バレンタインに彼氏に和菓子はありか、手作りでおすすめなのは

この記事は約 10 分で読めますよ。

バレンタインで彼氏に贈るもの、それは誰もがチョコレートと答えると思います。

クッキーとかマカロンとかケーキとか、そういうチョコレートの要素が入っている洋菓子を贈るのが定番ですけど、洋菓子じゃなきゃダメって決まっているわけではありません。

バレンタインに洋菓子ではなくあえて和菓子を贈るなんてのはありなのか、これは気になるところですよね。

今回の記事では以下の3つのポイントを中心に、バレンタインと和菓子についてくわしく取りあげます。

今回の記事で取りあげるポイント
  1. バレンタインに和菓子を贈ってもいいの?
  2. 手作りと市販ならどっち?
  3. 手作りでおすすめの和菓子は?


バレンタインの彼氏へのプレゼントが和菓子ってどうなの?

バレンタインは人気のイベントですけど、こうしなきゃダメってルールなんてのはありませんから、和菓子でもOKですよ。

洋菓子よりも和菓子の方が好きって彼氏に、無理に洋菓子を贈ってもいいことはないですしね。

ただし、彼氏が甘いものなら洋菓子でも和菓子でもOKって場合、和菓子の方がいいかはかなり難しいところです。

男性の意見を口にできるほど実例を見てきたわけではないですけど、私たち男性って味の好みでも割と保守的なところがあるんですよね。

気にいったものをずっと食べつづけても苦にならない、みたいなタイプは男性に多い気がします。

そういう意味では、すでに「バレンタインはチョコレートを使った洋菓子」みたいなイメージが固まっている以上、和菓子だとガッカリされる恐れもなくはないかなって印象なんです。

彼氏が和菓子の方を好んでいるなら和菓子でOKなのですが、和菓子と洋菓子のどちらでも食べるって場合は……洋菓子の方がいいかなと個人的には思います。

特に、付きあって初めてのバレンタインみたいな場面では、基本的に洋菓子の方がおすすめですね。

ただし、2年目以降の場合は和菓子ってのもありで、バレンタインの和菓子は新鮮さがありますから。

いくら保守的なところがあるとしても、やっぱりチョコレートばっかりってのはちょっと飽きてくるものです。

マンネリだとドキドキ感もちょっと欠けてきますから、彼氏が和菓子を嫌いでないのならタイミングを見て和菓子をプレゼントするのはありですよ。

バレンタインに和菓子を手作りするなら何がいい?

和菓子をプレゼントすると決めたら、次の問題は何を用意するか、手作りか購入かってところですけど、基本は購入してのプレゼントですね。

洋菓子と比べると和菓子の方が作りやすいって面はあるのですけど、本格的に和菓子を作るのってなかなかハードルが高いんですよ。

個人的なイメージも入っていますけど、洋菓子の方は理想の味から少し離れていてもOKなのに対して、和菓子はこのOKのゾーンが狭いんですよね。

より職人技が求められるところがあるので、和菓子を作った経験がなければ購入してもいいと思いますよ。

こちらのバレンタインの記事でも書いたように、今は手作りの方がうれしいって時代でもなくなりつつありますしね。

和菓子を購入するなら、こちらのチョコせんべいは意外性もあって食いつきがいいんじゃないかと思います。

どうしても手作りしたい場合のポイントは何を作るかですけど、難易度を考えるとおすすめするのはようかんですね。

彼氏があんこが苦手ならあれですけど、味に癖もないですし、シンプルなようかんはかなり作りやすいですから。

材料費もそんなにかかりませんので、あんまりお金がないって場合は手作りのようかんも選択肢に入れておきたいところです。

スポンサーリンク

シンプルなようかんについては、こちらのkurashiruのレシピが分かりやすくていい感じですので、本番前にぜひ試してみてくださいね。

音声こそありませんけど、動画で手順を解説してくれているので初めてでもいい感じにようかんが作れますよ。

バレンタインの和菓子でおすすめなのは?

初めての場合はシンプルなようかんをおすすめしましたが、よりバレンタインらしさを出すならチョコようかんなんてのもありですね。

チョコレートでも和チョコなんて人気がありますし、和菓子に洋菓子の要素をミックスさせて雰囲気を出してみてはどうでしょうか。

こちらの「DELISH KITCHEN」に基本のチョコようかんレシピと解説の動画がありますが、チョコレートを入れてもようかんの作り方は変わりませんから、手作り経験があるならすぐにできますよ。

基本を押さえれば、あとは使うチョコレートに合わせてあんこの量を調節したりってのもできますし。

彼氏が甘いのがそんなに得意じゃないなら、ダークチョコレートで作ってあげるのもいいですね。

チョコようかんはパッと見た感じで和菓子に見えないのがちょっとマイナスポイントなので、見た目で和菓子ってところをアピールするならチョコ大福がおすすめですよ。

動画つきのチョコ大福のレシピだと、こちらのkurashiruに掲載されているレシピが分かりやすいですね。

チョコレートの手作りでもそうですが、手作りは市販の品と違って消費期限がはっきりしていませんから、なるべく早めに食べようにしたいところです。

何なら、どちらかの自宅でコーヒーと合わせて一緒に食べてみるってのもいいと思いますよ。

「和菓子とコーヒーを合わせるって正気なの?」って思われそうな気がしますが、こちらの記事で書いたように和菓子とコーヒーの相性って悪くないんですよね。

個人的には、普通のようかんとコーヒーの相性はそんなによくない気がしたのですが、チョコレートを使っているならよりコーヒーと合うはずですよ。



まとめ

オーソドックスなチョコレートの洋菓子の方がいいかなって感じられる場面もありますけど、和菓子を贈るのもありです。

扱いはちょっとむ難しいですけど、ようかんのように簡単に作れるものもありますし、和菓子を贈るならこの記事を参考にバレンタインを成功させてくださいね。

この記事のポイント
  • 洋菓子の方が安定感はあるが、マンネリ防止の意味合いなどで和菓子を贈るのもあり。
  • 和菓子は購入する方が無難だが、ようかんのように作りやすいものもある。
  • チョコようかんやチョコ大福など、和菓子とチョコレートを合わせるのもあり。
おすすめ記事(広告含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする