ホワイトデーのお返しで高校生の義理だと、値段は、手作りはOKか

この記事は約 9 分で読めますよ。

バレンタインデーにチョコレートをもらったら、次はホワイトデーのお返しですよね。

お返しに何を選ぶか、これはどの年代であっても迷うものですけど、高校生だとお金の問題などで特に苦労するものです。

高校生がバレンタインデーにチョコレートをもらった場合、どういうお返しをするのがおすすめかは気になるところですよね。

今回の記事では以下の3つのポイントを中心に、高校生向けなホワイトデーのお返しについてくわしく取りあげます。

今回の記事で取りあげるポイント
  1. 高校生は義理チョコのお返しに何を選ぶのがおすすめ?
  2. お返しの相場ってどれくらい?
  3. 手作りのお返しってどうなの?

ホワイトデーのお返しで高校生は義理に何を贈れば?

予算とか相場については下の段落で改めて取りあげますが、基本的に義理のお返しはお菓子を選びたいところですね。

ホワイトデーに甘いものが苦手な女の子に何をお返しするかの記事では、お菓子以外のお返しについてもくわしく書きましたが、お菓子以外は本命の女の子にあげるプレゼント向きかなって印象です。

お菓子以外だと定番なのが化粧品であったり香水であったり、あとはパスケースなどのちょっとした小物なんかもよく使われますけど、選ぶのが難しい割に喜ばれにくいんですよね。

女の子からすれば「え、お返しがこれ?」って感じになりやすく、あんまろおすすめはしません。

かなり仲良しな女の子にお菓子以外でお返しをする場合は、最初から「何が欲しい?」って聞いちゃうのがおすすめですね。

シンプルにお菓子でお返しするのがベストで、女の子がお菓子が苦手っぽい場合は何が欲しいか聞いてみてはどうでしょうか。

お菓子だとまず候補にあがるのはクッキーで、ホワイトデーのチョコレートの記事でも書いたようにクッキーには「お友達でいましょう」って意味がありますからね。

改めて、ホワイトデーのお返しの意味について以下にまとめてみましたが、義理向けの意味って意外と少ないんですよ。

お返しのお菓子 意味合い
クッキー お友達でいましょう
キャンディー 好き、つきあってください
マカロン あなたは特別

本命みたいな意味合いがあるキャンディー、それにマカロンは義理チョコのお返しには使いづらいところです(その子のことが好きな場合はありですけど)

あとはマシュマロも、一般的には「あなたが嫌い」なんて意味合いがあると認識されているので使いづらいですしね。

マシュマロの意味についてはこちらの記事でもくわしく書きましたが、実際には「あなたが嫌い」なんて意味はないんですよ。

ただ、すでにマシュマロの間違った意味はだいぶ知られていますので、そういう意味では避けた方が無難ですね。

スポンサーリンク

クッキーか、特に意味がないチョコレートが義理のお返しとしてベストで、まずはこれらを押さえておきたいところです。

ホワイトデーのお返しの値段って高校生だとどれくらい?

続いては予算とか相場についての話で、ここはホワイトデーのお返しで重要なポイントですね。

3倍返し……なんて言葉が今でも使われているのかはちょっと分かりませんが、昔はもらったものの3倍くらいの価格でお返しするものみたいなイメージがあったんですよ。

高校生に限った話ではないですけど、お返しで価格の差があまりにもあるのはよくないですし、もらったものよりほんのちょっとだけ高めを意識すればOKです。

実際にはもらったチョコレートで判断するわけですけど、高校生だったらお返しの金額は頑張って1,000円くらい、最大でも1,500円以内って感じですね。

むしろ、義理チョコのお返しとして1,000円は高いくらいで、チョコレートの感じでは500円以下でも大丈夫ですよ。

高校生の時から義理チョコのお返しが2,000円とか3,000円ってのは現実的ではないですし、高くても1,000円以内に抑えたいところです。

コンビニとかスーパーで見かけるようなスナック菓子をもらった場合は、同じようにスナック菓子で大丈夫ですし、少し高めっぽくてもお返しは1,000円以内に抑える、これくらいでOKですね。

ばらまく……って言い方はあれですけど、まとめて作ったと思われる手作りチョコをもらった場合はちょっと難しいところです。

基準が分からない以上は判断に困るのですが、そこまで高級なチョコレートを使っているとは考えにくいですし、500円から700円くらいが無難ですよ。

ホワイトデーのお返しに高校生が手作りして大丈夫?

そんなわけで、1,000円以内のお菓子をお返しに選ぶことをおすすめしたわけですけど、手作りのお返しについても書いておきます。

手作りをするのはバレンタインデーの女の子だけみたいなイメージがありますが、もちろん私たち男性側が手作りでお返しをしてもOKです。

……ただ、手作りのお返しは女の子が嫌がる可能性はそれなりにあるんじゃないかなとは思いますね。

こちらの記事で、ホワイトデーの手作りのお返しについてはくわしく書いたので、ぜひチェックしてください。

お菓子作りが趣味だって場合でも、やっぱり女の子からすれば「本当に大丈夫かな?」って感じるものです。

だから、そういう趣味があると思われていない場合は、普通にお菓子を購入してお返しするのがおすすめですよ。

このあたりは、手作りしても違和感のない女の子の方が有利なところで、私たち男性側はちょっと肩身が狭いんんですね。

彼女へのプレゼントの場合は手作りも選択肢に含まれますけど、義理の場合は手作りではなく市販のものを選んではどうでしょうか。

おすすめ記事

まとめ

義理のお返しはお菓子を選ぶのがおすすめで、高校生の場合は価格も安めで大丈夫ですよ。

大人になったら安めでは通用しないことも出てきますけど、今のうちは軽めを意識してくださいね。

この記事のポイント
  • 義理チョコのお返しの場合は、お菓子のうちクッキーやチョコレートを選びたい。
  • お返しは高くても1,000円くらいまで、そんなにお金をかけなくてOK。
  • 手作りのお菓子ではなく市販のお菓子を選びたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする