新幹線の混雑で春休みの予想は、朝の時間帯を狙うのはありか

この記事は約 8 分で読めますよ。

旅行や帰省など、長距離の移動で候補としてあがる乗り物が新幹線ですが、人気があるからこそ混雑するんですよね。

お盆のギュウギュウ詰めは毎年のようにニュースに取りあげられるくらいですが、春休みもかなり混雑します。

春休みに新幹線を利用する場合、車両がどのくらい混雑するのかは気になるところですよね。

今回の記事では以下の3つのポイントを中心に、春休みの新幹線の混雑具合や席を確保するためのテクニックについてくわしく取りあげます。

今回の記事で取りあげるポイント
  1. 春休みの新幹線の混雑はどんな感じ?
  2. 特に混雑しやすい日はある?
  3. 朝は新幹線も空いているんじゃないの?

新幹線の混雑って春休みもひどいの?

春休みの新幹線が混雑するかしないか、この答えは「まず間違いなく混雑する」ですけど、お盆の頃と比べるとだいぶましって感じですね。

乗車率200%みたいに、ゴールデンウィークやお盆休み、年末年始はすごい数字が出ますけど、春休みはそこまでギュウギュウ詰めにはなりません。

それでも、JR東日本のページの繁忙期に「3月21日~4月5日」があるように、春休みは繁忙期の1つなので席を確保するのはそれなりに大変な時期ですね。

座ってゆったりと新幹線の旅を楽しみたい場合、指定席やグリーン席を予約するのがベストですよ。

グリーン席はちょっとどころではなく値が張りますけど、指定席と自由席の差はそんなになくて、繁忙期でも1,000円とちょっとくらい1)指定席は新幹線の種類、時期によって料金が変化します。です。

自由席だと座れるかどうか分からない、これは春休みでよくある光景ですから、確実に座るために少しお金を出すってのはそう悪いことではないと思います。

私も、繁忙期の時は基本的に指定席を予約するようにしていますし、予約をぜひ検討してくださいね。

「春休みに新幹線が混雑するのに、そんな簡単に予約できるの?」って疑問に感じられるかもしれませんけど、まず大丈夫です。

こちらのお盆の新幹線の記事でも書きましたけど、1年で最も混雑するお盆の時期でも意外と予約はできるんですよね。

さすがにラッシュのピークの日に関しては、発売日から予約に動いても少し厳しいかもしれませんが、ピークから少しズレると意外と予約可能な場合が多いんですよ。

だから、春休みでも指定席、グリーン席の予約はかなり期待が持てますし、直前であっても予約できるなんてこともあるくらいです。

新幹線の混雑予想ってどんな感じ?

春休みは全体的な混雑がましな反面、ゴールデンウィークとか夏休みなどと比べると混雑のピークは読みにくく、混雑していない日を予測するのはかなり難しいんですよね。

まず気をつけたいのは当然ですけど土曜日や日曜日、それに金曜日ので、やっぱり平日と比べると混雑しやすい傾向があります。

社会人に春休みなんてものはまずないですし、ゴールデンウィークや夏休み、年末年始と比べると出張などで新幹線を利用する社会人の皆さんをよく見かけるんですね。

スポンサーリンク

そのため、春休みに限らず金曜日の夜からは週末の混雑が始まりますので、なるべく平日の方に移動したいところです。

週末にかけて移動する場合は、上の段落で書いたように指定席を確保してゆったりと過ごす方が精神的に楽ですよ。

金曜日の夜に関しては出張していたサラリーマンの皆さんが帰ってくるタイミングってこともあるので、やや指定席が取りづらい傾向はあります。

特に、東海道新幹線ののぞみはなかなかの激戦区なので、あえてこだまを狙うってのも有効ですよ。

こだまは便数が少ない、停車駅が多くて目的地まで最も時間がかかるなどの難点はありますけど、人気は今ひとつですから。

のぞみのようにスピードがある車両は妙に疲れるって難点もあって、指定席で座っていても「疲れが取れないどころか余計に疲れる……」みたいな感覚が出てくることも多いんですよね。

それでも、のんびりと帰るなんて選択肢はなかなか使われませんから、曜日に関わらずこだまの利用は検討しておきたいところです。

こだまについてはこちらの記事でメリットとデメリットをくわしく書いたので、ぜひあわせてチェックしてくださいね。

新幹線の混雑って朝はまだましじゃないの?

朝から行動するのは非常に大変ですけど、だからこそ朝の新幹線が狙い目……とは限らないんですよ。

朝の新幹線を狙うってのはなかなか有効な選択ですけど、朝の便を狙う場合は自由席が基本ですね。

普通は自由席の方が混雑するもの……なのですが、最近はインターネットでお得に予約できるサービスが増えてきたせいか、指定席の方が混雑するなんてケースもよく起こるんです。

こういう逆転現象が起こりやすいのが朝で、特に始発駅やその次の駅くらいで乗れる場合は自由席を積極的に狙いたいところですね。

自由席はどの便に乗ると決まってはいないので、すでにホームに行列ができている場合はわざと1つ後の便を狙うって手も使えますし。

昼間に関しては状況にもよるのでどちらが混雑しているかは予測しにくく、指定席を狙うってのも有効です。

午前中と午後を比べると午後の方が混雑しやすいですから、私が春休みに新幹線を利用する場合、午前中は自由席を、午後は指定席を狙う感じでいくかなと思います。

おすすめ記事

まとめ

春休みの混雑はなかなかのものですけど、まだ現実的な混雑に収まっているという印象ですね。

自由席と指定席の判断はかなり難しいところですけど、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

この記事のポイント
  • 春休みの混雑具合はなかなかだが、ギュウギュウ詰めにはならない程度。
  • 春休み中、金曜日の夜から日曜日にかけては混雑が予想される。
  • 朝は特にだが、午前中は自由席を狙うくらいでもOK

注釈   [ + ]

1. 指定席は新幹線の種類、時期によって料金が変化します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする