クリスマスプレゼントで妻が30代なら、予算やアクセサリーの注意点

この記事は約 9 分で読めますよ。

30代の奥さんに対してどんなクリスマスプレゼントを贈ればいいか、これは悩むところですよね。

どんなプレゼントがおすすめか、予算はどれくらいがいいのかなどを詳しく解説していきます。



クリスマスプレゼントを贈る妻が30代ならどうすればいいの?

まず、彼女時代と結婚後で無理にプレゼントの内容を変える必要はないので、彼女時代に贈っていた時のことを思い出すのも手ですね。

こちらの記事ではアラサーの彼女に対するクリスマスプレゼントの選び方を書きましたので、ぜひ合わせてチェックしてください。

すぐ上で書いたようにクリスマスプレゼントの内容は結婚前とそう変わらなくてもいいのですが、結婚前と比べると残るものを選びやすいのはいいところです。

アクセサリーなどを贈るなら奥さんの好みをしっかりとチェックしないといけませんけど、少なくとも残るものを贈って重いって思われることはまずありませんからね。

ただし、アクセサリーは個人的にはおすすめはせず、その理由はアクセサリーを贈る機会は後々に色々とあるからです。

銀婚式とか金婚式なんかは聞いたことがあると思いますけど、その手の「結婚○○周年」の記念日って実はかなり多いんですよね。

毎年のように「○○婚式」はやって来るので無理に祝わなければいけないってわけではないですけど、アクセサリーはそっちにとっておくのがおすすめですよ。

特に結婚15年目の水晶婚式(すいしょうこんしき)から25年目の銀婚式までは、アクセサリーが役立つ場面が多いですからね。

結婚記念日との兼ね合いもありますが、結婚記念日に別のプレゼントを贈るならクリスマスプレゼントでアクセサリーってのもありですよ。

クリスマスプレゼントを妻のために用意するなら予算は?

次は予算についてですが、こちらの楽天インサイトが発表した2017年のクリスマスプレゼントのデータを見て欲しいと思います。

予算は4,000円から5,000円が最も多かったのですが、これは既婚者に限定したものではなく全年代の集計ですからね。

お金があまりないと思われる学生も含まれていますので、結婚しているなら1万円から2万円を意識するといいですよ。

1万円から2万円は、4,000円から5,000円に次いで予算の2位にランクインしていますので、30代くらいに限定したらこの予算が最も多くなりそうな気がしますね。

2万円以上を出す割合はグッと落ちるので、できれば1万5千円から2万円くらい、あまり余裕がない場合でも1万円から1万5千円くらいは予算を用意したいところですよ。

奥さんがどんなプレゼントを用意するかにもよりますが、3万円以上はちょっとバランスが取れないかなって思います。

あまりにもプレゼントの予算にズレがあると、気まずく感じたりどちらかが負担を感じたりするものなので、予算は2万円以内に抑えておくのがおすすめですよ。

クリスマスプレゼントはアクセサリーでいいんじゃないの?

では何をプレゼントすればいいかですが、最初の段落で書いたようにアクセサリーはありですね。

スポンサーリンク

個人的には結婚記念日の方が向いていると思っているのですが、彼氏からどんなものをもらいたいかというレッツエンジョイ東京のアンケート結果でアクセサリー類が上位を占めているように、クリスマスプレゼントにアクセサリーを望む声って大きいですから。

何を贈ればいいかですけど、これは奥さんの好みに合わせるのが基本にして最重要ポイントで、好みが分からないならサプライズでは贈らない方がいいです。

こちらのEIKAのサイトでも書かれていますけど、アクセサリーは人気がある一方で、好みでないアクセサリーは「もらってうれしくないプレゼント」の上位の常連ですからね。

安易に「クリスマスプレゼントはアクセサリーでいいだろ」って考えると、かなり危険なんですよ。

だから、アクセサリーを選ぶならあらかじめアクセサリーについてどんなものが好みかを聞き出しておいた方がよくて、デートの時なんかに自然な感じでリサーチしておきたいところです。

もしくは、こちらの記事で書いたように奥さんと一緒に買いに行くなんてのもおすすめですね。

上の記事は彼女にクリスマスプレゼントを贈る場合の記事ですが、奥さんの場合でも使えるやり方ですよ。

サプライズは決まれば高得点ですけど外した時が怖いので、それなら少し点数は下がるけど好みを外さない「一緒に買いに行く」ってのが有効なわけですね。

さすがに毎年のように使える手ではありませんので、来年以降にサプライズで好みのものを贈れるようにしっかりと好みをチェックしておくといいですよ。

アクセサリー以外のおすすめですけど、奥さんが専業主婦なら家事などで疲れているのではないでしょうか。

子育てを抱えているなら余計に疲れていると思われますので、旅行をプレゼントするのはおすすめですよ。

お子さんがいる場合、義実家の方で面倒を見てもらえないかお願いしたりとか根回しをしておくといい感じです。

家事とか子育てから解放されたいと考えてしまうものですから、そのあたりを考えなくていい時間を作ってあげたいですね。

ベタと言えばベタなのですけど、疲れを癒やすって意味では温泉旅行が候補にあがりますよ。

疲れを癒やすという意味ではスパやエステでゆったりとした時間を過ごしてもらうってのもありで、エステ券もいいですね。



専業主婦でなくても年末年始は疲れが溜まる時期なので、リフレッシュを意識したプレゼント選びはおすすめです。



まとめ

結婚前でもプレゼントの時に彼女の好みを意識するのは重要ですが、結婚後もそれは変わりません。

奥さんの好みに合いそうなアクセサリーとか、日帰りの温泉旅行などをプレゼントしてあげてはどうでしょうか。

この記事のポイント
  • 結婚記念日にアクセサリーを回すのがおすすめだが、クリスマスにアクセサリという手も。
  • 予算は2万円以内、できれば1万5千円くらいは用意したい。
  • 奥さんの好みに合ったアクセサリー、温泉旅行などリフレッシュできるプレゼントがいい。
おすすめ記事(広告含む)