お歳暮ののしで短冊の名前は、貼り方はどうするのがいいのか

この記事は約 8 分で読めますよ。

お歳暮で短冊のしが使われることも増えてきましたが、短冊のしを使って大丈夫かは気になるところですよね。

短冊のしについて、そして短冊のしの書き方や貼り方など詳しい情報を解説していきます。



お歳暮ののしに短冊ってありなの?

まず、短冊のしとはのし紙を簡略化したもので、七夕の短冊みたいに縦長の細長い形ですね。

こちらの七五三の記事でも触れましたが、のしを印刷するって時点ですでに簡略化はされている1)のしマークはアワビを表していて、干しアワビを薄くしたものを贈るのが本来のやり方です。ので、さらに簡略化するのはどうかって気持ちもなくはないです。

ただ、環境問題とかエコとかそういう方面から考えると、のし紙を使いまくるってのはよくはないですよね。

そういう意味ではかなりコンパクトにしている短冊のしは効果的ではあるのですが、問題はこの短冊のしが失礼にあたらないかってところです。

短冊のしを使ったお歳暮が贈られてきた時にどう感じるかはそれぞれ違いますが、基本的に目上の相手には使わない方が無難ですね。

「略式ののしを使うとはけしからん!」みたいに思われるなんてことも十分に考えられるので、目上、もしくは会社関係のお歳暮では避けた方がいい気がします。

仲がよく極端に年上ではないプライベートの友人なら、短冊のしでもそう問題はないはずですよ。

個人的には立場によってマナーを使い分けるとかそういうのは嫌いなのですけど、現実にトラブルが起きる可能性を考えたらどうしても無難なやり方をせざるを得ませんからね。

プライベートかつ対等な相手以外にお歳暮を贈る場合は、短冊のしではなく普通ののし紙を使う方が無難です。

あと、たとえ短冊のしを使っても大丈夫と思われる場合も、のしマークを付けない方がいいケースもあるので注意が必要ですよ。

まず、お歳暮を贈る相手が喪中の場合ですが、のしマークはおめでたい意味があるので適していません。

そして、上の方でも軽く触れたようにのしマークはアワビを表していますが、同時に生ものという意味もあるんですよね。

だから、お肉とか魚関係、それに卵など生ものをお歳暮として贈るならのしマークを付ける必要はありません。

のしマーク自体に生ものって意味があるので、贈るものが生ものなら意味がかぶってしまいます。

現代では生ものに関してはそんなに気にされないですけど、喪中の場合は注意してくださいね。

ただ、のしマークなしの掛け紙タイプの短冊のしってあまり見かけないので、のしマークが必要ない場合は普通の掛け紙の方を選ぶって選択肢もありますよ。

お歳暮ののしを短冊にするなら名前や表書きはどうすれば?

短冊のしを使う場合、普通ののし紙や掛け紙とは見た目がだいぶ違うので、どうするのか戸惑ってしまいますよね。

まず、普通ののし紙なら水引の上に表書きを書きますが、そのあたりはこちらのお歳暮の記事でも説明しました。

しかし、短冊のしだと表書きが最初から印刷されているなんて場合も多くて、お歳暮用の短冊のしを用意すれば楽ですよ。

スポンサーリンク

表書きが入っていない場合は「お歳暮」か「御歳暮」と、筆ペンを使って丁寧に書いていきましょう。

水引が印刷されている短冊のしなら水引の結び目の上、ちょうど短冊のしの中央上あたりに書きます。

のしマークだけがある短冊のしの場合はちょっと書く位置で迷いやすいですが、基本は右上に印刷されているのしマークの左側ですね。

右側ののしマークに沿うような感じで書けば、短冊のしの中央の上あたりに表書きの文字が来ますよ。

そして、のし紙を使う場合は水引の結び目の下に名前を書くのですが、短冊のしでは名前を書かないことも多いんですよね。

まず、明らかに名前を書くスペースがないなんて短冊のしもあり、書けないなら無理して書く必要はありません。

書けるスペースがある短冊のしを使う時にフルネームで書く場合もあれば、名字だけの場合も、そして名前を書かないで贈る場合もあるので割と判断が難しいのですが、迷ったらフルネームで名前を書くことをおすすめします。

名前をフルネームで書くことで「何だこいつは、のしにフルネームを書きやがって!」って相手を怒らせることってありませんから、困ったら普通ののし紙と同じく水引の下に名前を書きましょう。

水引なしの場合は短冊のしの下側に名前を書けばいいので、表書きとのバランスを考えて記入してくださいね。

相当に仲がいい相手に贈るなら、短冊のしで名前を書かなくていいかって思い切って尋ねちゃってもいいと思いますよ。

名前なしでいいって了解を取れたら、来年以降のお中元やお歳暮を贈る時に楽ができますからね。

お歳暮ののしで短冊を使う時の貼り方は?

さて、最後はこの短冊のしをどこに貼ればいいかですが、箱の右上あたりに貼るのが基本です。

位置は大体でいいのですが、完全に箱のラインに合わせてしまうのではなく、少し離したところの方がいいですね。

普通ののし紙だと、ちょうど箱の中央あたりにのし紙の水引の結び目が来るようにしますが、短冊のしはまるで違うわけです。

最初の段落で書いたように、短冊のしは対等な関係の時に使うのが基本ですから、仮に間違っていたとしてもそう大きな問題にはならないはずです。

それでも、短冊のしは箱の中央ではなく右上に貼るものなので、間違えないようにしてくださいね。

どうやって貼るかですが、いくら仲がいい相手でもセロテープで貼るのはさすがにいい気はしませんから、のりか両面テープで貼ってくださいね。

お手軽かつしっかり貼れるのは両面テープかなと思いますけど、ここは好みで選んでも大丈夫ですよ。



まとめ

短冊のしを見かけることが増えてきましたけど、それでも気軽に使っていいってわけではありません。

使う場合にも、文字の入れ方やどこに貼るかなど普通ののし紙との違いが色々とあるので、この記事を参考にして仕上げてくださいね。

この記事のポイント
  • 目上の相手、会社関係のお歳暮では短冊のしは使いにくい。
  • 表書きは水引の結び目の上に、名前は水引の結び目の下にフルネームでOK。
  • 短冊のしは箱の右上に、のりや両面テープを使って貼り付ける。
おすすめ記事(広告含む)

注釈   [ + ]

1. のしマークはアワビを表していて、干しアワビを薄くしたものを贈るのが本来のやり方です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする