新幹線の回数券は春休みにどうか、お得な買い方は他にもあるのか

この記事は約 9 分で読めますよ。

新幹線を利用する時に心強いのが、金券ショップで手に入る回数券ですよね。

自由席でもそれなりに値が張りますから、安く新幹線を利用するために金券ショップをのぞくなんてこともあると思います。

春休みはなかなか新幹線も混雑する時期ですが、この時期に回数券を利用できるかは気になるところですよね。

今回の記事では以下の3つのポイントを中心に、回数券を利用できるかなど新幹線をお得に利用する方法についてくわしく取りあげます。

今回の記事で取りあげるポイント
  1. 新幹線の回数券は春休みでも使える?
  2. 春休みでもお得に新幹線に乗れるやり方は?
  3. 新幹線の切符をお得に購入するには?

新幹線の回数券って春休みに使えるの?

金券ショップでは1枚、もしくは6枚セットで回数券が販売されている場合が多く、期限は購入から3ヶ月以内ですね。

この2つの情報は回数券を利用する上での重要ポイントで、どちらも春休みと大きく関わってきますが、まずは期限の方から解説します。

金券ショップの店頭では期限についても確認できますけど、回数券の期限で引っかかることはあまりありませんよ。

一般的にですが、金券ショップで販売されている回数券は期限まで2ヶ月くらい余裕があるのが普通なので、2月中旬に購入したとしても十分に間に合う計算です。

新幹線の回数券の期限はそう重要ではありませんが、回数券には使えなくなる時期があるんですね。

以下の3つの時期に関しては回数券は使えないので、回数券を購入すると大きく損してしまいます。

新幹線の回数券が使えない時期
  • ゴールデンウィーク
  • 夏休み
  • 年末年始

より正確に書くと、これらの期間のうち10日間が回数券の使えない時期なのですが、春休みはセーフです。

とにかく混雑する時期は「使用は勘弁しておくんなはれ」とJRが白旗を上げるのですが、春休みは上で書いた時期と比べると少し混雑具合が下なので、回数券は使えますよ。

そんなわけで、期限を確認して購入することで「回数券を使用できない!」なんて恐れはなくなるのですが、6枚セットは少し注意したいですね。

金券ショップでは定価よりほんの少しだけ割安で販売されている場合が多いですが、6枚セットの場合は使いきって始めて少しお得になるわけです。

3人で新幹線を利用する場合、行きと帰りでそれぞれ3枚ずつ利用すれば1)回数券で指定されている区間の場合、行きでも帰りでも使えます。ちょうど使いきれるので、こういう時には6枚セットって役立ってくれます。

逆に、春休みの期間で使いきるのが難しい場合、6枚セットで購入すると大きく損するのです。

一応、1枚でも回数券は販売されてはいますが、こちらはお得度はそれほど……というより、定価そのままの場合もありますからね。

6枚セットでも定価の場合はありますが、1枚での購入はあんまりお得ではないかなって印象なんです。

定価よりやや安めなものを購入して、それを期間内に使いきるってのがお得な回数券の使い方なので、意外と使いにくいと感じられるかもしれません。

春休みに新幹線をお得に利用するには?

他に新幹線をお得に利用する方法としては、インターネットを利用して購入するってのが有力候補ですね。

今回は「エクスプレス予約」を例にしますが、こちらは東海道山陽新幹線のチケットを割安で購入できるのが魅力です。

エクスプレス予約はJR東海とJR西日本によるサービスで、自分自身が利用する場合はチケットレスで改札を通れるのも便利なところですよ。

新幹線の種類、時期に関わらず常に割安で購入できる素晴らしいサービスですが、クレジットカード必須です。

しかも、クレジットカードの種類も指定されていて、JR東海エクスプレス・カードに入会するか、こちらのJR東海のページで記載されているクレジットカードを利用するかの2択なんですね。

年会費1,080円(2018年12月現在)もかかりますので、今回だけ安く購入したい場合にはちょっと使いづらいところです。

スポンサーリンク

春休み以外にも新幹線を利用する機会が多い場合は、年会費分くらい軽く元が取れますので、利用を検討してはどうでしょうか。

新幹線のお得な買い方って他にもあるの?

エクスプレス予約みたいなサービスは複数あるのですが、JR各社がそれぞれサービスを展開している関係でちょっと分かりづらいんですよね。

その中でお得に利用できるのは「e5489」で、北海道や東北地方を除く多くの特急列車が対象です。

エクスプレス予約とは違って基本は定価ですけど、お得な切符が販売されている場合がありますし、クレジットカードの種類を問わず利用できるのは魅力ですよ。

あとは、こちらのお盆の記事で書いたように株主優待券を利用してお得に購入するってやり方もあります。

JR東海などJRのうち4社の株主優待券を利用すれば、新幹線の切符を割引価格で購入できるんですよ。

株主優待券も金券ショップで販売されていますが、株主優待券の価格と割引のパーセンテージを見くらべてくださいね。

会社 割引率
JR東海 1割引き(最大2枚使用で2割引き)
JR東日本 2割引き
JR西日本 5割引き
JR九州 5割引き

元々の価格が高いほど割引の効果もありますので、自由席より指定席、グリーン席を利用する場合に押さえておきたいやり方ですよ。

株主優待券は5月31日が期限なので春休みでも使えますし、ゴールデンウィークでもOKです。

あらかじめ、お目当ての切符の価格と株主優待券の割引率を確認した上で金券ショップを訪れてくださいね。


おすすめ記事

まとめ

ゴールデンウィークや夏休みなどとは違って、新幹線の回数券は使えるのでそこは安心してOKですよ。

割安で新幹線を利用する方法はどれも一長一短ですが、ぜひこの記事で書いた方法を試してくださいね。

この記事のポイント
  • 新幹線の回数券は春休みに使えるが、使いきるのがポイント。
  • エクスプレス予約はお得に新幹線を利用できるが、支払いのハードルがやや高い。
  • JR各社の株主優待券で割安に購入する方法もある。

注釈   [ + ]

1. 回数券で指定されている区間の場合、行きでも帰りでも使えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする