宝くじの発表は年末ジャンボでは、日時やネットを使った確認方法

この記事は約 9 分で読めますよ。

年末ジャンボ宝くじを購入したなら、次に気になるのは発表ですよね。

発表はいつなのか、どうすれば結果を知れるかなど年末ジャンボ宝くじの抽選発表についてくわしく解説します。



宝くじの抽選発表って年末ジャンボだといつなの?

どのジャンボ宝くじでも、宝くじの発売期間が終わってから1週間前後くらいに抽選発表があるんですよね。

年末ジャンボ宝くじは全てのジャンボ宝くじの中でも抽選日がいつかが最も分かりやすくて、大晦日に抽選が行われるのが恒例です。

具体的に見ていくと、2016年から2018年の年末ジャンボ宝くじの日程はこんな感じなんですね。

年末ジャンボ宝くじの発売期間と抽選日
  • 2016年 発売期間11月24日(木)~12月23日(金) 抽選日12月31日(土)
  • 2017年 発売期間11月27日(月)~12月22日(金) 抽選日12月31日(日)
  • 2018年 発売期間11月21日(水)~12月21日(金) 抽選日12月31日(月)

年末ジャンボ宝くじの発売時期はその年によってやや違いますけど、期間は11月下旬の20日~27日くらいからの約1ヶ月間って感じです。

そして、抽選日は最初から大晦日の12月31日に固定されているので、年末ジャンボ宝くじの発表も大晦日の楽しみの1つってわけですよ。

毎年、大晦日は大掃除の最後の仕上げをしたりとか、ゆったりと何のテレビを見ようか迷ったりとかするものですけど、何気に年末ジャンボ宝くじのにも注目したいところですね。

年末ジャンボの結果発表の日時って?

次は大晦日のいつに発表が行われるのかですが、まず抽選が行われる場所は一定ってわけではありません。

2016年は赤坂ACTシアター、2017年は「東京オペラシティ コンサートホール」って感じで会場は異なっています1)東京厚生年金会館、赤坂ACTシアターといった感じに移り変わっています。しね。

ただ、時間の方は年によって特に変わらず、お昼前には運命の年末ジャンボ宝くじの当選結果が発表されますよ。

あくまで過去はそうだったってだけなので今後は分かりませんが、基本12時には発表されていると考えてくださいね。

今もやっているのかはちょっと分かりませんが、2010年くらいまでは間違いなくNHKで年末ジャンボ宝くじの抽選会が中継されていました。

放送は、昼の11時45分から12時までだったと記憶していますので、昼食時にはもう当選番号が確定しているんですよ。

こちらは2015年に行われたニコニコ動画による抽選発表の生放送告知ですが、生中継は11時30分からと残っているので、ここから12時までの間に運命が決まるわけですね。

……あんまり意識しすぎると何も手につかなくなるかもしれませんので、何か用事があるならそわそわしすぎないように意識したいところです。

こちらの記事では年越しそばの由来について書きましたが、縁起担ぎのため少し早めに「年末ジャンボ宝くじが当たりますように」と祈りつつ年越しそばを食べるなんてのもありかもしれませんよ。

上の記事でもくわしく取り上げましたが、年越しそばは金運アップの縁起物として食べられはじめたなんて説もあるくらいですからね。



年末ジャンボの発表ってネットで知れるの?

この年末ジャンボ宝くじの抽選を生中継で見る意味があるかは……何とも言えませんけど、上の段落で紹介したようにニコニコ動画の方では中継があったようなので、気になるなら大晦日には生中継の予定をチェックしてほしいと思います。

スポンサーリンク

実際に抽選の場面を見たい場合は生放送がないか確認するのがいいのですが、単純に結果を知るだけならもっと楽です。

みずほ銀行の方でも、各種メディアの方でも年末ジャンボ宝くじの当選番号は発表されますからね。

年末年始ってそんなにニュースが多くはありませんから、年末ジャンボ宝くじの当選番号は何番っていうのは格好のネタなんです。

だから、特に意識していなくても年末ジャンボ宝くじの番号に関するニュースが入ってくるってこともあると思いますよ。

Twitterとかやってたら、トレンドに「年末ジャンボ宝くじ」が入ってくるなんてあり得る話ですし。

仮にインターネットに接続できなくても、元旦の新聞には年末ジャンボ宝くじの結果が間違いなく掲載されているので、遅くても元旦には結果が知れるはずです。

本当にリアルタイムで知りたければ生中継で確認するのがベスト、なるべく早めに知りたければ12時すぎくらいからインターネットで「年末ジャンボ 当選」みたいなキーワードで検索するって感じですね。

宝くじの交換には期限がありますけど、およそ1年後までは大丈夫なので無理してすぐにチェックする必要はありません。

さすがに2ヶ月、3ヶ月くらいが過ぎるとそのまま交換を忘れてしまうなんて恐れも出てきますが。

もったいないとしか言いようがないのですが、ジャンボ宝くじの1等が交換されないまま期限を過ぎてしまうなんて意外とよくある話ですしね。

当選していた場合に最も避けたいのは忘れてしまうことなので、1月中くらいには確認しておきたいですが、年明けの3日、4日くらいに確認しても遅くはありませんよ。

みずほ銀行など色々なところで結果は残り続けるので、ちょっと遅れても検索すればすぐに結果は確認できますから。

今回は抽選方法の記事ではないのでくわしくは書きませんでしたが、年末ジャンボ宝くじの抽選はこんな感じで行われていますよ(以下はANNによる公式のニュース動画です)

あまり積極的に告知をしていないようですが、宝くじ公式サイトではジャンボ宝くじの抽選会の入場希望者を募集しています。

すでに年末ジャンボ宝くじの販売が終了しているなら手遅れでしょうが、生で抽選の現場を見てみたい場合は来年以降に宝くじ公式サイトのニュースをチェックしてくださいね(締め切りは抽選日の2週間くらい前だと思われます)



まとめ

少しでも早く年末ジャンボ宝くじの結果を知りたい、そんな場合は大晦日の昼頃にインターネットで調べるのがいいですね。

後回しにしてもそう問題はないですけど、どうしても気になるなら早めに検索してはどうでしょうか。

この記事のポイント
  • 年末ジャンボ宝くじは、大晦日に抽選が行われる。
  • 大晦日の昼、12時までには年末ジャンボ宝くじの抽選が終わる。
  • インターネットでの生中継、みずほ銀行などの発表をチェックすればすぐ結果が分かる。

おすすめ記事(広告含む)

注釈   [ + ]

1. 東京厚生年金会館、赤坂ACTシアターといった感じに移り変わっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする