クリスマスの一人の過ごし方で男はどうする、何食べる、旅行はどこに

この記事は約 9 分で読めますよ。

外国のものとはちょっと違いますが、日本ではクリスマスはカップルのためのイベントですよね。

だからこそ、カップル以外は非常に肩身の狭い思いをするわけで、クリスマスが近づいてくるとテンションが下がるなんてこともあると思います。

彼女なしの男性が、1人でクリスマスイブとクリスマスを乗りきるためにどうするか、これは気になるところですよね。

今回の記事では以下の3つのポイントを中心に、男性が1人でクリスマスをどう過ごすかについてくわしく取りあげます。

今回の記事で取りあげるポイント
  1. 男性1人の場合はクリスマスをどう過ごすのがおすすめ?
  2. クリスマスには1人で何を食べるの?
  3. クリスマスの期間に旅行する場合の行き先は?

クリスマスの一人での過ごし方で男はどうすれば?

こちらの記事では「カップルと比較せずマイペースにいこうよ」的な視点でクリスマスの1人での過ごし方についてくわしく書きましたが、理想論みたいな感じがあるのは確かですね。

つらいものはつらい、そう感じるのに「気にせずいこう」ではあれなので、今回はシンプルに過ごし方を紹介します。

ダラダラとゲームってのが個人的には好きで、私なんか延々とRPGのレベル上げをやってたいくらいなんですよね。

それでも、あえてそこはおすすめはせずに、まずは来年のクリスマスに向けてステップアップするための勉強のスタートをおすすめします。

ステップアップの努力自体は決して無駄にはなりませんので、悔しさをバネにして勉強を始めるのは自分を大きくする上で有効です。

何か資格を取得して転職、あるいは就職に役立てれば人生も大きく変わるかもしれませんし、もっと直接的にモテるための技術について勉強するのも有力な候補ですよ。

外見に関しては大きく変えるのは難しい1)もちろん、清潔感やファッションなどそのままの外見でも変えられるところはあります。ので、おすすめなのは行動心理学の勉強ですかね。

もっとも、こういう心理学のテクニックを表面的にだけ学んで相手を操ろうというのは将来的な不幸につながる……と個人的には思っています。

ただ、女の子と話すと緊張してしまうとかそういう場合は、心理学を勉強することによって自分自身をコントロールしやすくなるはずです。

相手をコントロールするのではなく自分自身をコントロールする、そういう方向性で勉強するのがおすすめですよ。

クリスマスに一人で何食べるのがおすすめなの?

将来に向けての種まき的なことをやるためにはエネルギーが必要ですし、そういう気分にならない場合はシンプルに楽しいことをして過ごしましょう。

思いっきり食べることでつらい時間をやりすごすのは有効なやり方で、その中でも焼肉を提案させていただきます。

スポンサーリンク

街中のカップルは見ないようにしつつ、1人焼肉ができる焼肉店に行くのはかなりのおすすめですよ。

1人焼肉の専門店ではカップルたちの幸せそうな姿を気にせず焼肉に打ちこめますし、普通の焼肉店で1人用のカウンターがあるお店を知っている場合はそちらでもOKです。

普通の焼肉店だとカップルがいるんじゃないかって感じられるかもしれませんが、それなりに見られますね。

いかにもな「クリスマスです!」って雰囲気は薄めですけど、焼肉店は意外とカップルの遭遇率が高めです。

ただし、夜の9時くらいを境目にカップルの姿は消えるのが普通ですので、クリスマスイブにせよクリスマス当日にせよ、夜9時くらいまで仕事をした上で何かを食べに行く場合、焼肉店は候補に入れておきたいですよ。

ちょっとぜいたくな感じに、普段は食べないようなちょっと高めのお肉を注文して楽しめばそこは天国ですから。

貸しきりに近いような状態で焼肉を楽しめるお店も割とあるので、何を食べるか迷っている場合は候補に加えてほしいと思います。

もっと早い時間から焼肉を楽しむ場合は、上でも出てきた1人焼肉の専門店を利用するのが安全ですかね。

1人焼肉は、1人遊園地とか1人恋愛映画みたいな「1人で行動シリーズ」でも割と難度が高めに分類されることが多いですが、意外とつらさは感じませんでしたよ。

私は普通にファミリー層が多い焼肉店に1人で特攻したこともありますけど、お肉を目の前にしたからか、かなり楽しめました。

胸焼けしやすいなどの理由でお肉が入らなさそうだとちょっとあれですけど、胃がお肉を求めている場合はクリスマスに感じる怒りの力を動力源にして、ぜひ特攻してくださいね。

あとは回転寿司なんてのもおすすめで、その中でも少し高級感のある回転寿司は割と穴場ですよ。

回転寿司でもカップルと遭遇する可能性はありますけど、食べることに集中していれば意外と気にならないんですよね。

普通の飲食店だとどうしてもカップルの方を意識してしまうものですけど、回転寿司だとどんなネタが回ってるのかとかそっちに気を取られるので、そこまでカップルのことを気にせずに済みますよ。

リーズナブルな回転寿司でも大丈夫ですけど、せっかくなので奮発して高めな回転寿司を選ぶのがおすすめですね。

回っていないお寿司に抵抗がない場合、雰囲気のあるお店で握りを味わうってのもオツな過ごし方だと思います。

クリスマスに一人で旅行する場合の行き先はどこ?

クリスマスの旅行はスケジュール的にちょっと厳しいかなって印象ですが、何とか時間を作れそうな場合は温泉旅行もおすすめですよ。

温泉旅行に行くカップルももちろんいますけど、普通のカップルが旅行で選ぶのはやっぱりいかにもなシティホテルですからね。

もちろん、温泉旅行そのものは非常に魅力的な選択肢なのですが、クリスマスに合っているかと聞かれると……非常に困ります。

はっきり言うとクリスマスのイメージからはちょっと離れていて、そのせいかクリスマスの温泉旅行って割と穴場なんですよね。

最近はインバウンドの増加もあってガラガラとは考えにくいですけど、温泉旅館への日帰り旅行でクリスマスを避けるのも選択肢の1つですよ。

温泉旅館以外だと、各地の漁港を巡っての食べあるき旅なんかもなかなか風情があって楽しめると思います。

カニなど冬ならではの名物がある漁港の場合、都会では味わえないような絶品の魚介類にも期待が持てますからね。

漁港はクリスマスのいかにもな雰囲気がだいぶ薄めなので、スケジュールに余裕がある場合は一人での食べあるきも有力候補ですよ。

今回の記事では1人で行動することを提案させていただきましたが、1人で行動するのが苦手な場合は、1人で飲食店に入りにくいって悩みについてくわしく書いたこちらの記事をおすすめします。

おすすめ記事

まとめ

クリスマスに1人だとなかなか行動しづらいものですが、やれることは色々とありますよ。

勉強を始める、美味しいものを食べる、旅行、この3つはやることが見つからない時にぜひ検討したい過ごし方ですね。

この記事のポイント
  • 来年のクリスマスに向けて、行動心理学などの勉強を始めるのも手。
  • 食事を楽しむ場合、一人焼肉や回転寿司がおすすめ。
  • 温泉旅行、漁港の食べあるき旅など遠出してみるのもおすすめ。

注釈   [ + ]

1. もちろん、清潔感やファッションなどそのままの外見でも変えられるところはあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする