宝くじのネット購入のやり方について、メリットもくわしく解説

この記事は約 12 分で読めますよ。

宝くじ売り場は全国各地にありますので、宝くじ売り場を利用すること自体は割と簡単なんですよね。

しかし、インターネットを通してポチッとクリックするだけで通販が利用できるようになっている以上、もっと楽に宝くじを購入したいって思ってしまうものです。

通販みたいにインターネットから簡単に宝くじを購入できるのか、これは気になるところですよね。

今回の記事では以下の3つのポイントを中心に、インターネットでの宝くじ購入についてくわしく取りあげます。

今回の記事で取りあげるポイント
  1. インターネットからの購入に対応しているサービスは?
  2. どうやって利用するの?
  3. インターネットからの購入にはどんなメリットが?

宝くじのネット購入ってどこでできるの?

まず、インターネットからの宝くじの購入自体は昔からできましたが、具体的にどこで購入するのかが最初のポイントですよ。

その前に、軽く宝くじの種類について紹介しますが、これはどこで購入するかに影響してくるんですね。

宝くじの種類
  • 開封くじ
  • 数字選択式宝くじ
  • スクラッチ(被封くじ)

宝くじ売り場で気軽に購入できるスクラッチは「実際に削って当選を確認する」ってシステム上、インターネットからの購入はできないんですよ。

残るは開封くじと数字選択式宝くじですが、開封くじはジャンボ宝くじなどあらかじめ数字が印刷されているタイプの宝くじですね。

数字選択式宝くじはロト6やロト7、ナンバーズなどの数字を自分で選んで購入するタイプの宝くじです。

続いては本題のどこで購入するかですが、以下のサービスを利用することで宝くじを購入できますよ。

サービス名 対応している宝くじ
みずほ銀行の宝くじラッキーライン 全国自治宝くじ、数字選択式宝くじ(一部を除く)
一部のネットバンキング 数字選択式宝くじ(一部を除く)
宝くじ公式サイト ジャンボ宝くじ、数字選択式宝くじ(一部を除く)

まずはみずほ銀行の宝くじラッキーラインですが、こちらは開封くじのうち全国自治宝くじ、そしてビンゴ5を除く数字選択式宝くじに対応しています。

全国自治宝くじとは、全国で発売される開封くじのことで、ジャンボ宝くじも全国自治宝くじの一種ですね。

逆に、特定の地方でのみ発売されるブロックくじもありますが、こちらには対応していません(その地方で購入できるってのが特徴ですからね)

続いてはネットバンキングですが、宝くじの購入に対応しているのはその中の一部で、この記事を書いている時点では以下のような感じです。

宝くじを購入できるネットバンキング(2018年11月現在)
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行

メガバンクから店舗なしのネットバンキングまで様々ですが、これらのネットバンキングでは宝くじのうちビンゴ5を除く数字選択式宝くじを購入できますよ。

宝くじ売り場で販売されていないので今回の記事では見おくりますが、サッカーくじのtotoとかBIGを購入できるネットバンキングは他にもあります。

最後は宝くじ公式サイトで、2018年10月よりついにインターネットからの購入に対応しました。

購入可能なラインナップはジャンボ宝くじ、そしてビンゴ5を除いた数字選択式宝くじとみずほ銀行の宝くじラッキーラインに似ていますね。

ネットバンキングは数字選択式宝くじに限って購入できるので、ジャンボ宝くじなどの開封くじを購入する場合はみずほ銀行の宝くじラッキーライン、もしくは宝くじ公式サイトのどちらかを利用してください。

取りあつかう宝くじの種類はみずほ銀行と似ていますが、登録しやすいのは宝くじ公式サイトですね。

みずほ銀行の宝くじラッキーラインの場合、申込書に記入して窓口に提出、もしくは郵送する手続きがありますが、宝くじ公式サイトの場合はすぐに登録できますから(下の段落で取りあげますが、その先に1つ関門はあります)

宝くじをネットで買うためのやり方は?

そんなわけで、今回は宝くじ公式サイトでの購入方法についてくわしく解説しますが、まずは宝くじ公式サイトの「ネット購入」のページにアクセスしてくださいね。

ここから先の画像はあくまで記事を書いた2018年11月現在のものなので、将来的に変わるかもしれません。

さて、まずページの右側には以下の画像のように「ログイン」と「新規登録する」って項目がありますね。

こちらの「新規登録する」をクリックすると、以下のようにメールアドレスを登録する画面に到着します。

登録するメールアドレスを入力して、下の「会員規約に同意する」ってチェックボックスをクリックしてから、さらに下の「確認する」で次に進みましょう(ちゃんと会員規約はチェックしてくださいね)

入力したメールアドレスの方に宝くじ公式サイトからのメールが届くので、1時間以内にその中のリンクをクリックすると登録が続けられます。

スポンサーリンク

移動先には名前とパスワード、生年月日や住所などの個人情報、それにサイト上でのニックネームなどの入力ボックスがあるので、必須のところを全て入力して下の「確認する」から先に進めば登録は完了ですよ。

宝くじを購入できる状態にするための手続きがもう少しだけあり、続いてはクレジットカードと銀行口座の登録ですね。

ここが最大の難関ですが、宝くじ公式サイトではクレジットカードが必須で、以下のクレジットカード会社が発行したやつで登録できます。

宝くじ公式サイトで利用できるクレジットカード(2018年11月現在)
  • ユーシーカード株式会社
  • ライフカード株式会社
  • 株式会社クレディセゾン
  • イオンクレジットサービス株式会社
  • 株式会社ジェーシービー
  • 三菱UFJニコス株式会社
  • 株式会社オリエントコーポレーション
  • 株式会社エポスカード
  • トヨタファイナンス株式会社

個人情報の入力が終わったらクレジットカードの登録の画面に移動しますが、すぐの登録ではなくあとから改めて登録するのもありですよ。

ログイン後、マイページの設定に進み、その中のクレジットカード情報ってところから「クレジットカード情報のクリック」で登録の画面に戻ってこれますので。

以下の画面で、ハイフンなしのクレジットカード番号、そして有効期限を入力して赤い「本人認証へ」のボタンをクリックします。

ここで認証サービスの画面に切りかわりますので、パスワードを入力して認証するって形ですね。

以降も画像を使ってくわしく解説する予定だったのですが、VISAなので登録できませんでした。

……クレジットカードの登録さえ終われば、あとは銀行口座の登録だけだったんですけどね。

宝くじのネット販売ってメリットがあるの?

宝くじ公式サイトも、それ以外のみずほ銀行などのサービスあっても、簡単に宝くじを購入できるってのは何よりのメリットですよ。

そして、時間を問わないってのもポイントで、宝くじ売り場の営業時間が終わっていても関係なく購入できます。

もちろん、それぞれの宝くじには「購入は何日の何時まで」って締めきりはありますが、この締めきりの範囲内であれば昼間でも深夜でも関係なく購入可能ですから、営業時間内に宝くじ売り場を訪れるのが難しい場合に役立ってくれますよ。

今回は宝くじ公式サイトでの購入方法を紹介しましたが、上の段落で書いたように銀行口座の登録が必須なんです。

これは宝くじ公式サイトに限らず、みずほ銀行とか、他の宝くじを購入できるネットバンキングでも同じですが、当選した場合に自動で換金してくれるのは大きなメリットですね。

宝くじ当選後の記事でも書いたように、宝くじが当選した場合は宝くじ売り場、もしくはみずほ銀行の窓口まで当選くじを持っていって換金します。

この過程がちょっと面倒なのか、それとも仕事などが忙しいからかは何とも言えませんが、換金を忘れて権利を失うケースって多いんですよね。

ジャンボ宝くじでおなじみの当選金額300円で換金を忘れるのは……そんなに不思議なことではありませんし、私も何度もやらかしてます。

ところが、実際には1等などの高額当選でもこういう換金されないで期限を迎える宝くじって出るんですよね。

パソコンやスマホを使って気軽に宝くじを購入できるってのが分かりやすいメリットですが、換金を自動でやってくれるってのも何気に見のがせませんよ。

こちらの記事で書いたように、ナンバーズはすぐに抽選が行われる……というより、購入の20分後くらいにはもう抽選が始まっているなんて場合もあります。

しかし、ジャンボ宝くじを発売直後に購入した場合は、抽選まで1ヶ月くらいかかりますから、バタバタしてると意外と忘れちゃうんでしょうね。

そういう取りのがしのリスクを完全に消してくれる、これは宝くじをインターネットで購入する場合のメリットですよ。

デメリットは共同購入に対応していないってところですが、共同購入によるトラブルを避けられるとも言いかえられますし、そこまで大きなデメリットではないと思います。



他のデメリットは……宝くじ売り場ならではのワクワク感に欠けるとかそれくらいなので、ぜひインターネットからの宝くじ購入を始めてくださいね。


おすすめ記事

まとめ

どのサービスも「ものすごく簡単に宝くじが購入できる!」みたいな感じにはまだ遠いですけど、便利になりそうな予感はありますよ。

特に、宝くじ公式サイトはクレジットカードの問題さえ解決すればだいぶ使いやすそうですし、期待したいところです。

この記事のポイント
  • みずほ銀行や宝くじ公式サイトでは、開封くじや数字選択式宝くじのネット購入が可能。
  • 宝くじ公式サイトはクレジットカード、銀行口座の登録が必須。
  • いつでも購入できる、換金忘れがないなど宝くじのネット購入にはメリットが多くある。