年賀状は手書きと印刷のどっち、一言や宛名はどうすればいいか

この記事は約 8 分で読めますよ。

年賀状は印刷したものでいいのか、手書きで書いた方がいいのか、これは悩むところですよね。

2つを使い分けた方がいいのかなど、年賀状の印刷と手書きについてくわしく解説します。



年賀状は手書きと印刷のどっちがいいの?

まず、前提として印刷した年賀状を送ってはいけないなんてマナーは存在しないのですが、じゃあ印刷でいいとならないのが非常に困るところですよね。

個人的な感覚で言うなら、手書きだから好印象とか印刷だから印象が悪くなるとかそういうことはありません。

しかし、いまだに就職活動や転職活動で手書きの履歴書や職務経歴書が使われているように、手書きを評価する流れみたいなものがあるのも事実なんですよね。

年賀状の場合、印刷して送って「何だこいつは、印刷で送りやがって!」って思われる可能性はありますけど、手書きで送ったら「何だこいつ、手書きで送りやがって!」って思われることなんてまずありませんから、そういう意味では手書きの方が無難ではあります。

手書きの方を好む若い世代もいないってわけではないのですけど、基本的には目上の相手ほど手書きの方が無難なんですよね。

印刷の年賀状でどう反応するか分からない目上の相手とか、会社関係の場合はリスクを避ける意味で手書きの方がいいと思います。

私も会社関係で年賀状を出す時には一部に手書きを取り入れてましたが、こちらの記事でも書いたように字が下手なのでかなり苦労しました。

理想は全て手書きなのかもしれませんけど、年末の忙しい時期に全て手書きなんて現実的ではありませんから、印刷と手書きを合わせるのが基本ですね。

年賀状の印刷に手書きの一言を加えるのってどう?

どこを手書きにしてどこを印刷にするか、これは明確な答えなんてありませんけど、まずあげられる手書き候補は裏面ですよ。

裏面はイラストであったり写真を使うことが多いのでプリンタがあると頼りになりますが、印刷で終わらせるのではなく何か一言を添え書きするのがおすすめです。

一言を付け加えられるスペースを用意して、そこに手書きでメッセージを加えておけば「印刷かよ」って思われるリスクを減らせられます。

裏面には「あけましておめでとうございます」など全員に使い回す文面もありますが、添え書きの部分は相手によって変えた方がいいですね。

ちゃんと「相手のことを思って書きました」的な感じに仕上げたいところなので、そのあたりの気持ちが伝わりそうな一言にしたいところです。

ポイントは「コピペだな」って思われないようにすることで、ダメなのは「来年もよろしくお願いいたします」的な誰にでも使える文面ですね。

だから、送る相手によってじっくりと文面を考えないといけませんが、コツとしてあげられるのはなるべく具体的なエピソードを加えるやり方です。

スポンサーリンク

しばらく会っていないなら「久し振りにお会いしたいですね」的なことを加えるのが定番ですけど、これだけだとしばらく会っていない相手なら誰にでも使えそうな感じもしますよね。

こんな場合は最後に会った時のことを「○○に食事に連れていってもらって以来お会いできていないので~」って加えたり、相手の趣味などを意識して「今度お会いする時は〇〇について聞かせていただきたく~」という感じにすると具体的でいいですよ。

私みたいに字が上手くない場合は、かなりの緊張感がのしかかってくるので大変なのが難点ですけど。

年賀状を手書きするなら宛名がいいの?

私が「印刷だけだとまずいかな」と感じた場合、上の段落で説明した添え書きもやっていましたが、もう1つ手書きをしていたところがあります。

裏面に関しては年賀状作成ソフトとプリンタで印刷していましたけど、住所や宛名などを書く表面は手書きで仕上げていたんですね。

上の段落でも触れたように、裏面のデザインとか文面は基本的には変えないじゃないですか。

よっぽど仲のいい相手にだけは文面を変えたりとかするかもしれませんけど、こう言ったら何ですがコピペみたいに同じデザインや文面で仕上げる場合って多いですよね(たとえ手書きでも)

変える場合も「仕事関係」とか「親戚」みたいにグループ分けして文面を変えるくらいのケースが多く、受け取る方だってそのことは十分に理解している……はずです。

それに対して、宛名の方はある意味でオンリーワンですから、個人的にはこっちを手書きする方が下手に出ている(媚びている)感は強いかなと思っています。

住所はともかくとして、相手の名前を丁寧に書いて送るってのはそう悪いことではありませんしね。

そんなわけで、ちょっと目上の相手で「印刷して送るのは危険かな」って感じる場合、表面の宛名の方を手書きにしてはどうでしょうか。



私の場合、添え書きを除いて裏面は印刷だったのですが、特にそのことについてとがめられたりとかはしませんでしたからね。

全て印刷だと「義理で仕方なく送ってるんです」と感じられる方も珍しくはないかなと思うので、義理ではないんですよとアピールするために手書きを加えておくわけです。

……もっとも、印刷だから義理とか、手書きだから義理ではないっていうのは明らかにおかしな理屈なんですけど、これはそういうものだと思うしかありません。

自宅で年賀状の写真印刷をする場合の注意点についてはこちらの記事で書きましたので、ぜひ合わせてチェックしてくださいね。



まとめ

年賀状って面倒な一面を持っているので、全て印刷で仕上げるのは少しリスクがあるかなって印象です。

あえて気にしないのも手なのですけど、気になるようなら宛名と一言の追加を意識して欲しいと思います。

この記事のポイント
  • 手書きを評価する流れは現在もあり、手書きの方が無難ではある。
  • 年賀状の裏面に、手書きで一言を添え書きするのはおすすめ。
  • 宛名を手書きして、義理ではないことをアピールするのも手。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする