バレンタインのチョコが苦手なら代わりは、プレゼントでお菓子以外は

この記事は約 9 分で読めますよ。

チョコレートって、私たち男性の間ではだいぶ好みが分かれるんですよね。

そもそも、お菓子は全体的に好き嫌いが分かれやすいので、チョコレートを受けつけないってのは珍しい話ではありません。

バレンタインデーにチョコレートをあげたいって思っている女の子からすれば、相手の男性がチョコレートを嫌いだとかなり困りますよね。

今回の記事では以下の3つのポイントを中心に、チョコレートが苦手な男性に何をあげるのがいいかをくわしく取りあげます。

今回の記事で取りあげるポイント
  1. 全く甘くないお菓子の方がいいの?
  2. 甘さ控えめのお菓子だと何がいい?
  3. お菓子以外のプレゼントってありなの?

バレンタインにチョコが苦手な相手には何を贈れば?

当然ながらチョコレートが使われているお菓子は外すとして、甘みが強いものをどうするかは悩むところです。

チョコレートは嫌いだけど甘いものは好き、チョコレートが嫌いというより甘いものが全体的に嫌い、このどちらのパターンもありえますからね。

そのあたりはバレンタインデーより前に聞きだしておくのが理想ですけど、よく分からない場合は甘いものを避けるのがいいですよ。

甘いものは好きってパターンもありますけど、もし甘いものが全体的にダメだった場合のリスクを考えると、甘さは控えめにする方が無難なところですね。

最初から甘いものが大嫌いだって分かっているなら、おすすめなのはせんべいとかおかきです。

明らかにバレンタインデーっぽくはないところは気になるかもしれませんけど、印象には残りますね。

たとえば、こちらの「クアトロえびチーズ」は見た目がせんべいっぽくなくて、それどころかインスタ映えするオシャレさもありますよ。

【志満秀】 クアトロえびチーズ 12枚入り 4種類(おとりよせ 海老煎餅 チーズ)

当然ながら甘くはないので、相手の男性がチョコレートを苦手としているならぜひ検討してほしいですね。

バレンタインチョコの代わりに使える甘さ控えめのものは?

全く甘くないお菓子もありますけど、やっぱりお菓子である以上は多少は甘さがあるのが普通です。

本当に甘いのがダメなら、上の段落で書いたせんべいとかあられなど、それと下の段落で書く「そもそもお菓子はなし」パターンを試してほしいですが、そこまででないなら甘さを控えめにしたお菓子は有力な選択肢ですよ。

甘さ控えめならだいぶ選択肢も広がりますが、まずは和菓子つながり……ってわけではないですけどようかんです。

バレンタインデーに、彼氏に和菓子を贈るのはありかって記事ではようかんについても書きましたが、ようかんは基本的に甘いですよね。

しかし、甘さ控えめなようかんも多く、そこそこ値が張るものほど甘さは控えめな傾向があります(実体験による感想)

具体的に商品名をあげるなら、こちらの「御菓子所 まつ月」の柿を使った「眠り柿 ずくし」は甘さ控えめで食べやすいですよ。

【1855年創業の老舗】まつ月 眠り柿ずくし1本柿羊羹 ようかん 羊かん 干柿 渋柿 完熟柿

和菓子が続きましたが、洋菓子ならやっぱり定番のクッキーは押さえておきたいところですね。

チョコレートなど甘みが強い食材を使わなければ、クッキーの食感がより引きたってくれます。

クッキーは手作りもやりやすく、お菓子の中では日持ちするのもありがたいところですね。

スポンサーリンク

もしクッキーを手作りするなら、こちらのkurashiruのレシピ動画をチェックしてはどうでしょうか。

クッキーは手作りが簡単な部類ではありますけど、食感をいい具合にするのはなかなか難しく、最初のハードルは低いけど上を目指すなら急にハードルが上がるってタイプです。

甘さ控えめのクッキーはシンプルだからこそごまかしもききませんし、市販のクッキーを購入するのもありですよ。

ルタオのクッキー「小樽色内通り フロマージュ」は甘さ控えめで、甘いのが苦手でも食べやすく仕上がっています。



本命にはちょっと使いづらいかもしれませんが、義理チョコの代わりとして「タネビッツ」なんてのもありですよ。

誰もが知っている……はずの柿の種を高級にしたもので、物珍しさって意味でもいい感じです。

何しろ、実店舗だと大阪の阪急百貨店うめだ本店でしか販売されていないので、かなりレアなんですね(2018年11月現在)

通販でならこのレアなタネビッツを購入できるので、おつまみ的なものが好きそうな相手に贈るのはありですよ。

亀田製菓 柿の種 ギフト プレミアム タネビッツ TANEBITS 阪急百貨店 コラボ 限定 選べる7種 単品売り 秋冬_プレゼント ギフト

バレンタインにチョコなどお菓子以外をプレゼントするのはどう?

ここまでお菓子に分類されるものを紹介してきましたけど、そもそもチョコレートが苦手なら無理に食べ物を贈らないってのも1つの方法です。

義理の場合、お菓子だからこそ気軽に受けとってくれる面があるので、お菓子以外は少しきついですかね。

気軽に受けとれるくらいの価格で、かつ実用的なものがあればいいのですけど、ちょっと選択が難しいところです。

前振りなしにメンズコスメを贈るのは「これを使わないといけないってことか?」みたいに不機嫌にさせる恐れがありますけど、相手が美容に興味があってそういう会話もしているなら、メンズコスメもありかなと思います。

チョコレートを贈る前提の話ではありますけど、こちらの義理チョコの記事では予算について書いたので、ぜひ参考にしてくださいね。

本命の相手でも同じように前振りなしはやめた方がいいですが、美容に興味がありそうならメンズコスメを贈るのも手ですよ。

他に本命の相手向けなプレゼントとしては、定番ですけど靴下もありで、もしこれが男性から女の子に贈るのなら「やめといた方がいいって」ってアドバイスします。

ただし、私たち男性はそんなに靴下にこだわらないなんて場合も多いですから、身につけるものなら靴下は有力候補ですよ。

同じくらい定番なのがネクタイですけど、こちらは本人の好みとか、周囲からの視線を意識しながら身につけるアイテムですから、よほど好みを知りつくしていない限りは避けた方がいいかなと思います。

財布も好みにあわないものを贈ってしまう危険性があるので、小物ならパスケースの方がおすすめですよ。


おすすめ記事

まとめ

バレンタインデーはチョコレートを使うお祭りなので、チョコレートを使えないとかなり大変です。

全く甘くないお菓子、甘さ控えめなお菓子、そしてお菓子以外のプレゼント、これらから候補を見つけてくださいね。

この記事のポイント
  • せんべいやおかきなど、甘さをほぼ感じられないお菓子を選ぶのもあり。
  • 甘さ控えめのようかんやクッキーもプレゼントの有力候補。
  • 本命の相手にはお菓子を避け、靴下やパスケースを贈るのもあり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする