クレジットカードがないと信用はどうか、デメリットや支払い方法は

この記事は約 10 分で読めますよ。

クレジットカードは相当に普及していますが、だからこそクレジットカードを持ってないと信用がないのではみたいに不安を感じることってありますよね。

実際にクレジットカードと信用に関係はあるのか、クレジットカードを持っておく方がいいのかを詳しく解説します。



クレジットカードがないと信用力に欠けるの?

まず、クレジットカードと信用力に関係はありますが、この信用力の意味合いは大きく2つに分けられますね。

クレジットカード関係で登場する信用力
  • クレジットカード会社や銀行など金融機関がチェックする信用力
  • それ以外の日常会話で出てくる信用力

ここから先は審査のシステムとかそのあたりを説明しないといけないので先に書いておくと、クレジットカードを持っていないなら金融機関からの信用力はかなりゼロに近いと考えていいでしょう。

クレジットカードやローンなど「(一時的であっても)お金を貸す」形になる金融機関のサービスでは、必ず審査があります。

住宅ローンなんかは当然として、すぐに支払いがされるクレジットカードも借金の一種ですからね。

そのため、本当にお金を貸してもいいのかを審査するわけですが、金融機関は信用力を調査するために信用情報機関をチェックします。

いわゆるブラックリストに載ってないかを、信用情報機関のデータを使って調べているわけですね。

信用情報機関についてはこちらのブラックリストの記事で詳しく書きましたが、信用情報機関っていつまでもデータが残るわけではありません。

仮に破産したことがあっても、一定期間が経過すればその情報は信用情報機関から消えるので、破産の当事者である金融機関以外がその事実を知ることはできません。

ただ、過去のトラブルが消えたらいいってものではなくて、信用情報機関にはクレジットカードをどれだけ持っていてどれくらい使っているのか、ちゃんと返済しているのかなどの情報も記録されています。

このあたりの現在の支払い状況が信用情報機関に記録されていないってことは、何らかの事情でクレジットカードを持てない状態にあるんじゃないかって金融機関は判断します。

過去に債務整理をしていてクレジットカードを停止されたから何もデータが残っていない、そう判断されて審査に落ちるなんてケースもあるんですよ。

破産など債務整理の情報が消えるなら「何年か経てばクレジットカードを作れる!」って思っちゃうかもしれませんが、そんな簡単な話ではないんですね。

さて、問題なのは「破産など何か理由があってクレジットカードを持っていない」ケースと、本当に「自分の意思でクレジットカードを持っていない」ケースの見分けが付かない点です。

「クレジットカードなんて借金の一種じゃないか」的な自分の意見を持つのは悪いことではないのですけど、見分けが付かない以上は金融機関は警戒しますよね。

そういう意味で、クレジットカードを持っていてしっかり返済している場合と、クレジットカードを持っていない場合を比べると信用力には差があるわけです。

ようやく、続いて日常会話での信用力に話を移せますが、こちらは話すことはそんなにありません。

「あの年でクレジットカードを持ってないとか大丈夫なの?」的な、どちらかと言えば悪口とか見下しに近い形の信用力ですね。

そんなに使われていない(ように見える)割にはクレジットカードの保有率は高いのが日本なので、そのあたりでクレジットカードを持っていない相手を見下すなんてことがあるのだと思います。

どうしても気になるならクレジットカードを持つしかありませんが、この手の無責任な意見はちょっとイラって来るくらいなので、気にしないのが一番ですよ。

クレジットカードがないとどんなデメリットが?

気にしなくていいのはあくまで日常会話の方で、クレジットカードがない場合のデメリットは存在します。

まず通販サイトの利用が不便とかそのあたりが思い浮かぶかもしれませんが、これはそんなに大きなデメリットではないですよ。

詳しくは下の段落でもまた書きますけど、クレジットカードの代わりに国際ブランドのデビットカードを持っておけば、クレジットカードの代わりとして使えますからね。

むしろ、本当の問題点は金融機関からの信用力がない点で、将来的にローンを組むことができない可能性が高いです。

クレジットカードを作らない主義でも、さすがに家とか自動車を購入するならローンを利用する可能性が高いと思います。

自動車ならまだ頑張って貯金すれば何とかなるレベルですけど、一戸建てとかマンションはそうはいきませんからね。

ただ、ここで問題なのが金融機関からの信用力がない点で、審査ではねられる可能性が高まります。

実際にはどこに勤めているかとか、年収はどれくらいか、結婚しているかなどの個人情報もチェックされるので一概には言えないのですが、年収が同じくらいでもクレジットカードの利用履歴がある場合と皆無な場合では、皆無な方が圧倒的に不利です。

スポンサーリンク

クレジットカードを持っていたらいいってものでもなくて、無駄に持っているとそれはそれで不利なのですけど、クレジットカードを持っていないなら各種ローンは利用しづらいのは確かですね。



クレジットカードがないと支払いで困ったりしないの?

一方、一戸建てとかマンションの購入に興味がないなら、別にクレジットカードなしでもいいと思いますよ。

何だかんで現金の存在感が強いのが日本ですから、クレジットカードなしでも十分に生活できますしね。

それに、こちらの宝くじの記事でも書いたように、一戸建てやマンションを購入すると今度は固定資産税の支払いも発生するので、賃貸に住み続けるってのも手です(賃貸が絶対にお得ってわけではありませんが)

ただ、将来的に高い買い物をする予定なら、頑張ってキャッシュで一括払いできるようになるか、もしくはクレジットカードを作る方が無難かなとは思います。

それこそ審査に通りやすいとされている楽天カードでもいいので、実績を積むのも手ですよ(注・審査に通りやすいというのはあくまで個人的なイメージです)

一応、副業で何がおすすめかをこちらの記事で書いているので、キャッシュ一括払いを目指すならチェックしてください。

この将来的なローンを気にしないなら別に無理してクレジットカードを作る必要はなくて、デビットカードで十分です。

デビットカードは銀行口座から即座に引き落とす形の支払いなので、お金がないなら利用できません。

それでいて、VISAやJCBの国際ブランドのデビットカードならクレジットカードと同じように使えますからね。

ただし、銀行独自の国際ブランドじゃないデビットカードは、使えるところが多くはないので無視しましょう。

そのあたりのデビットカードの詳しい話は、こちらの記事で詳しく取り上げているので、ぜひ参考にして欲しいと思います。



まとめ

日常会話で出てくる「クレジットカードを持ってないと信用できない」的な意見は、気にしないでいいですよ。

一方で、金融機関からの信用力に関しては気にした方がいい場合もあるので、10年先、20年先のことも考えて支払い方法を決めてくださいね。

この記事のポイント
  • クレジットカードなしだと、金融機関からの評価は低い。
  • 将来的にローンの審査で不利になりやすいのが、クレジットカードなしの欠点。
  • 借金をしないのであれば、クレジットカードではなくデビットカードでも十分。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする