいよ」的な贈り物にムッとするなんてことも十分にあり得るので、減塩に関するアイテムは相手との仲次第ですかね。
普段から「ちょっと血圧が高いって言われてさあ」みたいに健康について話すような仲なら大丈夫でしょうが、そこまで親しくないけどお歳暮を贈る必要があるような関係なら、避けた方がいいかなとは思います。

同様にトクホの食品とか飲み物、それに健康食品なんかもちょっと注意した方がいいアイテムですね。

健康志向なギフトって何がある?

では具体的に何を贈るのがいいかですが、まず押さえておきたいのは家庭で使う油ですよ。
減塩醤油など減塩のアイテムだと血圧の高さを指摘されているような感じがしてもおかしくありませんけど、家庭で使える油の場合はそういうイメージはほとんどありませんからね。

油にも種類は色々とありますが、どれを選ぶにせよまずオーガニックの無添加油は候補にあがります。
普通の油と比べると長持ちしない傾向がありますが、これは無添加である以上は仕方がありません。

スポンサーリンク

お茶みたいに長持ちするものが喜ばれやすい以上、そのあたりはちょっとネックではありますが、まずはオーガニックの油を探してみてくださいね。
「MOCO’Sキッチン」の大量投入でおなじみのオリーブオイルはなかなかいい選択肢で、エキストラヴァージンオリーブオイルは最高級オリーブオイルとして知られています。

このエキストラヴァージンオリーブオイルは偽物も多いのが不安要素なのですが、認証マークが付いているものを選ぶことである程度は防げますよ。
安すぎるものはあんまり信用出来ないので、それなりの値段と認証マークの有無をチェックしたいところです。

エキストラヴァージンオリーブオイルに多く含まれているオレイン酸は、悪玉コレステロールを抑える働きが期待できるので、この記事の趣旨にピッタリです。
様々な場面で使えるオリーブオイルは安定のチョイスですが、他にも有機みりんなんてのもおすすめです。

贈る相手が一人暮らしで料理をするか分からないなら、みりんはちょっと手に余るかもしれませんが、そうでないなら料理に有効活用してもらえるはずですよ。

健康ギフトの中でも食品を選びたいんだけど?

油とか調味料以外の食べ物で健康的なものを贈りたい、そんなニーズに応えてくれるものもあり、まずはオーガニックのジャムですね。
甘いものはお歳暮の定番ですけど、オーガニックフルーツを使ったジャムならより自然な味わいが期待できます。

砂糖を使っていないジャムなら血糖値の上昇もそこまで急激ではないので、ぜひ候補に入れてくださいね(果物を使っている以上、糖質は避けられませんが)
年末になると相変わらずハムのコマーシャルが流れるように肉類はお歳暮の定番ですが、肉類の中ではまずラム肉を押さえておきたいところです。

牛、豚、鶏と比べたらどうしても食べる機会が減りますが、子羊の肉であるラム肉は健康にいいんですよ。
肉類は太るというイメージが持たれやすいですけど、ラム肉は脂肪が溶けにくいので体内で脂肪が吸収されにくいのが魅力です(吸収されないではありません)

脂肪も体にとって不要なものではないどころか三大栄養素の1つですけど、ちょっと体重が増えてきているならラム肉は心強い存在ですよ。
上の段落やこの段落であげたものはどれもちょっと個性的な気がする、そう感じるなら海苔がおすすめです。

スーパーで売られているような気軽に購入できる味付け海苔もそこまで塩分が多いわけではなく、高血圧に対してもそんなに相性は悪くはありませんから。
焼き海苔の方が塩分は少ないのですけど、味が薄い焼き海苔は醤油なんかを付けて食べることが多いので、味付け海苔と比べるとそこまで差はないかなって印象です。

焼き海苔でも味付け海苔でもいいので、安定感と健康志向を重視するなら海苔を選択肢に入れてくださいね。
こちらの記事では喪中の相手にお歳暮を贈ってもいいのかを取り上げているので、ぜひ合わせてチェックして欲しいと思います。



まとめ

健康によさそうなものを贈ればいいってわけではなく、意外と商品選びは難しいんですよ。
もらう側がどう感じるか、使いやすいかなど細かいところにも気を配ってギフトを選んでくださいね。

この記事のポイント
  • 減塩食品などは健康的ではあるが、意外と贈りづらい。
  • オーガニックなオリーブオイル、有機みりんは使いやすいこともあって有効。
  • オーガニックジャム、ラム肉、海苔あたりは健康的でお歳暮に使える食べ物。

おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする