お盆の渋滞を避けるための時間の意識と必須のアプリについて

この記事は約 6 分で読めますよ。

お盆休みに家族と一緒に帰省する、これは定番の過ごし方ですよね。
ただ、帰省で問題なのが高速道路の渋滞で、渋滞に巻き込まれると苦痛な時間を過ごす羽目になるかもしれません。

お盆の渋滞を避けるために一般道を使うのは

帰省の手段としては自動車がまず挙がりますが、帰省ラッシュを避けるのはなかなか難しいのです。
高速道路ではなく一般道を使った方がよいのではないか、渋滞に巻き込まれるとこのように思いますよね。

しかし、高速道路を下りて一般道を使っても、実際には目的地まで早く着くケースはほとんどありません。
どこで下りるか、下りた地域の一般道がどう走っているかにもよるので一概には言えませんが、大抵は高速道路の方が早いという結果に終わるのです。

やっぱり、同じようなことを考える人は多いので、一般道の方でも渋滞が発生するのが当たり前です。
そのエリアの裏道を知っているならまた話は別ですが、知らない土地だとどうしてもカーナビ頼りになるので、結局のところは渋滞に巻き込まれるわけですね。

渋滞に巻き込まれた場合でも高速道路なら時速20km程度で進みますが、一般道だと時速が5kmほどになるケースも珍しくはありません。
結局のところ、自然渋滞ではそのまま高速道路でじっくり待つのがよいと考えてよいでしょう。

それでも、渋滞では子供がいつグズり出してもおかしくはありませんし、どうするべきか悩むと思います。
渋滞に巻き込まれたら耐えるのが最適である以上、最もよいのは渋滞に巻き込まれないことですね。

しかし、自営業の人ならともかく、会社勤めの人の場合は休みをずらすのも難しいですし、帰りの日程を前倒ししても結局は渋滞に巻き込まれます。
下りの方はどうしようもないですが、上りは混雑のピークを避けて連休の最終日にずらすのも手ですね。

連休の最終日に長時間の運転をすれば疲れる、だから最終日の前に帰るのが一般的な考えです。
1日、家でゆっくり休んでから再び会社に行きたいと考える人が多いので、連休の最終日の方が空いているのです。

もちろん、最終日でも渋滞はありますし、翌日以降に疲れが残るリスクはありますが、渋滞を避ける上では有効ですよ。

渋滞を避けるなら予測を参考に時間を決める

混雑がピークに達する前、深夜の時間帯から出発して渋滞を避けるという方法もあるものの、こちらはかなりリスクがあります。
先程の一般道の話と似ていますが、やはり同じようなことを考える人はそれなりに多いのです。

スポンサーリンク

渋滞自体は昼間と比べればだいぶ解消されてはいるものの、お盆の時期ならそれなりに渋滞はあります。
また、深夜は眠気の問題もあり、さらに大型トラックが多いなど環境面でも変化があるので、運転で戸惑う人も多いですね。

何となく深夜は車が少なそう、と考えると意外とつまずきますので、渋滞についてしっかりと把握するのが何より重要です。
渋滞を避けて楽に運転するためには、いつどこで渋滞が起こるのかを知るところから始めましょう。

NEXCOのサイトや、アプリなどで渋滞予測を知れるので、この情報を元にして出発時間を決めます。
東京近郊に住んでいる人の場合、下りで渋滞するポイントは東名高速道路の大和トンネル付近、中央自動車道の相模湖インター付近といった感じに大体限られているので、そのポイントで渋滞が発生する前に通り抜けられるよう早めに出発するのが一番です。

予測はあくまで予測ですし、同様の考えで早めに出発している人もそれなりにいると考えられるので、余裕を持って渋滞発生のポイントを通過したいですね。
下りは夜に出発する人も多いので、夜だから空いているかと思ったら渋滞に巻き込まれるケースが割とあります。

スケジュール的に夜にしか出発できないならともかく、そうでないなら渋滞予測をしっかり確認してください。

渋滞を避けるためのスマートフォン用アプリも必須

上りも渋滞予測の確認は必須ですが、大抵の高速道路で午後から深夜まで渋滞が続きますから、巻き込まれると非常に大変です。
逆に、渋滞に巻き込まれなければ非常に快適に進めるので、出発するなら朝方の方がよいですね。

中央自動車道の宝塚トンネル付近など、上りで渋滞が発生しやすいポイントまでどれくらい時間がかかるかを計算して出発時間を決めるのが基本です。
朝に出発したのに結局は渋滞発生のポイントで巻き込まれる、これが最も困るパターンです。

夜間の高速道路の運転は勝手が違うかもしれませんが、朝一番で出発してもギリギリなようなら深夜に出発するのもありですよ。
実際には渋滞の予測が必ずしも当たるとは限らないので、カーナビやスマートフォンのアプリでリアルタイムで確認しながら進みたいですね。

今はナビの代わりになるスマートフォンのアプリも「NAVITIMEドライブサポーター」や「Yahoo!カーナビ」など複数あります。
スマートフォンの充電が切れると非常に困るので、充電器は忘れずに用意しておきたいですね。

おすすめ記事

まとめ

スケジュールによっては渋滞を避けられないかもしれませんが、重要なのは他の人がどう動くかを予想することです。
そのためには、渋滞予測を使って空いている時間帯を見つけるのがよいので、運転中も家族に情報を確認してもらいましょう。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする