ダイエットにおやつはダメなのか、代用品は、何カロリーまでOKか

この記事は約 9 分で読めますよ。

ダイエットに欠かせないのが食事制限で、何を食べるか、あるいは何を食べないかは非常に重要なポイントですね。

おやつをついつい食べてしまって体重が増えてしまった、こんなケースも多いと思われますが、おやつの扱いも非常に重要です。

ダイエットをしている時、おやつに手を出すのはダメなのか、これは非常に気になるところですよね。

今回の記事では以下の3つのポイントを中心に、ダイエット中のおやつについてくわしく取りあげます。

今回の記事で取りあげるポイント
  1. ダイエット中におやつを食べてもOK?
  2. おやつの代わりに何を食べるのがおすすめ?
  3. おやつのカロリーはどれくらいに抑えれば?

ダイエット中におやつはダメなの?

ダイエット中にはおやつを食べても大丈夫なのか、それともダメなのかから見ていきますが、そりゃ理想はダメの方ですね。

さつまいもの記事で書いたように、太る原因としてはカロリーだけじゃなく血糖値の要因もあげられますけど、ダイエットの基本はカロリーを減らすことですから。

さらに言うと、せんべいなど塩っ辛いものを除けばお菓子は基本的に甘くてカロリーが高め、さらに血糖値も上がりやすいので(せんべいも元は炭水化物なので糖質はかなりある方ですが)

だからお菓子を断ってダイエットを成功させるのが理想なんですけど、これが現実的かとたずねられたら……答えに困ります。

ダイエット中は慣れないことをしているわけですからストレスを感じやすく、ストレスを解消するために反動で食べすぎてしまう、これは定番の失敗パターンです。

こちらの記事でも書きましたが、運動なしで食事制限だけでダイエットを始めると、余計にリバウンドしやすいんですよね。

食事制限ダイエットで結果は出てきつつあるけど、イライラでおやつをドカ食いする、これが最も避けたいパターンなんですよ。

だから、まずはおやつを完全に断ってしまうのではなく、週に1日か2日だけはおやつを食べてOKな日を作ることをおすすめします。

私も20kg以上のダイエットに成功しましたが、やり方はウォーキングとおやつ絶ちでしたね。

おやつは週に1回だけと決めて、それ以外の日はとにかくおやつを食べないようにするって感じです。

私は冬でもスーパーカップなどのアイスクリームを食べたい方なので、週に1回だけアイスクリームを食べていました(もちろん1カップだけです)

ご褒美……とはまた違うかもしれませんが、週に1回か2回くらいは好きなものを食べてもOKな日を作って、慣らしてみるのはどうでしょうか。

あんまりきつい食事制限をやっても、いずれ挫折してしまう可能性が高い以上、定期的におやつを食べるのは効果的なやり方です。

ダイエット向きなおやつの代用品って?

ダイエット中のおやつとして適切なものはあるかですが、個人的な意見を言わせてもらうと、よっぽどカロリーが高いものでなければOKだと思っています。

さすがに、バターたっぷりでチョコレートもたっぷりなチョコレートケーキを1ホールごととかは厳しいですけど。

ただ、そうでなければ大抵のものはOKだと思っていて、私がよく食べていたスーパーカップのチョコクッキーは300kcalくらいありますからね。

理想はカロリーとか糖質がひかえめなものですけど、好みのものが食べられないってストレスは後々にまで影響してきますから、基本は好きなお菓子でOKですよ。

スポンサーリンク

なるべくカロリーや糖質を減らしたいって場合は、まずゼロカロリーのゼリーを選びたいところですね。

ゼロカロリーの食べ物、飲み物って厳密に「カロリーはゼロ!」ってわけではなく、切りすてても大丈夫なレベルのカロリーはあるのですが、誤差レベルなので気にしなくて大丈夫です。

そういうゼロカロリーのお菓子以外だと、おからクッキーとか豆乳クッキーとか健康的なクッキーもおすすめですね。

あと、これはお菓子……とはちょっと異なりますけど、朝食として市販のシリアル食品を選ぶってのも候補なんですよね。

シリアル食品についてはこちらの記事で書きましたが、スーパーなどでよく見かけるシリアル食品はお菓子に近いんですよ。

だから、健康になるためにシリアル食品を選ぶってのはあんまりおすすめしませんけど、お菓子の代用品としてはなかなかのものです。

あえて、パンとかごはんではなくシリアル食品でお菓子のような感覚を味わう。これはぜひ試してほしいところですね。

手に入りにくいですが、本格的なオーガニックのシリアル食品もあって、こちらの方がよりおすすめではあります。

私も食べていたことがありますが、オーガニックのシリアル食品でもフルーツ入りのものは十分に甘みを感じられますよ(成城石井にはオーガニックのシリアル食品が売られているはずです)

ダイエットのおやつは何カロリーまでOK?

上の段落で書いたように、よっぽどの大物でない限り(週に1回2回程度の)おやつのカロリーは無視してもOKですが、理想は400kcalくらいですかね。

このあたりは基礎代謝にもよりますが、400kcalを越えるとなかなか消費するのは大変ですから。

この数字はあくまで、週に1回か2回だけおやつを食べるって前提なので、毎日のようにおやつを食べる場合は300kcalでもちょっと厳しいと思います。

400kcalはなかなか重たい数字ですけど、週に1回や2回だったら何とか挽回できる数字ですから。

あとは、おやつ以外の食事で調整するってのもありで、こちらの記事で書いたような白米を減らすやり方も有効ですよ。

毎日でなくても、1日置きくらいでおかずのみを食べるって日を作るだけでもだいぶ効果が期待できますから(私は週4~5日くらい白米を食べていません)

あとは、食事制限だけでなく運動で筋肉を活発にさせるってのも重要で、特に中性脂肪はちょっとウォーキングするだけでもだいぶ落ちます。

皮下脂肪はなかなか落ちず、私の場合は20kg以上も体重を落としたのにまだお腹周りの脂肪はたっぷり残っていますから。

内臓脂肪の方がスムーズに落ちたのは事実ですが、パンツのサイズも一気に変わってしまい苦労したなんてオチもありますけどね……。


おすすめ記事

まとめ

おやつを減らすのはダイエットとして効果的で、特におやつをついつい食べてしまうってケースほど効果が期待できますよ。

……その分、おやつをやめるのはかなりつらいですが、だからこそ週1、週2くらいの楽しみも欠かせないんですよね。

この記事のポイント
  • 理想はおやつを食べないことだが、現実的には週に1~2回のおやつは残しておきたい。
  • ゼロカロリーのゼリーやおからクッキー、それに朝食のシリアル食品はおすすめ。
  • 週に1回か2回のおやつの場合、400kcal以内であれば大丈夫。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする