一人暮らしに掃除機はいらないのか、選び方や代わりの道具は

この記事は約 8 分で読めますよ。

一人暮らしの部屋は汚くなりやすい、そんな傾向があるのではないかなと個人的には思います。

そういう汚い状態を回避するために掃除機があるわけですが、本当に掃除機を用意するのがおすすめなのかは迷うところではないでしょうか。

一人暮らしの部屋に掃除機は欠かせないアイテムなのか、これは気になるところですよね。

今回の記事では以下の3つのポイントを中心に、一人暮らしの部屋を掃除するためのやり方についてくわしく取りあげます。

今回の記事で取りあげるポイント
  1. 掃除機は一人暮らしの部屋に欠かせないものなの?
  2. 掃除機を買う場合はどれがおすすめ?
  3. 掃除機を買わない場合の代わりとして使えるものは?

一人暮らしに掃除機っていらないんじゃ?

まずは、一人暮らしの部屋に掃除機は欠かせないのかってところですけど、初めての一人暮らしの記事では掃除機を必須の家電に入れました。

個人的には用意しておくのをおすすめしますが、条件によっては掃除機なしってのもありなのかなと思います。

その条件とは、こまめに掃除ができるかどうかで、普段から片づけをしっかりとしている場合は掃除機なしでもそう問題はないはずです。

……私は残念ながら片づけをしっかりとできないタイプで、特に一人暮らしを始めた直後は相当にひどい状態でしたね。

面倒に感じることは避けてしまうタイプだったので、いつの間にかどんどん部屋が汚くなるという悪循環です。

当時は掃除機を持っていなかったのですが、これはシンプルにお金がなかったので後回しにしていただけですね。

コロコロだけで何とか乗りきる予定だったのですけど、それすら面倒に感じてゴミ屋敷へとネコまっしぐら状態でした。

私はズボラな性格のせいであれでしたけど、一人暮らしで借りる部屋ってワンルームが多いですから、コロコロなどで乗りきれるんですよね。

さらに言うと、掃除機ってどうしても場所を取りますので、使っている時以外は邪魔に感じるものです。

だから、普段からこまめに片づけたり掃除をする習慣がある場合は、掃除機以外でも十分だと思います。

ただし、私ほどではなくても疲れているなどの理由で部屋の掃除を後回しにしがちな傾向がある場合は、掃除機で一気にキレイにするってのが有効ですよ。

コロコロはちょっとした汚れを対処するには最適なんですけど、汚れが溜まってくるとパワー不足ですから。

あと、普段から掃除を心がけていても、場所によっては掃除機なしだとつらい場合がありますね。

カーペットやラグはコロコロだけではダメだとされていますけど、コロコロが活躍するのはゴミが目に見えているような状態のところです。

しかし、カーペットやラグだと構造上、ゴミが奥の方に入りこんでいる場合が多いので、コロコロだけでは汚れは落ちないとされているわけですね。

ワンルームにカーペットやラグがある場合は、掃除の習慣のあるなしに関わらず掃除機は用意しておきたいところです。

一人暮らしの掃除機の選び方は?

今回は掃除機を用意しておきたいって前提で話を進めていきますが、どんな掃除機を選ぶのかは悩みますよね。

スポンサーリンク

掃除機はゴミの吸いとり方によって大きく以下の2つに分けられ、どちらも一長一短があるって感じです。

吸いとり方による掃除機の分類
  • 紙パック式
  • サイクロン式

紙パック式は昔ながらの掃除機で、紙パックのフィルターにゴミだけが溜まる仕組みですね。

サイクロン式もゴミだけを分離させる点は同じですが、ダストカップにゴミが溜まるってのが大きな違いです。

紙パック式の掃除機は紙パックの交換が必須ですけど、サイクロン式はそういう手間もなくお手軽ですね。

一般的には紙パック式の方が扱いやすいみたいに言われることが多いですが、個人的にはどちらでもOKだと思っています。

昔はサイクロン式の掃除機はややパワーを弱く感じられるみたいなことがありましたけど、今はそんなに大きな差はないですので、ここは好みでOKですね。

紙パック式の消耗品費にかかる費用のことを考えると、サイクロン式の掃除機も有力候補にあがりますよ。

問題はどんな形かって点で、一般的なキャニスタータイプの他にスティックタイプ、ハンディタイプなど色々な種類があります。

ロボットタイプの掃除機は一人暮らししている時に用意するのはなかなか難しいので無視するとして、おすすめなのはスティックタイプですね。

スティックタイプはキャニスタータイプと比べて小型で置きやすいこと、お手頃なものも多いって点が魅力ですよ。

ハンディタイプは取りまわしのよさに特化していますけど、意外と掃除がうまくできないって感じることがあるんですよね。

一人暮らしの掃除機の代わりとして使えるものは?

お金の問題とかスペースの問題とかで、部屋に掃除機を置きたくない場合にどうするかですが、コロコロだけでもある程度は対処できますよ。

最初の段落で書いたようにカーペットやラグは厳しいですけど、普通のゴミに関してはコロコロで大半は処理できます(あまりに掃除をサボらない限り)

そして、これは意外に感じられるかもしれませんけど、一人暮らしにホウキって選択肢もあるんですよね。

学校の掃除は……今でもホウキではないかと思うのですが、私が通っていた小学校や中学校のホウキって何か今ひとつでした。

ところが、最近は安くて使いやすいホウキも手に入りますので、掃除機じゃなくてホウキとコロコロのあわせ技ってのは有効な選択肢なんですよね。

ホウキ(+ちりとり)は購入してしまえば基本的に買いかえなくてもOKですし、コスト面でも割安ですよ。

カーペットやラグだとホウキでもやや厳しいかもしれません1)カーペットやラグでもOKなホウキもあります。が、一人暮らしで掃除する場合の多くてホウキは活躍してくれますよ。

おすすめ記事

まとめ

個人的には掃除機を用意するのをおすすめしますが、こまめな掃除を心がければ大半の汚れは対処できます。

掃除機の価格や大きさ、そして部屋の広さと相談しつつ最適なアイテムを選んでくださいね。

この記事のポイント
  • こまめな性格、カーペットやラグがないなどの条件がそろえば掃除機なしでもOK。
  • 一人暮らしに向いているのは、コンパクトで扱いやすいスティックタイプの掃除機。
  • ほうきとコロコロで掃除をするやり方もある。


注釈   [ + ]

1. カーペットやラグでもOKなホウキもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする