1人で飲食店に入れないなら、おすすめの店や予約などの注意点

この記事は約 9 分で読めますよ。

どうしても1人で飲食店に入りにくい、これは困りますよね。

1人でも気にせずに飲食店に入れるようになるために何をすればいいか、体験談をベースにくわしく解説します。



1人で飲食店に入れないならどうすれば?

私自身は精神的な疲れとか起こしやすい方なのですけど、1人での行動ってそんなにしんどいとは感じなかったんですよね。

だから、そこまで苦労したことはなかったですし、大学生の時には1人で行きつけのカレー屋さんに通っていたら何も注文していないのにビーフカレーが出てきたなんてこともありました(本当はカツカレーを注文したかったけど、お金がなくてビーフカレーばっかり食べていたので)

どうすれば1人でも飲食店に入れるかですが、これはもう一種の開き直りが必要なんですよね。

「飲食店には誰かと行くもの、1人で行くなんておかしい、1人で行ったら笑われるんじゃ」みたいな固定観念があると、どうしても1人では足を伸ばしづらいものです。

店の種類にもよるので断定はできませんけど、飲食店なんかおひとりさまってかなり多いですからね。

ちょっと格式高いお店に関しては、おひとりさまが減る傾向はある気がしますけど、普通の飲食店なら気にしないでOKです。

……と言いましたけど、それで解決するなら苦労はしないわけで、不安ってのはそう簡単には消えてはくれません。

じゃあどうすればいいかですけど、まずは上で触れた「飲食店には誰かと行くもの」みたいな固定観念をどうにかする方法で、こちらの記事で書いた「嫌われる勇気」を読むことをおすすめします。

こちらの本はアドラー心理学について分かりやすく取りあげていますけど、実践的な本かと言われると困るところです(記事内でも似たようなことは書きましたが)

上下関係の強い日本では使えない場面が多いのですけど、読むと何か楽になるって効果はあると思いますよ。

会社などではともかく、飲食店に1人で行くみたいな上下関係がないシーンでは役立つので、ぜひだまされたと思って読んでみてはどうでしょうか。

1人で入りやすい飲食店のおすすめは?

1冊の本で人生が大きく変わるなんてこともありますが、まるで変わらないなんてことも十分にありうるんですよね。

どちらにしても行動なしで生まれかわるなんてできませんから、あとは実際に飲食店に行ってみるしかありません。

まず、飲食店の種類はかなり大事で、男がスイパラに突撃するなんてなかなかハードルが高いですからね。

これは1人がどうこうって話じゃなくて、2人だろうが3人だろうが4人だろうが同じことです。

かなり極端な例を出しましたけど、やっぱり1人で行きやすいお店と行きにくいお店はあります。

まずは1人で行きやすいお店から始めて慣れていくのがいいのですが、個人的におすすめしたいのはコンビニです。

「いきなりコンビニとか何を言いだすんだこいつ」って思われるかもしれませんけど、意外とありだと思いますよ。

まず、コンビニに1人で入れないなんてことは栃木県の変態セブンみたいな特殊な例をのぞいてないでしょうから、昼食時にイートインスペースを利用してみるってのはありです。

イートインスペースって割と使われていますけど、それでもコンビのメインはあくまで買い物とかですよね。

コンビニで食事をするのはある意味では異質なんですけど、実際にやってみると誰もイートインスペースの方なんか気にしませんよ。

買い物がメインの場所ですら気にされないのですから、食事を楽しむ飲食店で気にされるわけがありません。

スポンサーリンク

こんな感じでコンビニのイートインスペースで軽く「1人でも大丈夫なんだ!」的な自信をつけてから、飲食店に行ってみるといいですね。

ファミレスもおひとりさまは割と多いのですけど、ファミリー層も割と多いので最初は避けた方がいいかなとは思います。

どちらかと言えば個人経営の飲食店より、全国展開しているチェーン店からの方がハードルは低いですかね。

私は玉ねぎが嫌いなので牛丼屋さんにまず行きませんけど、牛丼チェーンはおひとりさまも多くておすすめかなと思いますよ。

あとはカレーのココイチもおひとりさまは多いので、このあたりの飲食店で経験値を稼いで慣れていきましょう。

飲食店を1人で予約するのってありなの?

飲食店に予約をして自分を追いこんでみるってのも1つの方法ではありますけど、ドタキャンにつながりかねませんからね。

とりあえずは、上の段落で書いたように気軽に行けそうなお店で慣れていくのをおすすめします。

慣れてきたら、予約するかどうかは別として飲食店の予約サイトを使ってみるのはありですよ。

たとえば、こちらのヒトサラでは「1人でも入りやすいお店」みたいな特集がありますから、1人でも行きやすそうな店が分かるわけですね。

このようなおひとりさま歓迎のお店であっても1人では入りづらい場合があるので、お店のジャンルと合わせてチェックしたいところです。

上の段落で書いたスイパラなどのケーキバイキング系は男1人では入りづらいですし、男女関係なく焼肉店もちょっときついですかね。

クリスマスの男1人での過ごし方の記事内で焼肉店をおすすめする内容を書いたように、私は1人でも焼肉店には行くのですが、どうもかなりハードルが高いようです。

あとはシンプルに高いお店も危険、ドレスコードがあるかどうかはともかく、そういうのを調べた方がいいかなって感じられるお店はちょっと厳しいかなと思います。

こういうちょっと厳しそうなお店はなるべく避けて、RPGのレベル上げをするように入りやすいお店から経験を積んでいくと、そうそう気が引けるなんてことはなくなるはずですよ。

1人で飲食店に行きにくい場合、孤独感のようなものを常に感じているなんてこともありうるので、こちらの記事で書いた孤独対策を合わせてチェックしてほしいと思います。



まとめ

飲食店の入りにくさの原因は色々とありますが、チェーン店でも1人で入りにくいようなら自分を変えていくのがおすすめです。

紹介した本を読んでみたり、コンビニから始めてみたりと対策をして慣れていってくださいね。

この記事のポイント
  • まずは、おひとりさまに対する固定観念をどうにかできないか試してみたい。
  • コンビニのイートインスペース、牛丼のチェーン店などで1人に慣れたい。
  • 予約で自分を追いこむのは避けて、難易度の低そうなところで経験値を詰むのがいい。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする