年越しそばの種類は冷たいのでもいいのか、具材で選びたいのは

この記事は約 8 分で読めますよ。

1年の締めくくりのイベントと言っても過言ではないのが年越しそばですけど、どのそばを食べればいいかってちょっと迷いますよね。

冷たいそばがいいのか温かいそばがいいのかなど、年越しそばの種類についてくわしく解説していきます。

年越しそばの種類って決まってるの?

まず結論から書くなら、年越しそばで「これはダメ!」みたいなNG項目は現在ではありませんよ。

昔は年越しそばと言えばもりそばやざるそばが一般的だったのですけど、現在はどれでもいいって感じですね。

12月31日の大晦日には、ニュースで年越しそばの有名店の映像が流れたりするものですが、温かいかけそばとか天ぷらそばが映るなんてこともよくあります。

昔はもりそばやざるそばが年越しそばとして一般的でしたが、これらじゃないとダメみたいな決定的な理由ってのは見当たらないんですね。

こちらの記事では年越しそばの由来について書きましたが、年越しそばの由来はいくつもあってどれが正しいかは今となってはよく分からないんですよ。

よく言われるのは細く長いそばは長生きにつながると考えられていたって説で、別の説ではそばが切れやすいことから、1年の悪いものを断ちきれるみたいな意味合いがあったのではないかとされています。

とりあえずこれらの説が正しいと仮定しますが、かけそばも、もりそばやざるそばも長くて切れやすいってのは変わりませんからね。

だから種類はどれでもいいはずなんですが、そばの旬は11月から12月なので、年末はそばの美味しさが存分に楽しめる時期です。

その時期に、もりそばやざるそばで美味しさを味わうって習慣ができあがったものと思われますよ。

かけそばだとそばの美味しさを楽しめないってわけじゃないですけど、汁の影響が強いのは事実ですからね。

もっとも、これらはあくまで昔の話なので、上に書いたように現代では好きに選んでも大丈夫です。

年越しそばって冷たいの、温かいののどちらがいい?

そんなわけで好みで選んじゃってもいいのですが、ポイントはもりそばやざるそばを12月31日に食べる気になれるかって点ですよね。

あえてエアコンがきいている部屋で冷たいもりそばやざるそばを食べるってのも悪くはないでしょうし、何かエアコンの中でアイスを食べるみたいな魅力はありそうな気がします。

ただ、エアコンとアイスを合わせるのはありでも、寒い中でもりそばやかけそばってなかなか手が伸びないかなとは思いますね。

いくらもりそばやかけそばを美味しくいただける時期であっても、ちょっと厳しいところです。

スーパーで買ってくるそばを茹でて作ることが多いと思いますけど、これだと旬もほぼ関係ないですからね。

そこまで年越しそばとかそば自体に思い入れがないなら、普通に温かいそばの方がいいかなと思います。

大晦日にものすごく暖かいなんてケースはまずないでしょうから、どのタイミングで食べるにしても温かいそばの方が安心感はありますね。

あと、何気にもりそばやざるそばは器をどうするかって点も問題で、雰囲気を出すならそば皿や竹スダレが欠かせません。

これらを持っている場合も、大掃除で奥の方にしまったなんてケースが多そうですし、そういう意味でも温かいそばの方が無難な気はしますね。

もちろん、そば皿や竹スダレが必須ってわけではないですし、冷たいそばを大きめの深皿に盛りつけるのもありなのですが。

スポンサーリンク

一方で、年越しそばをどこかお店で食べるなら、あえて冷たいそばを選択するってのも手だと思いますよ。

本格的なそばの香りとか触感を楽しむ、もしくは昔ながらのやり方を重視するみたいな感じですね。

年越しそばの具材で入れたいものって?

年越しそばは具材の方も自由なので、天ぷらや鶏肉など好みの具材、薬味を入れていけば大丈夫ですよ。

自由にしてくださいではあれなので、年越しそば向きなものを紹介していきますが、まずはえび天ですね。

最初の段落で書いたようなニュース映像では、大きなえび天が映ることが多い気がします。

このえび天……というよりエビ自体がですが、長寿の象徴とされることが多い縁起物なんですね。

お正月にも欠かせない食材ですし、少し早めにですが年越しそばにもぜひ入れておきたいところですよ。

私の実家でよくそばに入っていたのがかまぼこで、子供の頃から特に理由は分からないけどかまぼこを食べてきました。

正直、縁起がいいからかまぼこを入れていたとは思えないのですが、日の出のように見える形などから縁起物としての一面もあるんですね。

紅白のかまぼこの場合、紅白自体がそれだけで縁起がいいとされていますから、紅白のかまぼこを1つずつ入れるのもありだと思いますよ。

えび天が入っているなら、かまぼこの方まで食べるのは苦しいかもしれませんので、好みでどちらかを入れておくのがおすすめです。

これらの具材がないって場合は、シンプルに卵を入れて月見そばにしてしまうのもありですね。

ちょっと苦しいかなとも思いますけど、卵の黄身は金色っぽいので縁起がいいとされていますから。

どのタイミングで年越しそばを食べるのかも悩むポイントですが、こちらの記事では年越しそばを食べるタイミングについて書いたので、ぜひチェックしてくださいね。


おすすめ記事

まとめ

年越しそばは冷たいものがいいのか、温かいそばがいいのかで悩むものですが、どちらでも問題ありませんよ。

現実的に考えれば温かいそばの方が選ばれるかと思われますので、困ったら温かいそばと縁起がいい具材を合わせてみるのがおすすめです。

この記事のポイント
  • 昔はもりそばやざるそばが年越しそばの定番だったが、現在は好みで選んでも大丈夫。
  • 冷たいそばは時期的につらいので、こだわりがなければ温かいそばの方がおすすめ。
  • えび天やかまぼこは縁起がいいとされており、卵を加えるのも手。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする