ホワイトデーにお返しチョコ、本命や義理に対してどう使えば

この記事は約 8 分で読めますよ。

バレンタインデーにチョコレートをもらったら、次に待っているのはホワイトデーのお返しですね。

お返しに何を選ぶかはなかなか悩むところですけど、あえてチョコレートにチョコレートで返すってやり方もあります。

チョコレートをもらったお返しにチョコレートを選んでも大丈夫なのか、気になるところですよね。

今回の記事では以下の3つのポイントを中心に、ホワイトデーのお返しにチョコレートを選ぶ場合のあれこれについてくわしく取りあげます。

今回の記事で取りあげるポイント
  1. ホワイトデーのお返しがチョコレートで大丈夫?
  2. 本命のお返しチョコレートのおすすめは?
  3. 義理のお返しの場合はどういうのを選べば?

ホワイトデーにお返しチョコってどうなの?

バレンタインデーに贈るプレゼントはチョコレートだけではなくて、こちらのバレンタインデーの記事で書いたようにチョコレートが苦手な男性に対しては別のものを贈るって選択肢もあるんですよね。

今回の記事ではとりあえずバレンタインデーにチョコレートをもらったって前提で話を進めますが、プレゼントがチョコレート以外のものだったとしても大丈夫ですのでご安心を。

ホワイトデーの定番のお返しとしてはクッキー、マシュマロなどがあげられますが、それらと比べるとお返しチョコレートの勢力はやや弱めな感じですね。

それでも、ホワイトデーのお返しチョコレートなんて特集が組まれたりすることもありますから、有力候補の1つのなのは間違いないですよ。

最初に紹介した記事では「チョコレートが苦手な相手に無理にチョコレートを贈るのはリスクが大きい」みたいなことを書きましたけど、これはお返しチョコレートでも同じことです。

相手の女の子がチョコレート、もしくは甘いものがあんまり好きじゃない場合は、チョコレートではなくて他のものを贈るのがおすすめですよ。

お返しであっても、プレゼントは喜んでもらうためのものですので、扱いに困るようなものは避けるのがマナーだと個人的には思っています。

そんなわけで、女の子がチョコレートが好きそうな場合、まずは第一関門を突破って感じですね。

ホワイトデーのお返しに本命のチョコを渡す場合は?

ホワイトデーのお返しの候補は色々とありますので、その中からチョコレートを選ぶには理由が欲しいところです。

スポンサーリンク

プレゼントにはそれぞれ意味合いを持っているものも多いですが、ホワイトデーのお返しにも色々な意味合いがあり、代表的なのは以下のようなものですね。

お返しのお菓子 意味合い
クッキー お友達でいましょう
キャンディー 好き、つきあってください
マカロン あなたは特別

有名なマシュマロについては上に含めていませんけど、そのあたりの理由はこちらの記事でくわしく書きました。

女の子はこのあたりの意味合いを知っている可能性が高いですので、ここは使いわけのポイントですよ。

肝心のチョコレートが上には見あたりませんが、実はチョコレートのお返しには特に意味合いはないとされています。

そのため、色々なシチュエーションで使えるのですが、これといったインパクトを与えにくいって難点もあるんですよね。

キャンディーは意味合い的に「好きです!」みたいなど真ん中のストレートですから、それだけで2人が盛りあがるなんて場合もあるでしょうけど、チョコレートだとちょっと戸惑いが感じられるかもしれません。

だから、本命のお返しとして使う場合は、チョコレート選びにも力を入れたいところです。

戸惑いって悪いものではなく、うまくハマれば定番より上を行くことも十分にありえますので、気持ちを伝える場合はハート型くらいに思いきったチョコレートも有力候補ですよ。

さすがにハート型は恥ずかしい、そんな場合でも少し豪華で義理っぽい感じとは無縁のチョコレートを選びたいですね。

北海道のブランド、ルタオはチョコレートのスイーツも色々とありますので、ぜひラインナップを確認してほしいと思います。



ホワイトデーのお返しに義理チョコをどう選ぶ?

逆に、明確な意味がないってのを利用して、本命ではなく義理のお返しとしてチョコレートを使うって選択肢もありますよ。

義理としてチョコレートを贈る場合は、本命と間違われないように少しランクを落としたいですね。

上の段落でクッキーには「友達でいましょう」って意味合いがあると紹介しましたが、だからこそチョコクッキーは義理として最適です。

義理のお返しでは心を揺さぶるってよりも安定感の方がポイントですので、そういう意味でも定番のクッキーとあわせるのはおすすめですよ。

チョコレート単体だと、安定感よりも「え、どうしてホワイトデーにチョコレートなの?」って戸惑いが強いかもしれませんから。

チョコクッキーだとあんまり「本命です!」みたいな感じもありませんし、それでいて喜んでもらえるチョイスだと思います。

あとは、チョコレートをまぶしてあるドーナツってのもありで、こちらは本命感は抑えられつつ個性も出せますね。

たとえ義理であっても、お返しで好印象を与えるようにはしたいところですし、チョコドーナツも選択肢に入れてはどうでしょうか。

シンプルにチョコレート単体でお返しする場合は、小分けに包装されているタイプが義理っぽいですよ。

そこそこ大きなチョコレート1個ってのは本命感がやや強いので、食べやすさをポイントに選んでくださいね。

おすすめ記事

まとめ

バレンタインデーのお返しにチョコレート、これは意外性がそこそこあるので候補から外すのはもったいないと思います。

ちょっと扱いは難しいかなって印象ですけど、そこはチョコレートの選び方などでカバーできますから。

この記事のポイント
  • 甘いものが苦手そうな場合は、ホワイトデーのお返しにチョコレートは避けたい。
  • チョコレートに特別な意味はないので、本命の場合は気持ちを感じられるものにしたい。
  • チョコクッキーやチョコドーナツは義理のお返しに向いている。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする