七五三の神社は春でもOKか、前撮りは、千歳飴はどうすれば

この記事は約 8 分で読めますよ。

七五三は10月から11月くらいがシーズンで、この時期はすごくバタバタするものですよね。

シーズンの時期にバタバタするくらいなら、時期を思いっきりズラして春くらいにやっちゃっても大丈夫じゃないかって思っちゃうものです。

3月から5月くらいの春に、七五三をやるため神社に行っても大丈夫なのか、これは気になるところですよね。

今回の記事では以下の3つのポイントを中心に、春に行う七五三の祈祷や前撮りについてくわしく取りあげます。

今回の記事で取りあげるポイント
  1. 春の七五三参りってOKなの?
  2. 前撮りは春でも大丈夫?
  3. 春に千歳飴って用意できるの?

七五三の神社の祈祷は春でも受けられるの?

七五三参りは秋も深まる頃のイベントではありますし、一昔前だと春にやるなんて相当なレアケースでした。

ただ、最近は春に七五三のイベントを済ませるなんてケースも割と多くて、時期は明確に決まってはいないんですよね。

もちろん、現在も、これからも10月から11月にかけてがピークなのは変わらないと思いますが、シーズンが分散する傾向は続くはずです。

生活も本当に多様化していますから、秋以降に時間を取るのが難しいってことは十分にありえます。

時間が取りづらいどころか、海外転勤などで秋には日本にいないってことも珍しくはないわけで、こんな感じに秋の七五三が難しい場合を想定して時期を問わず七五三の祈祷を受けつけている神社もあるんですよ。

神社のホームページで「春でも大丈夫ですよ」って明記しているところはあまり見かけませんけど、たとえば広島県呉市の亀山神社のホームページでは以下のように書かれていますね。

当社では、毎日午前9時~午後4時30分まで、随時受付をしております。 本来七五三詣は11月15日と言われておりますが、現在当社では、 七五三詣りの受付時期は特に限定しておりません。

引用元:http://www.kameyama-jinja.com/menuokakusyu.htm

仮にそういう明記がなかったとしても、七五三の祈祷に対応してくれる可能性は十分にありますから、お目当ての神社がある場合は問いあわせしてはいかがでしょうか。

春だから神社の混雑も落ちついている……とはいきませんけど、七五三の祈祷に関してはだいぶ余裕を持って対応してもらえる場合が多いですよ。

七五三の祈祷で悩みやすいポイントとしては初穂料がありますが、こちらの記事で初穂料ののし袋についてくわしく書いたので、ぜひチェックしてくださいね。

七五三の前撮りは春でもOKなの?

祈祷のため神社に向かう、写真を撮影する、この2つはバラバラにやるってケースが増えています。

私が子供の頃はまとめてやっちゃうのが一般的でしたし、記憶はほとんど残っていませんけど私もそうしたはずです。

ただ、まとめてやっちゃうと親御さんもお子さんも負担が大きいですし、最近は個別にやるって感じなんですよね。

スポンサーリンク

前撮りで写真を撮影する場合のタイミングですが、春でもOKですけど、あんまりタイミングが早すぎるとちょっと困るんですよ。

大手の写真館を中心に七五三のキャンペーンが展開されるものですが、このキャンペーンは4月から始める場合が多く、3月だとちょっと早いわけですね。

キャンペーンが始まると混雑しやすいってのはデメリットですけど、秋と比べるとまだだいぶ押さえやすいですから。

このようなキャンペーンを気にせずに時期を問わずに写真撮影してもらうって手もあり、家族の都合にあわせてスケジュールを組めるのは魅力ですね。

あと、何らかの事情で4月からはあまり都合がよくない場合、キャンペーンとかそういうことは気にせずに3月までに写真撮影して、そのまま3月に神社で祈祷を受けるってのも選択肢としてはありですよ。

前撮りの注意点としては写真撮影の時期と祈祷の時期をあまりずらさないって点で、やっぱり本番の祈祷とある程度は時期をあわせたいところですね。

大きくずらすのは問題があるってわけではないのですが、子供はちょっとの時間で一気に雰囲気が変わることもありますし、1ヶ月もズレるとちょっと困るかもしれません。

今回は前撮りで記事を書いてきましたけど、神社での祈祷を先に済ませてから後撮りするってのも選択肢なので、スケジュールとか写真館が手がけるキャンペーンなどとも相談して最適な日程を決めてくださいね。



七五三の前撮りで千歳飴は用意されているの?

春のうちに神社での祈祷や写真撮影を終わらせる、こういう場合に困るのが千歳飴をどうするかです。

七五三には欠かせない存在と言っても過言ではありませんが、この千歳飴って七五三のシーズンである秋以外にはまず見かけないんですよね。

七五三の時期はスーパーなどでもよく見かけますけど、それ以外の時期だと実店舗で購入するのがかなり難しいんです。

こちらの記事では七五三の千歳飴についてくわしく取りあげましたが、秋は神社でくれる場合も多いですし、写真館でも用意されているのが普通ですね。

それに対して、春は千歳飴の入手が難しいので、神社や写真館で用意されているかはちょっと判断に困るところです。

だから、千歳飴についてあらかじめ神社や写真館に問いあわせておくとその後の行動がやりやすいですよ。

もし、千歳飴が用意されていない場合にどうするかですが、見かけないのはあくまで実店舗です。

インターネット通販では1年を通して千歳飴が購入できますから、自分で用意する場合は購入すればOKですよ。

千歳飴は用意されているものと思いこむとあとで困るかもしれませんので、春の場合はしっかりと確認するのがおすすめです。


おすすめ記事

まとめ

七五三は秋にやるものってイメージがありますけど、シーズンを問わずに祈祷や写真撮影は行えるんですね。

「秋じゃなきゃダメ!」みたいな理由も特に見あたらないので、七五三を春に持ってくるのも選択肢の1つです。

この記事のポイント
  • 時期を問わずに七五三の祈祷を受けられる神社もあり、春の七五三も選択肢に入る。
  • 写真館の七五三の前撮りキャンペーンは、4月から始まる場合が多い。
  • 春に千歳飴が用意されているか不透明なので、事前に問いあわせたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする