サロンパスの顔への効果はあるのか、疲れ対策としてはどうか

この記事は約 9 分で読めますよ。

気軽に入手できて気軽に貼れる、これがサロンパスの魅力ですね。

サロンパスは肩や腰など痛みを感じられるところに貼るってのが基本的な使い方ですけど、思いもよらないところに貼る場合もあります。

顔にサロンパスを貼るなんてケースもあるのですが、顔にサロンパスを貼って大丈夫なのかは気になるところですよね。

今回の記事では以下の3つのポイントを中心に、顔にサロンパスを貼っても大丈夫か、どんな効果が見こめるのかなどをくわしく取りあげます。

今回の記事で取りあげるポイント
  1. サロンパスは顔に対して効果があるの?
  2. サロンパスをどう貼るのがおすすめ?
  3. デメリットってあるの?

サロンパスの顔への効果はあるの?

よく「小顔特集」みたいな見だしって見かけますけど、それくらい女の子にとって小顔は重要だってことですね。

サロンパスを顔に貼ると小顔効果があるなんて言われることがありますけど、これは気になるところだと思います。

小顔効果があるかどうかですけど、むくみとかコリとか原因によってはそれなりに期待できるってのが正確なところですね。

明らかに骨がしっかりとしていて、むくみとかコリが原因ではない場合は、さすがにサロンパスでは力不足です。

サロンパスで顔が小さくなるとすれば、世の中の美容整形クリニックが大打撃を受けちゃいますよ。

そんなわけで、サロンパスは骨格的なものにアプローチする力はありませんけど、むくみとかコリが原因の場合は効果が出る可能性は十分にあるんですね。

理屈としてはこちらの足裏のサロンパスの記事で書いたことと似ていますが、サロンパスは血行を促進させる効果が期待できます。

血流と健康や見た目は基本的に比例しますから、血流をいかによくするかってのは重要なポイントですね。

何らかの理由で血流がよくない場合、むくんでパンパンになるなんてケースも出てきますから、サロンパスと筋肉痛の記事で書いたように、血流にアプローチしてくれるサロンパスはむくみに対して効果が期待できるわけです。

サロンパスの効果がある貼り方は?

あとは、サロンパスには表情筋をほぐす効果も期待できて、こちらも血流の改善に伴うものですね。

肩こりなんかでもそうですが、痛みを感じるコリは姿勢などが原因で筋肉が固くなるから起こるわけです。

このコリは慢性化すると改善するのがなかなか難しいのですが、初期のうちは血流を改善することであっさり消える可能性も高いんですよ。

……肩こりとか腰痛は姿勢の影響が強いので、姿勢を正しくして原因を取りのぞくってのも重要なポイントですが。

表情筋は肩こりなどと比べればまだ対処しやすい方ですので、サロンパスでアプローチするのも手なんですね。

どうやって貼るかですけど、いくらサロンパスが体に優しい作りでも、やっぱり目とか鼻とか口とかそういう器官の近くに貼るのはNGです。

どれも危険ですけど、特に目の近くはダメなので、疲れ目に悩まされている場合もサロンパスは使わないようにしましょう。

顎のラインに沿うように、エラのところを覆うような感じでサロンパスを貼るのが基本ですね。

表情筋って食事の仕方で固くなる場合も多くて、噛みあわせとか強く噛んでしまうとかそういう理由で表情筋がこるケースもあります。

だからこそ、エラにサロンパスを貼って表情筋をほぐすだけで小顔効果が出たなんて実例もあるんですよね。

絶対に効果があるとかそういうことは言えませんけど、ちょっと顔がむくみ気味であったり、ストレスで顔がこわばることが多い場合は、サロンパスをエラ付近に貼ってみるってのもありですよ。

サロンパスの効果って疲れにも影響する?

サロンパスは疲れ対策としても効果が期待できるので、顔にお疲れの感じが出ている場合にも試してみたいところですね。

上の段落で書いたように場所によっては貼るのがNGなのですが、目とか口から離れているあたりの頬はギリギリOKなラインです。

スポンサーリンク

顎のラインに沿うにしろ頬にしろ、貼りにくい場合はカットして使う、サロンパスなどの比較記事で書いた伸縮性があるサロンシップを使うなんてやり方もあります。

さて、ここまではサロンパスの顔に対する効果を取りあげてきましたけど、問題もあるんですよね。

目などに近づけない以外でも難点はあって、それはこちらの記事で書いたような痛みに関する問題です。

そう、サロンパスは貼ってはがす時に痛みを感じる場合があって、これはなかなかつらいものですよ。

痛みの主な原因は毛で、女の子は男よりは毛を巻きこむ恐れは少ないですけど、それでも起こりうることはありますからね。

脱毛してツルツルの場合は安心ですが、ちょっと無駄毛の処理に手間がかかっていると……サロンパスをはがす時にビリってくるかもしれません。

あと、痛みについては長く貼るのを防ぐのもポイントで、長くても3時間くらいではがすと悪影響は出にくいんですよ。

あとは、こちらの記事で書いたようなサロンパスのかぶれも問題で、サロンパスの副作用の中ではかなり起こりやすい部類ですね。

眠る時にサロンパスを貼るってやり方もありますが、それでかぶれが起こらない場合はやっても大丈夫ですかね。

いきなりガッツリ貼るのではなく、カットして様子を見つつ長く貼っても大丈夫か確認したいところです。


おすすめ記事

まとめ

貼り方とか、痛みにかぶれとか注意したいポイントもありますけど、筋肉をほぐすって意味ではなかなか効果が期待できるんですよね。

お手軽に試せるってのが何よりの魅力なので、手に入れたサロンパスをカットして試してみてはどうでしょうか。

この記事のポイント
  • 骨格にはアプローチできないが、むくみ解消の効果は期待できる。
  • 顎に沿って、エラを覆うようにサロンパス貼りたい。
  • サロンパスにより痛みやかぶれが出る場合はある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする