お花見デートでは何する、場所や時間のプランはどのようにすれば

この記事は約 8 分で読めますよ。

春のお花見の季節にお花見デートをする、これは風情も雰囲気もあって2人の関係を進められそうですよね。

お花見デートの難点をあげるとすれば、どういう感じでデートをするのか今ひとつ分かりにくいって点ではないでしょうか。

具体的にお花見デートではどういうことをするのか、どう楽しむのかは気になるところですよね。

今回の記事では以下の3つのポイントを中心に、お花見デートの楽しみ方や場所の選び方などをくわしく取りあげます。

今回の記事で取りあげるポイント
  1. お花見デートって何をするものなの?
  2. お花見デートの場所選びのポイントは?
  3. お花見デートは何時くらいに集合すれば?

お花見デートでは何するものなの?

会社とかサークルのお花見を想像するとデートって感じはしませんけど、お花見デートってのは桜が関係していればOKみたいな感じですよ。

だから「君たちが思うお花見デートこそが真のお花見デートなのだ、ご愛読ありがとうございました!」で終わっちゃう話なのですが、もう少しくわしく具体例を出していきましょう(放りなげたらブラウザバック間違いなしなので)

桜が関係していればOKなのですが、定番のお花見デートとして以下の2つをあげておきますね。

定番のお花見デート
  • ピクニックデート
  • 夜桜デート

まずはピクニックデートで、こちらは昼間からレジャーシートを使って桜を見物するって感じです。

手作りのお弁当を自作する、もしくはパートナーに作ってもらうみたいにすると雰囲気が出るかなと思います。

続いては、こちらのお花見デートの記事でもくわしく書いた夜桜見物のデートで、こちらは雰囲気的にはクリスマスのイルミネーションデートみたいな感じですね。

キレイな夜桜を楽しんで仲を深めていくタイプで、そこがデートスポットだとより雰囲気が盛りあがるはずです。

スポンサーリンク

基本はこの2つで、桜を楽しみつつ会話で相手との距離を縮めていけばOKですが、オプション的なものを加えるとよりおすすめですね。

大きな公園だとお花見の季節には屋台が出るものですので、花火大会みたいな感じでこの屋台を楽しむのもありですよ。

お弁当を用意している場合はあんまり食べられないかもしれませんが、射的などの2人で楽しめるゲームもあるはずですから。

屋台が出ていることが分かっている場合は、お弁当ではなくて屋台の焼きそばなどを楽しむのも手ですよ。

夜桜見物ならともかく、昼間からお花見デートをしていると、どうしても桜に飽きてくることもあるはずです。

そういう意味ではリフレッシュを兼ねて体を動かすのもおすすめで、公園の空いているスペースでバドミントンを楽しむなんて定番ですね。

定番以外だとパークゴルフを2人で楽しむなんて方法もあり、これは気軽に楽しめるゴルフみたいなものです。

パークゴルフ場は公園や河川敷など自然の環境を活用して作られているので、桜があるところも多いと思いますから。

道具を借りられるかどうかはあらかじめ確認しておきたいところですけど、お花見デートついでにパークゴルフを楽しむのもありですね。

普通のゴルフと違って距離が短く、パワーよりもテクニックが重要ですから、性別に関係なく勝負も盛りあがりますよ。

お花見デート向けの場所って?

お花見デートに向いている場所ですが、夜桜見物の場合は定番のデートスポットであることが重要ですね。

もちろん、シンプルに夜桜がキレイってだけでも十分に効果は期待できますけど、カップルが多いとより雰囲気は盛りあがりますから。

その分、あまりにも定番のスポットだと混雑しやすいってのはデメリットですけど、夜桜のスポットは基本どこも混雑しますからね。

まずはライトアップされている夜桜をピックアップして、その中からアクセス性などを考えて場所を決めたいところです。

ピクニックデートに近い形の場合は選択肢が多いのでちょっと困るところですが、こちらは定番よりも穴場スポット狙いでいきたいですかね。

カップルが多い場合は混雑も雰囲気作りに役立ってくれますけど、カップル以外の家族連れとか会社関係のお花見が多いと混雑のデメリットの方が目立ちますし。

屋台に関しては大きな公園だと出ている可能性が高いので、広めかつ穴場なところを見つけたいですね。

お花見デートの時間はいつから?

時間については、夜桜だとライトアップが行われる時間帯にあわせてって感じで大丈夫です。

お互いに時間がある場合は、普通に他の場所でデートしてから移動してもOKですが、仕事帰りに夜桜を見にいくみたいなデートも有力候補ですね。

昼間のお花見については判断が難しく、これといった正解はないのですが、14時くらいにはすでにお花見を楽しめる状態にしておきたいところです。

お花見の時期はまだまだ寒い日も多いので、気温が最も高くなる時間帯にあわせるのがおすすめですね。

あと、お弁当を用意していく場合も、13時から14時くらいには落ちついて食事を楽しめるようにしたいところです。

屋台で何かを食べる場合は時間はそこまで重要ではありませんけど、12時から14時くらいを基準にしたいですね。

上の段落でかいたパークゴルフなど、他に楽しむものがある場合はそちらに時間をあわせるなどして、プランに応じて集合時間を決めてほしいと思います。

おすすめ記事

まとめ

お花見デートは「これを押さえればOK!」みたいなものがないので、どうプランを立てるかがポイントです。

何をするか迷った状態でお花見に行くと失敗しやすいので、いくつか候補を決めておくのがおすすめですよ。

この記事のポイント
  • ピクニックデート、夜桜デートに屋台やスポーツなどを加えて楽しみたい。
  • イルミネーションありの定番夜桜スポット、そこそこ大きく穴場的な公園を選びたい。
  • 夜桜はイルミネーションにあわせて、昼間からの場合は13時前後には現地につくように。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする