ホワイトデーのお返しで甘いもの苦手だと、お菓子以外や外食はありか

この記事は約 9 分で読めますよ。

義理チョコ、本命チョコをバレンタインデーにもらったら、次に待っているのはホワイトデーのお返しですよね。

お返しに何を選ぶかってのはかなり頭を悩まされる問題なのですが、チョコレートをくれた女の子が甘いものを苦手だとより困っちゃうものです。

甘いものが苦手な女の子にどんなお返しをするのがおすすめか、これは気になるところですよね。

今回の記事では以下の3つのポイントを中心に、甘いものが苦手でも食べられるお菓子などをくわしく取りあげます。

今回の記事で取りあげるポイント
  1. 甘いものが苦手な女性に贈れるお菓子は?
  2. お菓子以外だとお返しで何がおすすめ?
  3. 食事に誘うってのはどうなの?

ホワイトデーのお返しで甘いもの苦手な相手の場合は?

ホワイトデーのお返しの基本はお菓子なので、まずは甘いものが苦手でも食べやすいお菓子についてですね。

基本、洋菓子は甘めのものが多いので、甘いものが苦手な女性に対しては贈りづらいのですが、クッキーは候補に入れてもOKです。

シンプルなクッキーであっても甘さはひかえめですので、ホワイトデーのお返しとして有力候補ですよ。

こちらの記事では、ホワイトデーのお返しに使われるお菓子の意味について書きましたが、クッキーは「お友達でいましょう」って意味なんですよね。

そういう意味を考えると本命チョコのお返しには使いづらいですが、義理チョコのお返しとしては非常に優秀です。

オーソドックスなクッキーでもちょっと不安が残る場合、塩クッキーをお返しとして使ってはどうでしょうか。

石垣島の塩クッキー ザクザクで歯ごたえ抜群!ほんのり塩味がやみつきに 石垣島 沖縄 お土産 特産品 通販 お菓子

塩クッキーが砂糖なしとは限らないのですけど、普通のクッキーと比べると甘みは抑えられていますからね。

甘みが抑えられている和菓子をお返しするってのも選択肢の1つですけど、こちらはホワイトデーの雰囲気に合っているかってところがちょっと不安です。

「ホワイトデー」って字面からして和菓子とはあまり合っていない気もしますが、和菓子がありだとせんべいとかおかきとか、甘さひかえめなお菓子が色々とあるんですよね。

和洋折衷みたいな感じで、チーズおかきをお返しの候補に入れるってのも選択肢としてありですよ。

精華堂 チーズおかき(9枚入)

ちょっと扱いは難しいですけど、定番のお菓子にうんざりしている場合は新鮮に映るかもしれませんしね。

ホワイトデーのお返しでお菓子以外だと?

「ホワイトデーのお返しはお菓子に限る!」みたいなルールはないわけですし、お菓子を選ぶのが難しい場合は、お菓子を選択肢から外してしまうってのも手ですよ。

本命チョコとか、会社の同僚から義理チョコをもらったとかそういう場合には使えないですけど、ギフト券ってのが最もありがたく感じられるのではないでしょうか。

普通に選ぶと「もらったけどこれどうしよう……」みたいに女性側が困ることも起こりうるのですけど、好きに使えるギフト券はそういう困惑を避けられます。

本命チョコ、会社関係の義理チョコなどギフト券を贈るのが失礼にあたるなんてケースもありますので、そこは注意したいですけど、友人関係の場合はギフト券ってのは有力候補ですよ。

お店で使えるってタイプのギフト券だけじゃなく、Amazonギフト券や「Apple Storeギフトカード」や「Google Play ギフトカード」なんてのもおすすめです。

スポンサーリンク

あとはハンドクリームなど化粧品ってのも有力なのですが、個人的には割と贈りづらいかなと思っています。

渡し方にもよりますけど、ハンドクリームだったら女性側が「手とかガサガサやから使いや」と言われているみたいに受けとるかもしれませんしね。

このあたりは前振りがある場合に使いたい贈り物で、化粧品がどうのこうのって話をしたことがある場合はハンドクリームなどもありだと思います。

普段からそういう話を直接的に聞いていない場合は、個人的には違うものを贈る方をおすすめしておきますね。

お中元や御歳暮ではお茶がギフトの定番ですが、長持ちするお茶は贈り物として最適なんですよ。

そういう和を好む相手の場合はお茶……緑茶やほうじ茶なんて選択肢もありますが、ホワイトデーらしさを考えるとおすすめなのは紅茶ですね。

紅茶は価格もお手頃で雰囲気もあり、さらに長持ちするのでもらう側にとっても負担になりませんから。

あまりにもベタに感じる場合はハーブティー、さらに攻めてみる場合はバラ茶なんてのもありかもしれませんね。

バラの花束を贈るのは(恋人とか奥さん相手でも)それなりに勇気が求められますけど、バラ茶の場合はそこそこ贈りやすく、それでいて印象に残りやすいですから。

ホワイトデーのお返しが外食ってどうなの?

本命チョコの場合にどうするかですが、その本命チョコに応える場合はデートの形で食事に誘うのをおすすめしたいところです。

女性側から告白があった、こっちから告白する、そもそも告白は先送りにするなど色々なパターンが考えられますけど、いずれにしても食事に誘うのは有効ですよ。

この方法だと甘いものが好きかどうかはあまり関係ありませんので、ホワイトデーにお互い時間が空いている場合は食事に誘いたいところですね。

いわゆるクリスマスデートみたいにガッツリとしたデートではなく、カフェでのランチとかそういう軽めのものでOKです。

個人的にはおごるのもおごられるのも納得しづらいものがあるのですが、プレゼントのお返しって名目がある場合はごちそうしてあげるのも有力候補ですよ。

こちらの記事では、付きあう前にホワイトデーのデートに誘うのはどうかってことを書きましたので、あわせてチェックしてくださいね。

どこに食事に行くかは2人の関係性にもよりますが、店内の雰囲気がよくて食事やコーヒーも美味しいカフェあたりがおすすめですよ。

ディナーの場合は、ベタですけどイタリア料理店みたいに気軽に誘えるところが候補にあがります。


おすすめ記事

まとめ

相手の好みを知った上で最適なプレゼントを選ぶ、これはホワイトデーに限らず重要なことですね。

甘いものが苦手だと最初から分かっている場合、今回の記事を参考にお返しを選んでほしいと思います。

この記事のポイント
  • 定番のクッキーに和菓子のせんべいやおかきなどは、甘いものが苦手でも贈れる品。
  • ギフトカード、ハンドクリーム、紅茶などはお菓子以外の有力な選択肢。
  • 本命チョコに応える場合、食事に誘うのも有効。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする