お歳暮ののしの種類と水引、印刷や購入で気を付けるところは

この記事は約 8 分で読めますよ。

お歳暮を贈る時に悩まされるのがのしですが、どののしを使うかも分かりにくくて困りますよね。

のしの種類、それに水引などお歳暮に使うのし選びで間違えないように詳しく解説していきます。



お歳暮ののしの種類でまず押さえておきたいのは?

売られているのし紙をざっとチェックすると、色の違う水引1)のし紙の中央にある結び目のこと。が目に入ってくるものですよね。

だから、のしの種類と言えば水引の違いと言ってもいいのですけど、その前段階としてそもそも「のし紙」か「掛け紙」かも重要なポイントです。

厳密に言うならのし紙も掛け紙の一種なのでちょっとややこしいのですけど、この記事ではとりあえずのしマークがあるのがのし紙、のしマークがないものを掛け紙と呼びます。

のし紙の「のし」とは右上に印刷されている縦長のマークのことで、これがあるかないがが重要なんですよ。

こちらのお盆のお供えの記事でも触れたように、のしは高級食材として有名なアワビのことです。

高級過ぎて「ゴチになります!」で注文されると危険な食材ってイメージがあるかもしれませんが、アワビって古来より縁起がいいものとしてお供えに使われてきたんですよね。

このアワビのお供えを簡単にしていった結果、アワビの意味合いを持つのしマークが生まれているというわけです。

のしマークは直接的にはアワビを表しているのですが、他にも生ものって意味合いもあります。

だから、生ものを贈る場合にのしマークを付けると、のしマークと贈る品物の両方が生ものでかぶっちゃうので、のしマークは不要なんですね。

現代ではそこまで気にしないものですけど、一応はお肉とか魚介類、それに卵なんかを贈る場合はのしは必要ないのでのしマークのない掛け紙でいいんですよ。

ハムなんか定番中の定番のギフトですけど、こちらはのし紙じゃなくて掛け紙を使うのが正しいというわけです。

掛け紙はのしマークはないけど水引はあるって形なので、使い方はのし紙と全く変わりはありません。

お歳暮ののしの水引ってどれを選べば?

さて、まずはのし紙と掛け紙の使い分けについて書きましたが、続いては水引に関してですね。

のし紙も掛け紙も水引の種類は色々とありますが、間違ってはいけないのは水引の方です。

現代ではのしマークはそこまで気にされないものですから、仮にハムにのし紙を使ってもそう大きな問題にはならない可能性が高いですけど、水引を間違えるのは大問題ですからね。

まずは、のし紙と掛け紙で使われている水引の種類について、分かりやすく以下にまとめてみました。

水引の種類
  • 紅白蝶結び
  • 紅白結び切り
  • 金銀蝶結び
  • 金銀結び切り
  • 黒白結び切り
  • 黄白結び切り

単語の前半部分は水引の色、そして後半部分は水引の結び方ですが、蝶結びが少ないのが気になるかもしれません。

蝶結びは靴紐などの結び方でおなじみですが、結び切りはほどくのが難しい結び方なんですね(固結びと呼んだ方が分かりやすいかもしれません)

結び方の意味合いですが、蝶結びは何回でも結び直せることから「何度あっても嬉しいイベント」で、結び切りは結び直しが困難なことから「今回限りであって欲しいイベント」で使われます。

弔事や仏事は典型的な今回限りであって欲しいイベントで、他にも結婚式や退院祝いなどはお祝いごとですけど今回限りであって欲しいイベントですね。

さて、お歳暮はどう考えても「何度あっても嬉しいイベント」なので、結び切りは使ってはいけません。

結び切りは紐の先端が両方とも上を向いていて、兜の角みたいになっているやつなので、こちらは選ばないように注意しましょう。

蝶結びの水引は紅白蝶結び、金銀蝶結びの2つがありますけど、金銀の水引は結婚式など特殊な場面でのみ使われる2)結婚式の場合は、金銀蝶結びではなく金銀結び切りじゃないとダメです。ので、お歳暮に向いているのは紅白蝶結びってわけですね。

スポンサーリンク

紅白花結びなんてフレーズで販売されているのし紙もありますが、花結びと蝶結びは同じ意味なので花結びでもOKですよ。

お歳暮ののしって印刷してもいいの?

インターネットでのしについて検索すると、テンプレートとか印刷とかそういうフレーズが出てくるものです。

「こののしがいい」と選んでのしを印刷できるサービスは多くあるので、普通にのし紙や掛け紙を購入するのではなく、印刷するのも手なんですね。

ただし、この手のサービスってのしなしの印刷に対応していないことが多く、のしなしで印刷できるのは弔事用ののし限定みたいなところがあります。

紅白蝶結びでのしなしはざっとチェックした限りでは見つからなかったので、生ものを贈る場合は掛け紙を購入する方がいいですね(あくまでざっとチェックしただけなので、不確かな情報ではありますが)

逆に、生もの以外を贈るなら紅白蝶結びののし紙を用意すればいいので、お手軽にのしを印刷できるサービスはおすすめです(表書きや名前を印刷できるサービスもありますし)

最後に、無料で利用可能なサービスを3つ紹介しておくので、ぜひチェックしてくださいね。



まとめ

のしの選び方1つで先方に対して失礼になる場合があり、特に水引は間違えてはいけないポイントです。

紅白蝶結びの水引を選べばいいので、購入するにせよ印刷を選ぶにせよ、しっかりと確認してくださいね。

この記事のポイント
  • 肉類や魚介類など生ものを贈るなら、のしなしの掛け紙を選ぶのが正式なやり方。
  • お歳暮で用いるのは、紅白蝶結びののし紙や掛け紙。
  • のしの有無に難点はあるが、のしの印刷サービスを利用するのも手。

おすすめ記事(広告含む)

注釈   [ + ]

1. のし紙の中央にある結び目のこと。
2. 結婚式の場合は、金銀蝶結びではなく金銀結び切りじゃないとダメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする