親戚へのお年玉は何歳から何歳までか、断ることはできるのか

この記事は約 9 分で読めますよ。

お正月に親戚の子に会うならお年玉をあげるのが普通ですが、何歳から何歳までの子にあげればいいかは迷うところですよね。

何歳から何歳までの子にあげた方がいいなどのルールはあるのか、断ることはできるのかなどくわしく解説します。



親戚へのお年玉は何歳からがいいの?

まず、ルールがあればよかったのですけど、何歳から何歳までの子にはお年玉をあげるべきみたいなルールはないんですよね。

ただし、一般常識みたいな感じで親戚の子にはお年玉をあげるものなので、あげないという選択はなかなか取りづらいものです。

そのため、基本的にはお年玉をあげる方向で調整するのですけど、困るのが0歳から2歳くらいの子ですね。

3歳くらいなお年玉をあげて「ありがとう」みたいなお礼が返ってくるものですけど、2歳くらいまでだとそうもいきませんから。

先に書いたように明確なルールはないのですが、そのせいでこういう小さな親戚の子に関してはだいぶ判断が分かれるんですよね。

当然ながら本人に渡すってわけにもいきませんから親御さんに預けるみたいな感じで渡すか、もしくは渡さないか、これはかなり難しいところです。

どちらが正解とかはないのですが、個人的には0歳のような小さな子であっても渡すようにはしています。

すでに自分のお子さんがいて、まだ小さい時にお年玉をもらったとかもらえなかったとか、そういう事情があるかもしれませんが、基本的にお年玉をもらったからあげるみたいには考えない方がいいと思いますよ。

私なんかはそもそも結婚すらしていないのですが、そこは気にせずにお年玉はあげていますしね。

現時点では、子供がいない私の場合は見返りなんて特にないのですけど、見返りを気にしてあれこれ行動するのもあれですから。

私が0歳から2歳くらいまでの物心がついていない頃、お年玉をもらっていたかはちょっと分かりませんが、お年玉をもらって育ってきた以上は(相手の年齢に関係なく)私からもあげた方がいいかなって感覚ですね。

親御さんによっては「小さい頃は遠慮します」みたいな考えの方もいらっしゃいますし、そういう場合は無理にはあげないですけど、基本はあげる感じです。

あげないのが間違いってわけでもないですが、そういう場合は自分の子供の場合も「~歳まではお年玉はお断りします」みたいに方向性を決める方がいいですよ。

自分の子供の場合は0歳からお年玉をもらうけど、親戚の小さな子供にはあげないではやっぱり周囲も納得しにくいと思いますしね。

そんなわけで、あげるなら0歳からでもOKで、親御さんの意向があるならその年齢からって感じでいいと思いますよ。

親戚へのお年玉は何歳まで?

何歳からお年玉をあげればいいかも迷いますが、何歳までお年玉をあげればいいかも困るところです。

お年玉を何歳まであげればいいかは、こちらの記事でもくわしく書いたので確認してほしいと思います。

明確なルールはないので、それこそ30歳や40歳になってもお年玉をあげるってのも絶対になしってわけではありません。

ただ、現実的に考えるならそういうことがあるのは芸能界とか、お年玉をあげる側がよっぽどのお金持ちくらいではないでしょうか。

私も(あげるかどうかは別として)ぽんと10万円くらいあげられるようになりたいものですが、それはともかくとして20歳前後までお年玉をあげるパターンが多いですね。

18歳、20歳、22歳の3つが代表的なタイムリミットって感じで、大学を卒業するくらいまでならそう不自然な感じはありません。

高校や専門学校などを卒業後に働きはじめているケースもありますから、最初から「何歳まではあげる、それ以降はあげない」みたいに決めておくといいかなと思いますよ。

個人的には20歳までと決めているのですが、これはきりがいいから以外に特別な理由はありません。

スポンサーリンク

元々、明確なルールはないのですから、18歳から22歳の間くらいまでで決めておくといいですよ。

お年玉を親戚に断るのってありなの?

お年玉をあげるのが普通ですが、何らかの理由でお年玉をあげたくないと感じられることがあるかもしれません。

親戚の子が多いと単純に出費が痛いとか、親戚とあまりいい関係ではないとか、過去にあげたけど子供からも親御さんからもお礼がなかったとか、こんなところがパッと思いつきましたね。

最初に書いたようにお年玉をあげなければいけないという理由はないので、嫌なら子供の年齢に関係なく断るのも手ではあります。

大抵の場合は甥か姪にお年玉をあげるものですから、兄弟姉妹と仲が悪ければあげたくないと感じるのもそうおかしなことではありません。

お年玉を断ることでよりこじれる可能性はありますが、どうしても嫌なら断ってもいいとは思います。

その分、親戚関係の集まりに顔を出しづらくなる可能性はそれなりにありますので、そこをどう考えるかがポイントですね。

次に、お礼を言えないなど相手の態度に問題がある場合は、こちらも断っていいかなと思います。

こちらもその後の親戚関係に影響が出る可能性はそれなりにありますが、そういう相手との関係を続けることによるリスクはありますからね。

人間関係の問題の場合、相手じゃなくて自分に問題があることも珍しくはないので、単純に「あいつが悪いんだ!」みたいな思考になるのはおすすめできません。

ただし、冷静に考えてもどうしてもお年玉をあげたくないと感じるのなら、無理してまであげる必要はありません。

ある意味で最も困るのは経済的な理由によりあげたくないって場合ですけど、これは開きなおって「あんまりお金がない」って言っちゃうのもありだと思います。

それを言われる側もかなり困るはずですが、今は低収入の貧困層が拡大しつつありますからね。

さすがに子供の前で言いだす必要はないですが、あらかじめ親御さんの方にお年玉がきついってことを言っておくのはどうでしょうか。

屈辱的に感じられるかもしれませんが、お年玉をあげるのが習慣になっては、来年以降にまた負担を感じますからね(来年には状況が改善している可能性もありますが)

こちらの記事で相場について書きましたが、年齢が上がればお年玉の額も上がっていきますし。



まとめ

お年玉をあげる年齢は何歳から何歳までか、これは明確な正解がないからこそちょっと悩むんですよね。

基本的には20歳前後までならあげてOKなのですが、小さい頃はあえてあげないというのもありですよ。

この記事のポイント
  • 判断が分かれるが、お年玉は0歳からあげてもいいし、しばらくはあげないのもあり。
  • 18歳から22歳までのタイミングでお年玉をあげなくなることが多い。
  • お年玉をあげたくない場合は断るのもありだが、理由によっては関係は悪化するかも。

おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする