喪中はがきの続柄で妻の父の書き方は、文例についてもチェック

この記事は約 9 分で読めますよ。

奥さんの父親が亡くなった場合に、喪中はがきの続柄をどうするかは悩むところですよね。

シンプルに義父と書けばいいのか、それとも他に選択肢があるのか、文例も含めて詳しく解説します。



喪中はがきの続柄で妻の父はどうすれば?

喪中はがきを出す場合の文面には続柄を書くのが普通ですが、義実家の続柄ってすごく迷うところなんですよね。

一般的には、奥さんの父親の続柄は義父とされることが多いですが、喪中はがきでも基本的に義父で大丈夫ですよ。

そのあたりを詳しく説明する前に、奥さんの父親が亡くなった場合の喪中はがきで使える続柄をまとめました。

喪中はがきで使える奥さんの父親の続柄
  • 義父
  • 岳父(がくふ)

最後の岳父は日常の会話ではまず聞かれない言葉ですが、こちらは奥さんの父親のことを指しています。

奥さんの父親をより立てる感じの古い言葉なのですけど、この言葉が出てくるのは喪中はがきとかお悔やみ関係ですね。

それも話し言葉としてはほとんど使われず、喪中はがきなど文章にする時にのみ使われる言葉と考えていいでしょう。

岳父は「妻の父」という意味なので、旦那さん限定で使える言葉なのですが、ここまでの説明を聞く限りは何となく喪中はがきにピッタリって感じがするかもしれません。

もちろん、岳父を使っても間違いではないのですけど、個人的にはわざわざ使う必要はないかなと思います。

岳父という言葉を知っている方ならいいのですが、知らない方なら調べないとピンと来ないってこともあり得ますからね。

喪中はがきの続柄の書き方って?

上の段落のまとめのうち残るは父と義父ですが、どうして父が残っているのか疑問に感じるかもしれません。

こちらの喪中はがきの記事でも説明していますが、親等では夫婦って一心同体みたいな扱いなんですよね。

だから配偶者には親等は存在しません1)配偶者をゼロ親等と呼ぶことはありますが、正式な用語ではありません。し、配偶者が特別な位置に置かれていることが分かります。

そんなわけで夫婦は一心同体とも言い換えられるので、配偶者の父を「父」と呼んでも間違いではないんですよね。

ただ、間違いではないものの、喪中はがき以外の場面も含めて奥さんの父親を「父」と呼ぶことはほとんどありません。

当然ながら喪中はがきでもまず使われないのですが、相当に奥さんの父親との関係が良好で本当の父親のように慕っている、そしてそのことを喪中はがきを受け取る側も知っている、こんな場合には使っても問題はないかなと思いますよ。

しかし、そうでないなら奥さんの父親のことを「父」って書いたら、まず間違いなく受け取った側は「ん?」って疑問を浮かべますね。

大抵の場合は旦那さんと奥さんの父親は名字が違っているので、受け取った側も「義父なのかな」と想像はできますけど、あんまり親切なやり方ではありません。

そんなわけで、岳父と父はそこまで喪中はがき向きではなく、喪中はがきの続柄では義父と書くのが基本というわけです。

岳父と比べて義父の方がくだけた表現ってわけでもありませんから、義父で大丈夫ですよ。

正式な続柄ってわけではありませんけど、続柄の代わりに「妻の父」でも特別に失礼にあたるわけではありません。

このあたりは喪中はがきを受け取る側との関係性にもよりますけど、プライベートな友人知人の場合は「妻の父」と少しくだけた感じでもいいですね。

基本的には義父でいいのですが、もし奥さんとの連名で喪中はがきを出す予定なら、義父はちょっと使いにくいところです。

自分自身から見れば間違いなく義父なので間違ってはいないのですけど、奥さんからすれば実の父親を義父って書かれることに不満があるかもしれませんから。

この場合は「妻の父」と書くのも手なので、連名で喪中はがきを出すならそのあたりもよく奥さんと話し合ってくださいね。

喪中はがきの文例と続柄の具体例が知りたいんだけど?

どの続柄を使うかも悩むポイントですが、具体的にどんな文面で喪中はがきを出すかも困るところです。

ただし、喪中はがきの文面は積極的に独自色を出していくようなものでもないので、すでに用意されている定番のフレーズをそのまま使えばOKですよ。

スポンサーリンク

こちらの 「挨拶状ドットコム 喪中はがき」では様々なサンプルが用意されているので、こちらのサンプルの名前や続柄、亡くなった月などを変えるだけでしっかりと喪中はがきっぽい文面に仕上がります。

ただ、どれを使ってもいいってわけではなく、故人と付き合いがあるかないかで適切なものは変わってきますよ。

まず、喪中はがきを受け取る側が故人のことをよく知っている場合は、こちらがいいですかね。

本年●月に●(花子の母) ●●(鈴木梅子)が●●歳にて永眠いたしました
生前のご厚情に深く感謝申し上げますとともに
明年も変わらぬご厚誼を賜りますようお願いいたします
平成二十九年●月

引用元:https://mochu.aisatsujo.jp/guide/mame/sample.html

そして、喪中はがきを受け取る側が故人を知らない場合は、こちらのサンプルを選びたいと思います。

今年 ●(祖母)が他界し喪中のため
年頭のご挨拶を差し控えさせていただきます
寒さ厳しき折から皆様のご健勝をお祈り申し上げます
平成二十九年●月

引用元:https://mochu.aisatsujo.jp/guide/mame/sample.html

喪中はがきを受け取る側が故人のことを知らないなら、これくらいシンプルな文章でも大丈夫です。

仕事関係が代表的な例ですが、故人との付き合いがない相手には喪中であることを知らせないなんてケースも多いですからね。

このように関係性によって最適な文例は異なりますが、参考サンプルを決めたら●の部分を「義父」とか「妻の父」などに置き換えて使ってください。

最後に、喪中はがきを送る範囲についてはこちらの記事で取り上げているので、合わせてチェックしてくださいね。



まとめ

奥さんの父親のことをどう表せばいいかは迷うポイントですが、義父が最も使いやすい言葉ですよ。

あとは参考になるフレーズを参考にすれば文面ができあがるので、この記事を参考に仕上げてくださいね。

この記事のポイント
  • 続柄の岳父は、喪中はがきでは知名度などによりそこまでおすすめはできない。
  • 夫婦連名で喪中はがきを出す場合などの例外はあるものの、基本は義父でOK。
  • 文面はサンプルを参考に仕上げるのがよく、関係性によって使うサンプルは異なる。
おすすめ記事(広告含む)

注釈   [ + ]

1. 配偶者をゼロ親等と呼ぶことはありますが、正式な用語ではありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする