年賀状の印刷で持ち込みできるのは、イオンやコンビニはどうか

この記事は約 9 分で読めますよ。

年賀状をすでに購入済みの場合は、店舗へ持ち込んで印刷をできないか考えますよね。

持ち込みでの年賀状印刷に対応している店舗、サービスについて、詳しく解説していきます。



年賀状印刷の持ち込みができるところは?

まず持ち込み印刷の前提として、実際に店舗の方へ持ち込んだ年賀状に印刷してくれるってわけではないんですよね。

年賀状の持ち込みをより詳しく説明するなら、印刷会社にある年賀状の在庫を使って印刷したものと、持ち込まれた年賀状を交換するサービスです。

インクジェット紙のものでも普通紙のものでも大丈夫というのが持ち込みのいいところですが、持ち込んだ年賀状を使うわけではないのでどちらでもいいってわけですね。

そして、年賀状を安く購入するための方法についてはこちらの記事で取り上げているので、合わせてチェックしてもらいたいと思います。

あとは実際に年賀状の持ち込みに対応しているサービスをチェックしていきますが、まずはカメラのキタムラです。

個人的には関西ってイメージが強いのですが、今やどの都道府県にも店舗があるので利用しやすいところが魅力ですね。

カメラのキタムラは非常にオーソドックスな形で、いきなり店頭に行っての注文、それにインターネットからの注文で店頭での受け取りを希望した場合に持ち込み可能ですよ(宅配受取に関しては持ち込み不可です)

店頭で注文するか、インターネットで注文するかによって年賀状を持ち込むタイミングが異なるので、そこは注意したいところですね。

年賀状印刷の持ち込みはイオンだとどうなの?

続いてはイオンですが、こちらの特徴としてはインターネットからの注文では持ち込みに対応していない点があげられます。

今やインターネットで簡単に支払いを済ませられるので、あらかじめ支払いを済ますなんてケースも多いと思いますが、イオンの場合はインターネットで注文するなら年賀状の持ち込みは不可なんですよね。

インターネットから注文した場合は、完成した年賀状を自宅まで配達してもらうか、店舗まで受け取りに行くかの2択です。

ところが、イオンの店頭で申し込む場合に限っては、年賀状を持ち込んでもOKなんですよね。

大変申し訳ございませんが、インターネット受付では、はがきのお持ち込みはお受けしておりません。はがきをお持ち込みの場合は、店舗でお申込みいただくようお願いいたします。

引用元:https://www.aeon-nenga.jp/topvalu/sp/guides/qa/

イオンは店舗も多いので利用はしやすいですが、持ち込む予定ならインターネットからの注文をしないように気を付けたいですね。

あと、店舗に持ち込む場合の細かい対応については特に記載されていないので、本当に年賀状を持ち込んで対応してもらえるかは最寄りのイオンの方に問い合わせる方が確実ですよ。

実店舗に持ち込むって形ではありませんが、年賀状を送ることで代わりに印刷をしてくれる1)こちらでも送った年賀状が使われるわけではなく、完成品との交換って形です。ってサービスはいくつかあります。

スポンサーリンク

こちらの挨拶状.comの年賀状サービスの場合、注文フォームで持ち込みを選択してから年賀状を送る形ですね。

他にも同様のサービスがあるので紹介しておきますが、これらのサービスは住んでいる地域に関わらず利用できるってのが魅力ですよ。

年賀状印刷の持ち込みはコンビニで対応してくれる?

最後にコンビニに持ち込んで印刷をしてもらえるかですが、これは基本的にはしてくれません。

コンビニ各社も年賀状サービスを展開しており、インターネットからも店頭でも注文できるって形が基本ですね。

ただ、いずれにしても年賀状の持ち込み印刷には対応していないので、手元の年賀状をうまく使いたい場合、コンビニはちょっと不利です。



しかし、これはあくまで最初の段落で書いた、持ち込んだ年賀状の代わりに完成品を受け取れるサービスには対応していないってだけなんですよね。

コンビニの中でセブンイレブンだけは、年賀状を持ち込んだ上での印刷に対応しています。

最初の段落で説明した「持ち込んだ年賀状の代わり~」って意味合いではなく、自分で持ち込んだ年賀状を使って印刷ができるって意味ですよ。

この方法が使えるのは2018年現在ではセブンイレブンだけで、他のコンビニに関してはマルチコピー機の関係で持ち込み印刷はできません。

あらかじめアプリを使ってデザインを決めておき、そちらのデータを使ってセブンイレブンのマルチコピー機で印刷するだけですね。

今回の記事で取り上げたカメラのキタムラやイオンの店舗の方が近くにあるってケースもそれなりに多いですが、やっぱり店舗の数で言うならセブンイレブンが圧倒的です。

自分でマルチコピー機を使って印刷するという手間がかかるのは難点ではありますけど、必要な分だけ自由に印刷できるのは魅力だと思いますよ。

セブンイレブンで年賀状を印刷をする方法、利用するアプリについてはこちらの記事でも取り上げているので、ぜひ合わせてチェックしてくださいね。



まとめ

年賀状を購入済みなのであれば、持ち込みOKな店舗を利用すればうまく有効活用できます。

セブンイレブンのマルチコピー機での印刷も含めて、この記事を参考にお願いするところを決めてくださいね。

この記事のポイント
  • カメラのキタムラは店頭、インターネットでの申し込み共に年賀状の持ち込み可能。
  • イオンの場合、店頭での申し込みのみ持ち込み可能。
  • コンビニは持ち込み不可、セブンイレブンなら持ち込み年賀状を使いコピー機で印刷可能。
おすすめ記事(広告含む)

注釈   [ + ]

1. こちらでも送った年賀状が使われるわけではなく、完成品との交換って形です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする